スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し足すと

2009年07月01日 22:07

昼過ぎからは雨が降っており、
帰り道では、二日続けて人身事故に見舞われた。
じめじめとした空気の中で、
遅れてきた電車は多くの乗客で占められている。
母が車を使うことになったため、
バスケに行くのも断念せざるをえないようだ。


そういうわけで、行ってきました。
伊勢丹へ。

マーガレットハウエルのバーゲンを物色し、
ミヒャエル・ゾーヴァ展へ行き、
デパ地下で晩ご飯を買って帰りました。


ミヒャエル・ゾーヴァ展について、少し。

1.jpg

2.jpg

ドイツの人です。

緑の党、という政党で、その初期にポスターを描いていたり、
絵本の挿絵を描いていたり、
「アメリ」の部屋の絵やスタンドライトのデザインをした人だそうです。

ビラを見てみるとわかるように、何かが少し不思議です。
なぜ豚?


よくわからないところに豚がいたりウサギがいたり変な人がいたり、
一見普通の風景画のようなのに、どことなくユーモアがあります。
私はぷよぷよしたものが好きなのですが、
ぷよぷよしたものが多く描かれています。
ぷよぷよ。

見ていて思わず微笑んでしまうような、
そういう絵が非常に多かったように思います。
アーティスティックであるのにこういうユーモアがあるのは新鮮でした。


その絵のすべてが変というわけではありません。
その中のごく一部が変で、ユーモアがあることで、
全体が、すごく不思議でユーモアのあるものになっていました。


そういうわけで、
じめじめとしているし、いまいち気分がすっきりしない日々が続きますが、
少しのユーモアを加えることで、全体を、変えていきたいなと思います。

ぷよぷよ。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1106-7395c7e8
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。