スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の耳に

2010年01月31日 23:57

私の思考パターンは、あまりビジネスむきではないようです。


いきなりネガティブ発言、というわけでもなくて、
単にタイプがそういうものかなと。
話しながら整理する傾向が強く、
ええ話もするとは思いますが、
それが最初から整理された状態であるわけではないと。
結婚式のスピーチも、見直す機会があったのですが、
えらい長くしゃべってるなー、と。

なので、どちらかというとじっくり話したことのある人から、
比較的いい印象を持ってもらっているような気がします。
初の人にはだいたい暗いとかおとなしいと思われていますしねぇ。


そういうわけで、簡潔にものを伝える能力、
というのを身につけたいと、常々いっていきたわけですが。

その勉強のためになっているのかわかりませんが、
今回本を読んだ中で、何か伝わったというページにドッグイヤーをしてみました。
私に対して伝える効果のあった言葉を履歴にしておくことで、
逆に誰かに伝えるときの参考になるのではないかと。


というわけで、『世界で~』で印象に残ったところを記録に残しておこうと思います。

…ということは、ここまでが前置き。
全然簡潔にものを伝えられていませんな!


気を取り直して。
文章の細かいところは微妙に変わったりもしてます。

「美しい実験とは、深いこと、効率的であること、決定的であること」

 さっきのでも書いてあったように、美しさについて分かりやすく書いてありました。
 ビジネスでは、とりあえず、なくても「~の理由は3つあります」ということが大事らしいです。


「科学者は現象をみる」

 科学とは、仮説をたててそれを検証して、また仮説をたててそれを検証して、
 というプロセスの繰り返しと思われがちですが、
 実際は起こったことに対して素直になんでやろと思って調べていくことも
 非常に重要やということで。そうそう、そうやねん、という気持ちになりました。


「アナロジーをつかうことは、新たな発見をするということだ」

 ××が○○に似ている、というところから思考が始まることは多いわけで。
 似ているから全てが同じではないけども、
 きっかけとしてのアナロジーはめちゃくちゃ大事ですねという話。
 その通りやと思います。背景知識は重要ですね。勉強しよ。


「Aさんの理論はBさんの理論よりもよほど変ですよね。
 なぜAさんは物理学者とよばれBさんは変わり者とよばれるのでしょうか?」
「それはBさんが自分の理論を信じているからだよ」
 
 アメリカンジョーク的な感じですが、内容は非常に大事と思います。
 自分の考えを客観的に見れるようにならんといかんということですかね。
 まぁ、逆に信念的なものを持っている部分があることも大事と思いますが。


「ラザフォードと同じころ、大勢の人間が同じことをやっていた。
 だが、歴史に名を残したものは他に一人もいない。なぜだかわかるかい?
 それはラザフォードが、ほんのちょっと大胆で、ほんのちょっと手先が器用だったからさ」

 誰でも同じ条件でやれば同じ結果が出るということが科学の大前提ですが、
 実際は装置を精度よく使いこなすというのはめちゃくちゃ難しいと。
 名器が芸術を生み出すわけではない一方で、芸術には名器が必要なのと同様、
 装置が発見を生み出すわけではないですが、発見には装置が必要と。
 そして、装置で何ができるかできないか、何をするか、
 そういうことは名器を奏でるのと同じようなものなのではないですかということです。
 もっと装置に対して愛着もっていかんといかんなーと思いました。



やはり長い。
道は険し、です。

でも、未知は楽し、ですな。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1208-890e1a23
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。