スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんという本だろう、この本は。驚異的にシンプルで、かつ、内容が明快きわまりない。それでいて、これをすれば全てが解決するというような安い自己啓発本のような雰囲気は全くないのだから。

2009年04月01日 23:18


アイデアのつくり方アイデアのつくり方
(1988/03)
ジェームス W.ヤング今井 茂雄

商品詳細を見る


掲題の通りです。


学ぶべきものは、1に原理、2に方法。

◆原理
   ・アイデアは、既存の要素の、新しい組み合わせ
   ・事物の関連性を見抜くことで、新しい組み合わせが生まれる

◆方法
   ①資料集め
   ②資料の咀嚼
   ③放棄
   ④インスピレーション
   ⑤インスピレーションの吟味

①、②、⑤は意識的に、
③、④は無意識的に。
(③は意識して放棄するのではあるけれども)


最近悩まされていたことなので、非常に納得して読みました。
まさにそのとおりと思いました。
読みながら、車中なのに、何度もうなずいてしまっていました。

私は④しか見ていなかったし、求めていなかったですね。
①、②、⑤という努力できる部分をもっとしていこうと思います。


30分ぐらいで読めます。
(感動)/(読んだ時間)という指標ではトップクラスと思います。

非常にいい本だと思います。
ぜひ。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1050-38c73099
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。