スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へいい

2009年01月29日 23:00

わが社もレッドへと修正してましたね。
きっとそうやろとは思っていましたが。
来期、私の収入は大丈夫なのでしょうか。

さて、本を読みました。

人間にとって経済とは何か (PHP新書)人間にとって経済とは何か (PHP新書)
(2002/06)
飯田 経夫

商品詳細を見る

会社のお茶室から持って帰ってきた(合法)シリーズです。
経済本はここからもらっていることが多いような。

私は子供であまちゃんなので、どうも経済に関するイメージが幼いです。
あんまり知ろうともしてないし。だからしろうとと言われるのかもしれません。

そういうわけで、経済関係は新書ですらほとんど読まなかったのですが、
読んでみるとわりかしおもしろかったです。


やや老人のぼやきみたいな雰囲気があるのですが、
全体的に話はわかりやすく、勉強になりました。

われわれはすでに豊かであると。飢えたりしないでしょと。
実際最近は餓死する人とかもいるようですが、
まだ仕事を選べているところがありますし、そういう面はあると思います。

で、そういう背景で市場というものをどう見るか、という話になりました。
結局、ほかに手段はないけどやりすぎやという話になりました。


全体的に、平易な感じでよかったです。

とりあえず、市場というものに対してどういう態度をとるかということなのですね。
関与を多くするとか、放任するとか、はては完全に管理するとか、接し方はさまざまです。
ケースバイケースなのだと思います。

で、2002年に書かれた本なのですが、いきすぎた投資マネーについて警鐘をならしていました。

でも、わかっていただろうがなんだろうが、現状がこうですしねぇ。
知っていても、それを行動で示せれなければ、意味は薄いのかもしれません。


何がいいたいかというと、
結局ある程度知った上でやっておかんといろいろ痛い目にあうし、
いざというとき困るかなと思ったわけです。

もうちょっと継続して勉強していかんとあかんなと思いました。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1024-ff86259a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。