スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e電子

2009年04月30日 12:20

休みになりましたねー。
とりあえず、今日はのんびりしています。

研究室時代の資料などを整理していたら、
今勉強していることを既に勉強した跡を見つけました。
忘れています。


さて、本を読みました。
最近更新が滞ってしまってましたな。

日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))
(1997/05)
堺屋 太一

商品詳細を見る

下巻です。
時代は下って、江戸以降。

上巻は、どちらかというと、歴史のターニングポイントのような人間です。
その時歴史が動いた、というやつです。
一方、下巻は、なんというか、もっと私自信に浸みこんでしまっているような。
遺伝子レベルというと嘘ですが、自分の思考やそういうところに直接影響しているような。


最近は自己実現とか、自分のやりたいことが大事とか、
そういうことを言われているように思います。
まぁ、それは間違いではないと思いますが。

ただ、その自分の考え、というものが、
どれだけ自由なのかということには、それほど気にされていないような。
ほんとうにそれが自発的に生まれてきた感情なのかどうかは、
それほど気にされていないような。

努力は大切とか、贅沢はあんまり褒められたものではないとか、
なんとなくあたりまえのように思っていますが、
それは果たしてあたりまえなのかどうか。

そういう価値観レベルのことを生み出したのはこの人なのでは?
という人が多く紹介されていたように思います。


電子とか、ミクロのレベルでも同じような感じです。

電子は、境界条件などによって全くとりうるエネルギーが異なってしまいます。
逆に、何物にも束縛されていない状態の電子は、とりうるエネルギーは連続です。

私たちも、周りに束縛されるものが多すぎて、
とりうる値があまりにも離散的になっているのかもしれません。


まぁ、何にも束縛されない状態がベストとは思いませんしね。
境界条件をうまくつかうことで、よりよい状態になると思っています。

ただ、あまりに束縛が強い状態はどうかなというのと、
束縛されていることを自覚していないのもどうかなと思った次第です。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1070-4ec4350a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。