FC2ブログ

ソ連

2009年08月11日 23:57

中耳炎もだいぶましになってきました。
とりあえず、家電について考えるのは大変楽しいです。
道を踏み外さんようにしないといけませんな。
ぜいたくは敵です。


ぜいたくは敵ということで、
こんな展示会に行ってきました。

workImage374kinoApp.jpg

『無声時代ソビエト映画ポスター展』

いつもの京都国立近代美術館のやつです。
向かいではルーブル展もやってましたが、
結構混んでいたので、とりあえずやめときました。
また余裕があればいきます。

ソ連、もはや懐かしい響きです。
存在してた時間の半分ぐらいは戦争やらなんやらの時代なわけで。
そういう中での娯楽としての映画なのですかね。
そのポスター展。

4Fの半分ぐらいしか展示がなかったので、総量は非常に少なかったです。
でも、以前にあったドイツ・ポスター展とは全然テイストが違いますな。
時期も違うので当然と言えば当然とは思いますが。

暗い、とは少し違うように思います。
重い、て感じ?
濃い、て感じでしょうか。

まぁ単純に人間の顔が全面にある作品が多いということはありますが、
物事をすごく真剣にとらえて、苦しむ時も悩む時も、笑う時も真剣というか、
そんな雰囲気がありました。


なんや最近の世界は歪んでしまっているとか、そういう話をよく聞きます。
確かに、異常やと思う部分は多々あるわけですが。
でも、なんと恵まれているのだろうとも思います。
こんな若輩者でも、ぜいたく家電を買えているわけですからね。

こういう状態になることを目指して、昔の人たちはがんばってくれたわけです。
そのときは、そのときのだめな部分を改善して、将来はよくしようと思ってたわけで。
今だめな部分は当然あって、その将来をよくしようと思うのは、我々の役目ですな。


最近は厭世的になることが多々ありますが、
力強く生きなあかんなと考えさせられる結果になりました。

ま、とりあえず、家電は買います。
今日は、iPodが最近高くなったなと厭世的になりました。
力強く生きなくては。


スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1128-f8bc48f5
    この記事へのトラックバック