スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記は分けてもコメントはふえない1

2010年05月25日 23:09

さて、本を読みました。

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)世界は分けてもわからない (講談社現代新書)
(2009/07/17)
福岡 伸一

商品詳細を見る


内容を分けてもわからないのですが、
大きく二つにわかれているような感じです。

前半は、生命とかそういうものは、分けていったからといってわからないという話で、
後半は、生命活動を追っていった研究者のドキュメンタリー的な話。

この人の本は何冊か読んだのですが、
かなり新しい視点を手に入れることができるので、非常に刺激的です。

あとは、文章がうまく、引き込まれることが多かったのですが、
それを自覚しているのかな、というような文章でした。
今まではすこし遠慮があって、それがなくなってきた、というような感じ。

まぁなんにせよ、おもしろかったということです。


この本では、断片化することによって得るものと失うもの、
そういうところに着目しています。

そういうわけで、私も日記を分けてみることにしましょう。
得るものがあるのかどうか。
とりあえずは、みなさんの更新履歴にちょっとした印象を残せるかなと。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1268-0a540fae
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。