スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやきシンイチロー

2010年05月05日 19:09

妻が友人に勧められて、遠藤周作を読み始めました。
以前に私が勧めたときは、婉曲な感じやったのですが…。

まぁ、ややキリスト教的な要素の強いものが多いし、
バックグラウンドが違うと興味を持ちにくかったのでしょうな。
遠藤周作は結構広い意味での、という感じで、
そういうところが私は共感できるので、まずはそれを勧めなあかんということですね。

なので、そういうのが強くでてる『深い河』を勧めてくれた友人はさすがと思いました。


さて、私の方も本を読みました。

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)
(2009/09/30)
林 成之

商品詳細を見る


こちらも、会社の先輩が所感で勧めていた本。
簡単に読めますよ、ということで、ちょろっと読んでみました。

やってはいけない7つの習慣ですが、
   1.興味がない、と物事を避ける
   2.グチを言う
   3.言われたことをコツコツやる
   4.効率しか考えない
   5.いやいや勉強する
   6.スポーツや絵などの趣味がない
   7.人をほめない
ということだそうです。

結論だけ見ると、
何事も明るく笑顔で前向きに自主的に楽しく取り組みなさい、ということ。

言うは易く行うは難しなのですが、
そういうところを脳科学から、メカニズム的に説明しているので、
やってみようかなと思える内容でした。

まぁ、楽しんで自分のためやと思えてできることが一番よいですね。
逆に、いかにそういう状態にもっていけるか、というところが、
自分の能力の発揮しどころなのかもしれません。

結論のところにあまり合致はしてないのですが、
各論のところではわりとあてはまることが多かったように思います。
わりと脳にいい生活をしていた?


考えを整理するためにも、アイデアをだすためにも、
受け入れられる、などの脳の本能を満たすためにも、
コミュニケーション、人と話をすることの重要性が説かれていました。

そういうのの一環として、ブログもよいそうです。

確かに、整理のためにもなっていますし、
理解の確認にもなっています。
(ちゃんと理解してないと、スムーズに文章がかけなくなる)

あまりネガティブなことを書きすぎてもあれなんで、
(日々の仕事とかに対するものはおいといて、)
本とかに関してはほめるように努めてますし。


ただ、コミュニケーションとしてはちょっと…。
基本はあんまりコメントないですしね。双方向になってないですな。

ちまたではツイッタ―なるものがはやっていますが、
あれはもうちょいコメント的なものあるのでしょうか。
はじめてみようかしら。

あんなに文章を短く書ける気がしないですが。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1256-653881a3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。