スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャッジメント

2010年04月21日 21:41

もう10年どころか15年ぐらいしてますが、
相変わらずバスケの審判が苦手です。

いつも適当に吹いてるし、
微妙なときは吹けない場合が多いです。

プレーヤーとしては、逆にいつも審判にきれてますが、
それも実際のところどうかよくわからんしなのかもしれません。


そういう私だからなのでしょうか、
最近の首相には共感するところがたまにあります。

一度ぶれてしまったために、
あとはぶれたらあかん、ぶれたらあかん、となっているような。
そうやって、内容よりも、言い切ることを重視してしまったため、
より迷走するはめになり、またぶれを批判され…
という正帰還がかかってしまっているように見えます。

審判のときもいっしょで、吹けへん吹けへん、となってくると、
逆に焦って、吹いたらあかんところで吹いてしまいますしね。


ええ審判というのは、
この人には刃向かっても意味がないと思わせて、
かつ公正やと思わせることのできる人ですな。

最初にあたりまえのように吹かれると、
結構したがってしまうところありますしね。


悪い審判というのは、
なんかほんまに見えてるのかわからない安定感のなさと、
だんだんとどちらか一方に偏ったように感じる人です。


どちらにせよ、プレイヤーは熱くなってしまっているので、
渦中の人で言ってることが全て正しい人はいないのでしょう。

さて、どうなることやらという感じです。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1248-d592742e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。