スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜだろうなぜかしら

2009年04月07日 23:39

私の職場は、悪気はないですが、
心ない一言てのは横行しているようですね。
いちいち気にするのもあほらしくなってきました。


さて、本を読みました。

わたしのハムスターを化石で残すには? アマチュア・サイエンティストに贈る驚くべき実験の数々わたしのハムスターを化石で残すには? アマチュア・サイエンティストに贈る驚くべき実験の数々
(2008/09/19)
ミック オヘア

商品詳細を見る

なんかの雑誌で連載されている、
日々の生活にあらわれる現象を、
ちゃんと科学的に説明してみようという本。

我々の生活には、なぜだろうなぜかしらがたくさんあるのに、
それをそういうものやとして無視してしまうことがたくさんあります。

逆に仕事では、なぜだろうなぜかしらがあると、
当初の予定の仕事ができないから、とりあえず見なかったことにしたりします。
(今日の所感で言ってはった気がしますね)


なぜだろうなぜかしら、
この感情が、私を科学とかそういう類のものに向ける、
最大の力になっていたはずです。

一つ一つの実験たち、いろいろ面白いです。
コーラにメントスをいれると爆発的に反応するとか、
コーヒークリームがめちゃくちゃ流動的になるとか、
ケチャップをびんからうまくとりだす方法考えるとか、
いろいろありました。


なぜだろうなぜかしら、
最近はそういうことに対する欲が少し減っているように思います。
何か新しい知識とか、今ある知識の深堀とか、
そういうものに対する欲が減っているような。

もったいないですね。
それこそ、なぜだろうという感じです。


私が、この仕事を選択したのは、
給料などの待遇よりも、なぜだろうなぜかしらを満足させるためなはず。
それなのに、それをせず、
覇気もなくやっていくのは、めちゃもったいないはず。

そういうわけで、変に腐ったりせず、
あるいは、無駄にやる気をそぐような一言とかは無視して、
なぜだろうなぜかしらをもう少し追い求めてみようと思います。

がんばらんといけませんなー。


ただ、この本のよいところは、ユーモアがあるところです。
アメリカンジョーク的な。
なので、一つ一つのことを楽しんでいます。
あるべき姿です。

がんばらんとな、ではなく、
おもしろいし、気がついたら夢中で何かしてたわ、
という感じになりたいものですねー。

寝ます。



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1057-93d0221a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。