スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間だったこの一年

2008年12月25日 22:09



というようなフレーズを言う季節になりました。
仕事もあと一日。
年賀状全く書いてないですなー。

ミクシー年賀状というのもあるらしいですね。
住所知らない人にはやってみようかしら。


大人になると1年が短くなる、といいます。

今までの人生の何分の1になるか、ということですな。
10歳の子の1年が1/10やとすると、
60歳の人の1年は1/60で、6分の1になってしまうと。

人生をこうやって考えていくと、
 1/1 + 1/2 + 1/3 + ...
となって、この無限級数は収束するし、
その半分の値は20歳ぐらいなんだとか。
もう折り返してしまってるのか…。

という話、だけではありませんでした。

大人の時間はなぜ短いのか (集英社新書 460G) (集英社新書)大人の時間はなぜ短いのか (集英社新書 460G) (集英社新書)
(2008/09/17)
一川 誠

商品詳細を見る

ややネタバレなのですが、結局、結論は出ません。
実際なぜ時間が短く感じられるかは、いろんな説がありますよ、程度。

でも、アプローチとしてはそれなりに面白かったです。

そもそも人間は時間を正確に(何をもって正確というかも難しい話ですが)
認識するようにはできていないようです。

錯視、というのがあるように、人間にはどうしてもそう見えるてのがあるようです。
それと同じような感覚が時間間隔にもあるようで。
代謝とかとも関連しているようです。
代謝のいい状態は時間の流れが遅くなるそうな。


ただ、こういう風に考えたりすると、
客観的にいっしょやろという考えはもったいない気がしてきました。

どうせ絶対空間や絶対時間はないのやし、
どうせ観測者に依存するんやったら、
長く感じられる方がええかなと。


本には書いてませんでしたが、
やはり、思い返すことが多ければ多いほど長く感じるような気がします。
この一年、いろいろありましたし、
到底あっという間やったとは言えません。
楽しいこともしんどいこともありました。

これからもそういうことを思えるように、
いろんなことをやっていきたいなと思います。

来年からといわず、今年から。
まぁ年末はあとは飲むだけですけどね。
ミクシーはもう少し更新します。
バスケももうちょっとしたいなー。


何はともあれ、今年も終わります。
いい終わり方と来年のいいスタートにむけて、
あともう少し、がんばっていこうと思います。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nozaki.blog15.fc2.com/tb.php/1003-ad5037d3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。