スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事に当たる

2011年11月13日 20:39

さて、本を読みました。


考えをまとめる・伝える 図解の技術 (日経文庫)考えをまとめる・伝える 図解の技術 (日経文庫)
(2011/06/16)
奥村 隆一

商品詳細を見る

論理的な文章が自動的に書ける!論理的な文章が自動的に書ける!
(2003/12/18)
倉島 保美

商品詳細を見る


一気に二冊。

どちらも、図解にしてものを考えるとわかりやすいですよ、とか、
論理的な文章を書くのはセンスではなく技術ですよ、のように、
当たり前といえば当たり前の内容。

論理的な文章…に関しては、一度読んでいる、はずのものです。
前回読んだ時は、全く響いていませんでした。
そらあたりまえやんな、程度にして流し読み。

でも、今回はとてもためになったな~と。
素直にいろいろ実践してみたいなと思えるものでした。


何が違うのか?というところ、
facebookでのコメントで適切な表現が。

それは、「当事者意識」の有無。

その人は教える側として、とても実感されているとのことです。
なるほど、という感じ。


結局、文字通り吸収係数のようなもので、

 (供給される知識・情報)×(吸収係数=当事者意識)

となっているのですな。
なので、勉強しても身につかないこともあるし、
短期間にしてはすごく伸びることもある。

仕事や勉強だけでなく、バスケとかのスポーツでもそう。
どこにでもあることです。
今やらなあかん、となると、わりとできるようになるもの。


なので、自分のパフォーマンスをあげるには、
地道な努力(供給)を上げることと同時に、
当事者意識(吸収係数)を上げる必要があると。

即効性ということだけ考えたら
意識を変えることの方がはやいですからね。


ただ、意識は簡単にかわるときもあれば、
最後まで変わらないこともあるなと。

気持ちの問題ながら、
意識改革をする仕組みみたいなものも
考えていきたいところですな~。

せざるを得ないという状況に
自分を追い込むしかないんですかねー。
がんばらんといけませんな。


…と、相変わらず当事者意識が薄いです。
だめだ!


スポンサーサイト

増すための手段

2011年11月06日 15:00

『科学的方法とは何か』、感想続き。

経済のことも知らなあかんなという気持ちだけは
常にもっているのですが、なかなか機会がなく。

本来は、経営とかマーケティングとか、
いわゆるビジネス関係の本を読むべきなのでしょうが、
興味が湧くのは、どちらかというともう少し原理に近い所、
経済学とかそういう方。

で、最近ちょろっとは読むようになっていたのですが、
この本でも経済学者の話があり、なかなか興味深く読めました。


本の中で、そもそも経済学をすることのメリットは?
という質問がありました。

その問いに対する答えは、
「政策決定時にコンセンサスを得られやすい」でした。
要は、説得力が増す、ということ。


そうなんや、という感じ。

個人的には、経済学にも何か理論があって、
将来を導き出す、ということが最大のメリットなのかと思っていましたが。

実際は、矛盾するはずの理論は共存し、
反証可能、という科学の定義も骨抜きにできてしまうと。
自然科学と比べて、厳密さという点では弱いのだとか。


まぁ考えてみると当たり前ですね。
一意に予想できるのであれば、これだけ混迷はしないでしょうし。

まぁ、それでも、価値があるのでしょう。
ある程度でも予想に定量性を加えられるわけですし。
最近仕事でも、仮に人事的な報告書でも、
数値とかで表現するようよく言われますしねー。


我々として知っておかないといけないのは、
経済学てのはある政策、作戦について、
少し丁寧に考えたものやということを認識するということですな。

なので、与えられた説明は、あくまでも仮説で、
確定的な保証のようなものではないということですな。
それを選ぶには、何かしら決断が必要ということです。


このあたりの話の説明って専門用語が多いですからね。
ニュースとかをもう少しかみくだけるよう、
簡単な専門用語ぐらいは知っていきたいと思います。


使い分ける

2011年11月06日 14:22

mixiが見るたびにレイアウと変わっていってますな。
facebookチックになっているような。
リアルタイム性を増やすというアプローチ自体はええと思いますが、
ころころ変わるとちょっとわかりにくい。


さて、本を読みました。

科学的方法とは何か (中公新書)科学的方法とは何か (中公新書)
(1986/09)
浅田 彰、佐和 隆光 他

商品詳細を見る


哲学、経済学、数学、生命科学、サル学、の専門家5人が、
前半部はそれぞれの分野での近況報告、
後半部ではテーマを決めての対談をするという形式。

最近これだけ扱うものが異なるそれぞれの分野で、
興味を持たれていることがあります。

それは、全体を全体のまま扱う、という手法。
ちょっと前やと、複雑系というやつですかね。

要素を還元的に細かくしていって、
原因と結果の関係を細かく細かくしていき、
それらの積み重ねによって、どんな対象の運動、行動も記述できる、
というのが昔ながらの科学。

でも、そういうのだけではいろいろ扱い切れないことが多いですよ、
ということに最近気づいてきたのだとか。


たとえば初期値がほんの少し異なるだけで、
結果があまりにも大きくふらつく(近似が禁じられる)とか、
仮に全ての要素を考慮にいれるとすると、
膨大な計算量になり、現実的ではなくなるとか、
そういう実践的な観点で、という理由が多かったような。

ボールを投げたら落ちてくる、その軌道を知りたいとなったとき、
場の量子論は使わなくても多分大丈夫、とか、そういうことやと思います。


要は使い分けてことなのでしょうな。
より深く追求することも大切やと思いますが、
目的に応じて、方法を変えることが大事なのかと。

細かいところ含めちゃんと人に伝えたいとか備忘録としてであればmixiを、
その時思ったことに対してリアクションが欲しいだけならfacebookをつかう、
ということと同じ、なのだと、思います。


でもmixiでもリアクションも欲しい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。