スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たよう

2009年02月28日 10:10

たよう。
 - 最近ふとったようだ。
 - 最近ネガティブになったようだ。
 - 昨日は酔ったようだ。
 - ついに、つれどうしの結婚式の日がかぶるという事態になったようだ。

などというように、たようという言葉は多用されているようです。
嘘です。嘘ではないのか。


多様性の話です。

日経サイエンス 2009年 04月号 [雑誌]日経サイエンス 2009年 04月号 [雑誌]
(2009/02/25)
不明

商品詳細を見る


ダーウィン誕生150年ということで、今月の日経サイエンスは進化論特集。

まぁ、非常に大事な話ですね。
環境への対応というか、そういうところですな。

強いものが生き残るのではなく、
多数派が生き残るのでもなく、
適応したものが生き残るというわけです。

よく言われていることになりますが、
現状も、そういう著しい環境の変化なわけです。

そういうわけで、これからは、何かができるということも大事ですが、
いかにそういう環境の急激な変化に対応できるかということが、
今までよりも重要になってくるのでしょうなー。

私もあまり言い訳ばかりしているわけにはいかないので、
なんとか、環境にはやく対応していきたいものやと思います。
引き出しももうちょい多くしていかねばなりませんな。
幅広い知識と広げるための好奇心と積極性、
これからもっと大事にしていかねばなりません。


進化の話ですが、いろいろ面白い話もありました。

ひとつは病気について。

われわれは決して進化のゴールにいるわけではなく、
一通過点としての存在であるとされているわけです。
今までも、ゴールにむかってのものではない進化であったわけです。
いきあたありばったりというか。

そういうわけで、身体には今までのなごりがあるそうです。
たとえば血管は拡張を繰り返してきたビルの配管とかのイメージだそうです。
あと、しゃっくりは両生類時代のなごりなのだそうな。

そういうものを、幸か不幸か、進化の過程で得ていったそうです。
死さえも、進化の過程で得たものなのだそうな。

結局、環境に対応するため=多様性を得るために、
そういうプロセスを選択してしまったのですな。


まぁ、発散してしまいましたが、
進化における環境への適応と、
我々における環境への適応には、
ちがうことがあるわけで。

それは、ゴールがあるかないか。

目の前の環境に、ただ対応していくだけではいけないのですな。
我々は、先を見通すという能力を得てしまっていますし、
そういうものをせっかくなので、ちゃんとつかって、
環境に対応していきたいものやなと思った次第です。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1032-e071194a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。