スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短編化

2009年12月02日 21:40


さて、本を読みました。

黒猫・黄金虫 (少年少女世界文学館 13)黒猫・黄金虫 (少年少女世界文学館 13)
(1987/12)
エドガー・アラン・ポー

商品詳細を見る


最近は短編で、外人の本を読むことが増えました。
弟の影響と、昔興味が持てなかったのが変わっているかもしれないという期待と、
短い時間でいろいろなことを考えるきっかけと、文章力の強化のためです。

短編を読むことで感じることは、
初めの数行でも、入り込む場合は入り込むということです。
その逆もまたしかり。

短い量で、盛り上がることも含め伝えたいことを伝えようとすると、
相当文章を練らないといけないように思います。
逆に、そうやって伝えることは、長い文章よりもかすむことなく伝わるような。

中堅(!)社員研修というもので、自分のやっていることを
過不足なく伝えなければなりませんが、なかなか難しいものです。
ただ、こういうことを通じて、文章力を鍛えていこうと思います。

mixiも言いたいことを明確に、簡潔に。
今まで数年間実現していませんが、目指してはいこうと思います。





内容の感想忘れた!

狂気、孤独、死、など何というか暗いテーマが多かったですが、
なぜかそれほどしっとりとする感じでもありません。
なんでなんでしょうかね。
文章とかそういうところに興味を持ちながら読んだからでしょうか。

小さいころに読むような本なのかもしれませんが、
今読んだところ、その当時に感じたであろう感想とは違う感想なんやろな、
と感じました。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1177-080562cc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。