スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OH

2010年05月13日 23:48

妻の携帯は人のものでなんとかしようとしながら、
私の携帯はリニューアルオープンしました。

とはいえ、携帯を新しくしたわけではなく、
外装交換+電池を新品に交換しました。
オーバーホールというやつですね。
公私ともにオーバーホールしました。
すっきりー


さて、会社では毎日人の所感を聞いているわけですが、
今日は後輩の所感でした。
長谷川等伯展にいきましたよ的な話でした。
興味がなかったと言っているのに、
背景とかをちゃんと覚えているあたりすごいなと思います。

感想を言っていたときに、ふと自分のことを思ったのですが、
私はあまり作風の変化とその人の人生を重ねるってあんまりしてないなと。

必ずしも全員そうとは思っていませんが、
芸術家の人てすこし変わってる人が多いですしね。
どちらかと言うとできたものそのものを見て、
自分の好みにあうかどうか的な見方をすることが多いような。

あとは、基本的には単調に成長するというイメージが強く、
晩年の作品を重視する傾向があったような。

同じものを見ても、やっぱり感想が違っていて、
そういうのを聞くのはとてもええことな気がします。


他人(しかも専門家でない人)の感想を聞く機会てあんまりなかったので、新鮮でした。

最近あんまりそういうところに脳みそを使ってないですね。
携帯やらと違って、脳みそそのものを変えることはできないですが、
その中身はたまにはがらっと変えたりしたいものですな。

ちょっとそういう機会を増やしていきたいですなー。


とりあえずは、5月後半から、京都国立近代美術館で、
ローマ追想というテーマで展示があるようなので、それいってみましょかね。
ローマ時代ではなく、19世紀の観光地としてのローマのチラシとかが集まるそうです。
ローマとか、ポスターとかそういうの好きですしね。
近代美術館の企画というところも鉄板な雰囲気。
楽しみです。

そういうところから、幅広くやっていこうかなという感じ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1262-db9ef542
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。