スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の○○○

2009年06月20日 12:35

梅雨ですね。
はい、梅雨です。

恒温槽の液面が湿度の変化のために上昇してきています。
汗をかく量がはんぱなく増えました。
じめっとします。

ただ、夜はまだ少しましです。
クーラーなしでもいけますし、
風がふけばなかなかに心地よい。

そういう感じで、昨日はアジアンを自然な温度で食べて、
ビールを飲んできました。
びっくりするほど快適でした。寝そうでした。

夜のアジア料理、なかなかいいものです。
リゾート感あります。


さて、本を読みました。

夜の物理学夜の物理学
(2005/03)
竹内 薫

商品詳細を見る


夜の、という接頭語は、どこかエロスな感じがします。
夜の街、夜のバスケットボール、夜の結晶成長、夜の・ジョバーナ、などなど。
特に卑猥でもないですか。

まぁ、夜の物理学です。

とはいえ、特に夜には関連していません。
大きく3つにわかれていて、
宇宙物理学の説明、異端視される学説の説明、学者たちの人となり、です。

ナイト・サイエンスという言葉があるそうですが、
結果だけをみると、研究というものは非常に論理的に進められていますし、
結果も一意にしか解釈できないような感じがします。

ただ、実際はそういうことはなくて、
どろどろした部分もあるし、失敗から偶然発見することも多々あるし、
定説と思われていたことがあっさりくつがえりもします。
そういう話を、学者の人となりなども踏まえつつ、ちょっとした紹介的に進めていくというか。
まぁ、天才は紙一重ですからね。
そういうことを知るだけでも結構おもしろいと思いました。


宇宙物理学は、この数年でめちゃくちゃ変わってきているそうです。
なんか、測定法で画期的に進歩しているのだとか。
それまでは、数式とか理論的な方での話が多かったそうですが、
それを実験データと照合することができつつあるのだそうな。

そういうわけで、ここ数年で宇宙に関する常識は大きく変わっているそうです。
我々が学校で学んできたことなどは、もしかしたら大ウソの可能性もあるようです。


絶えずアップデートしていくことが大事なのですなー。
最近は必要に迫られてしか勉強しないので、
体系的に何かを勉強していきたいものやなと思います。

夜の勉強会でもしますかね。
ビールを飲みそうですけどね。
有機発酵材料によるドーピング効果の検証とでもいっておきましょうか。

被験者募集中です。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1098-fd14df04
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。