スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1点だけ

2011年08月28日 09:41

さて、本を読みました、その2。

蓮如―聖俗具有の人間像 (岩波新書)蓮如―聖俗具有の人間像 (岩波新書)
(1994/07/20)
五木 寛之

商品詳細を見る


時代は少しさかのぼり、応仁の乱周辺、
浄土真宗を中興した、蓮如についての話。

個人的にはほとんど蓮如について知らず、
織田信長をあれだけ苦しめた本願寺を築き上げた人として
その簡単な生涯について知りたいと思い、
叔父の家からぱくってきた本です。

が、実際は、蓮如についてある程度知っていることを前提として、
私はそういう見方をしてないですよ、という感じ。
どちらかというと、つれとしての蓮如はええやつやで、的な話。
やや出鼻をくじかれました。

さらに、この五木寛之の文章、
(おこがましいながら)私の文体と似て、
婉曲で、ひらがなが多く、少しもやっとした感じです。
自分の文章を客観的に見ると、こんな感じなんかな、と。
口語でなら全然かまわんと思うのですけどね、
新書でこれは、内容が薄くなるような。


ちょっと愚痴っぽくなりましたが、蓮如について。

それまでほそぼそとしていた浄土真宗を、
あれだけの大勢力にしたのは、蓮如でした。
実際は、時代のエネルギーとかが先なのでは、
という話でしたが、結果的には蓮如時代に発展しました。

で、その大きな要因になったことが、
  ・北陸地方という新しい地域に布教した
  ・それまで虐げられていた人も平等に扱った
という2点。
それまで表舞台に出ていなかった人たちが経済力を持ちはじめ、
そこが次代の主役になると思って行動したのが蓮如やったんちゃうかと。
なんか最近の経済の話みたいですが。

そこで、蓮如は吉崎という拠点をつくるわけですが、
極端には、それが全て。

その拠点で、親鸞のといていた平等とかを実践し、
その噂を聞いた新興の人たちが集まってきて、
自然に新しい集団が形成されていくと。


もちろんそれだけではないでしょうが、
蓮如を歴史上に残すほどの人物にまで高めたのは、そこなのかなと。

結局、偉人は、安定して偉人なのではなくて(むしろ安定性は低い)、
あるとき、たった一つでも、何か偉大なことをしたから偉人なのやなと。

最近、一つの決断や、一つの行動が、人生では大事なんやなと痛感してますが、
偉人とまではいかなくても、何かをするためには、
ちょっとした(と思っている)ことを、もうちょい大事にせなあかんなと。
なんとなく決断、なんとなく行動、てのをちょっと改めないといけませんな~。

ちょっとめんどくさいしやらへんとか、
ちょっとしんどいし後回しとか、
ちょっと楽しいからやってしまったとか、
そういうのが後でどうなるかわかりませんしね。

全ての決断や行動に後悔がない、というのは無理でしょうが、
後悔が少ないように意識していくぐらいはしていこうと思います。


長くなりました。


スポンサーサイト

大義名分

2011年08月28日 09:40

さて、本を読みました。

信長と天皇 中世的権威に挑む覇王 (講談社学術文庫)信長と天皇 中世的権威に挑む覇王 (講談社学術文庫)
(2002/09/10)
今谷 明

商品詳細を見る


Facebookには一言だけ感想を書くような感じで、
並行していこうと思います。
一言だけやと、備忘録的にはさすがに不十分ですしね。

歴史小説が続いたので、それ関連。
戦国時代における天皇の位置づけと、
特にその関係が他とちがった、信長との関係について。

結論としては、天皇という旧来の体制を
信長は超えきることはできなかったよ、と。


信長自身は完全に天皇を軽視していたようです。
利用はするけれども、本心からの敬意はなし。

ただ、他の戦国武将たちはそうでもないようで。
自分の権威づけのためにも、天皇を必要としていました。


そういう状態で天皇を軽視することがいかに難しいか、という話。

大義名分って思った以上に大事です。

何か、他と違うことをするときも、
例えば変化を求めない人に対しては
変わっていない、改良するだけだ、というストーリーが必要やし、
容認されてる場合でも、その違うことをする必然性を掲げなければいけません。


信長は、軽視はしていたものの、
公に天皇を追いやる大義名分をつくることができず、
結局屈してしまった、とのことです。

自分だけが正しいと思うことを、
多くの人達にさせるのってほんまに大変なんやな~、と。
リーダーって大変ですね。

今すぐ必要なことではないですが、
意識していかんとあかんなと思いました。

dif

2011年08月21日 21:57

今日は半日ほどクラブリーグのバスケの試合運営の手伝い。

男子は下部のチームが多く、
失礼ながら内容はパッとしない試合ばかり。
でも、身体能力は結構あるチームが多かったです。

で、上手いチームとは何がちがうんかなと。

思いつくままに挙げていくと、
  ・ミスが多い
  ・単発のプレーが多い(いきあたりばったりすぎ)
  ・戻りが遅い、ディフェンスしない
  ・シュートが入らない
  ・勝ち負けにこだわってない
というところ。
私たちにも耳の痛いところではありますな。
油断するとすぐ転落しそうです。気をつけないと。

最後の、勝ち負けにこだわっていない、というところ、
すごく感じたのが、女子の上位チームの試合。

ベスト4以内当たり前のチーム同士の試合。
ずーっとシーソーゲームで、
最後の最後に、押されてたチームが勝ちました。
いや~、この試合だけめっちゃ面白かった!
女子同士の戦いはかなり激しかったです。

共通してるのが、
  ・シュート入る
  ・あきらめない、さぼらない
  ・地味なことをちゃんとしてる
  ・勝ちたい気持ちを前面に出す
というあたり。
見習うべき所が多々ありました。


仕事でもバスケでも、同じ人間なので、
勝負事ではじめから決まっていることって
あんまり多くないなと。
社会人になって実感することが多いです。
紙一重なことって、ほんまに多いです。

でも、そのわずかな差てのが大事で、
勝者と敗者、勝ち組と負け組と、差がでてくるわけで。

その差をつくる原因の一つが、
こういう、勝ちたい気持ちを出す、てとこなのかなと。
精神論ですが。

でも、わずかな差をつくるもの、なのでね。

精神論で全てが解決することは決してないですが、
わずかな差をつくることはできるんちゃうかなと。
そしてそういう差がわりと人生では大事やなと。

そういうことを感じました。
明日から、ちょっとがんばっていこうかなと思います。


休み明けるのいやや~

原作 →

2011年08月18日 18:50

さて、アニメを見ました。

最近の夫婦での趣味、劇場版アニメ。

『鉄コン筋クリート』

松本大洋原作の漫画、そのアニメ化。
アニマトリックスとかやったはる監督です。
映像は全体的におしゃれ。

松本大洋好きなので、原作は当然。
独特の世界観の作品が多いので、
どうなることかとドキドキしながら見ていたのですが。

結論としては、よかったです。

はじめに少し感じたぐらいで、
総じて違和感なし。
よくぞという感じですね。

街の雰囲気とか、原作より詳しいぐらいで、
すごくいい雰囲気がでていました。

話としては、松本大洋らしく、
子供の純粋な心はとても重要なものだと。
今回はそれをクロとシロという
二人の少年を主人公にして描いています。
そういう話好きです。


あとは、この映画、
シロの声(蒼井優)がめちゃよいです。
すごいはまり役でしたな~。
クロの声(二宮和也)がかわいそうなほど、
存在感がありました。

誰と誰の声が同じとかぐらいしか
普段あまり意識してなかったのですが、
今回はすごく印象に残りましたな。


原作のイメージがあるだけに、
違和感を感じるところではありますしね。
そこがいい感じやと、
すんなりと入れるものなのですね~。

勉強になりました。




久々に写真にて

2011年08月18日 15:24

ブログのよさを最大限利用して、
送り火パーティ@おしゃれリノベーションハウスは写真で。
最近こういうのできてなかったですしね。
ニーズもたくさん(一件)あったので。

送り火パーティと題していたのに、送り火があるということを忘れて、
会場になる家@今出川へ。

当然駐車場は全くなく、送り火が終わるまでまってから参加。
メインイベント後のはずなのに、参加者は…3人?


が、そこからは、俄然お祭りナイトに。



まずは手作りの気の利いた料理たちwith気の利いた器でお出迎え。

P1070027.jpg



ニーズのありすぎた、よしえカレー。

P1070028.jpg



今夜のメイン肉。

P1070033.jpg



黒板のある家。

P1070042.jpg



似てる二人。

P1070038.jpg



服の色がかぶり過ぎな件。

P1070036.jpg



家主のはしゃぎ声への反応。

P1070040.jpg



ししし、白玉がおいしいッす!黒豆もおいしいッす!

P1070045.jpg



アレンジしたものを再提案。

P1070063.jpg



結局、全部いるんちゃいます?

P1070050.jpg



トイレには花を贈る。

P1070100.jpg



驚異的にアームレスリングが弱い。

P1070114.jpg



おいしいおじゃこ(宣伝しとこ!)。

P1070084.jpg



パインも切りました~。

P1070124.jpg



間違い探し。

P1070134.jpg

P1070135.jpg



普段の生活にくらべて、あきらかにおしゃれレベルが高すぎました。
ええ夜になりましたな~。

手料理でのもてなしとか、おしゃれな家やグッズ類とか、
やってみたいものばかり。

なんだかんだでこれまでY田夫妻をトレースしてきてしまっていますが、
これからもトレースしてしまいそうな気がします。

何かで差別化しないと!


・・・・・・65% 完了しました

2011年08月18日 14:29

夏休みも後半戦。
…とはいえ、まだ結構ありますね。
10連休の7日目。まだ4日休めます。
もう社会復帰できない。


ただ、今年の休みイベント的なものはだいたい終わりました。
あとは通常の休みプラスαぐらいの雰囲気になるかなと。
ほんまは夫婦で海外という話やったのですが、
休みが1週間ずれてしまい、頓挫。
今年の冬こそは!


思い返すと、数年前から昼に飲むということを覚え、
昼に予定をいれるようになりました。
時間に余裕あるし、価格も安め。
そして明るいうちに飲むてのはすごい開放感あります。

あとは、赤ちゃんですね。
子どものできた友人がほんまに増えました。
そのため、より昼の予定が役に立つものに。


したことメモ的には、

  12 昼 丹波にてBBQ モリタ屋の肉が旨すぎる件
  12 夜 高校の友人と大学の友人を合わせる会 公約数は父
  13 昼 実家に挨拶し、食べ過ぎる
  13 夜 小学校同窓会 恥ずかしい記憶をつつかれる
  14 昼 養老会@梅田、親バカがうざい
  14 夕 異種交流会?名古屋のママさんと、京都のカレーカフェ店長と
  14 夜 バスケ部OB会 withoutバスケットボール
  15 昼 予備校の同級生と 男子会
  15 夜 同期飲み 働きすぎの人と働かなさすぎの人
  16 昼 出不精トヨタへ行く ソフトモヒカン×2
  16 夜 送り火パーティ@おしゃれリノベーションハウス

という感じ。途中まさかの昼、夕、夜という3部作になってたりします。
飲み過ぎか!

おかげで、前半戦で夏休みを全部やりきったような気持ちになりました。
なんだかんだでいい夏休みですな~。


初期感想

2011年08月16日 13:55

facebookをはじめて2、3日経ちました。
まだどういう使い方するかはわからない感じ。

とりあえず、いろんな知り合いがやってるんやな、
ということだけはわかりました。
ビジネス向けにやる、てのがよいのかな~。

友達が増えていくのはちょっとわくわくしますね。
登録してほったらかしになるのももったいないので、
まぁぼちぼちやっていこうかと思います。
日記はこっちで書こうと思っています。


あとは、見知らぬ人から友達リクエストが。
大学はいっしょのようですが、
忘れているとかではなく、知らない人。


よく見てみると、


   恋愛対象:男性と女性


…私はそういうふうに見えるのでしょうか?


facebookはじめました

2011年08月13日 13:54

facebookはじめました。

mixiなどとどう使い分けるか考え中です。
やっている方いればいろいろ教えてください!

ある制限、境界条件

2011年08月10日 18:32

もはや1週間たってしまいましたが、
近所で少し変わった展示がありました。

『3畳エキシビジョン in 京都・東寺』
http://news.ikea.jp/life_home/3jyo/3jyo110729_2


リンク先を見てもらえたらわかりますが、
あるコンセプトに沿って、3畳で、IKEAで揃う家具で、
どんな部屋ができますか、というもの。

アーティストのそれではなく、
普通に、生活が営めるようなものが多かったです。

P1060125.jpg

ただ、広告というかそういう表現としては、
とても面白かったです。
×東寺、っていうところがおしゃれですね~。
借景的なものもあったり、とてもすてきでした。

P1060103.jpg

へうげものに出てくる茶室なども、似たようなもの。

ある制限がある中で、どれだけのもてなしができるか、
というところにわびやさびがある、というものです。


ある制限、というところがポイントですね。
こういう考え方を自然にできるようになったのって
社会人になってからな気がします。
わびさびはないですが、仕事も同じですからね。

ある期間、ある予算、ある人員、という制限、境界条件が
設定されてしまう中で、いかに最大限のアウトプットをだすか、
というところが、我々の評価につながってくるわけで。


無制限やったらええのかというと、そうでもないような。
制限が特殊であればあるほど、
面白い、という考え方もあるかも、
と個人的にはおもうようになりました。

念能力みたいなものです。


見てみて!

2011年08月10日 08:16

ワンピースの63巻でましたね。

そこで気づいたのですが、
表紙カバーをめくったところに…。

ぜひ直接ご覧ください!


みんな気づいているものなんですかね?

私は63巻まで気づいていなかったのですが、
調べてみると、いくつかの巻のカバー裏にあるようです。
直近では62巻にもあります。


こういう遊び心をもった応援、
とてもすばらしいと思います。
感動しました。

ファミコン時代の無意味な裏技とかにしても、
そういう、一見なんにもプラスにもならないものが、
全体にすごく余裕が生まれるというか、
営利から離れた、そのものへの愛着というか、
すがすがしさにつながっているように思います。

尾田さんはこういうの好きですよね~。
作品中でも結構あるので、とてもよいと思います。
ちょっと違うところでは、1巻と61巻の表紙の比較とかも。


遊び心、とても大事ですな。
こういうことができる余裕を私も持ちたいものですな~。


[ 続きを読む ]

もとい

2011年08月10日 08:16

こんなことを書いている場合ではなかった。

とりあえず、バスケづくし、
多少ピークは過ぎたようですが、続いています。
さすがに仕事ありますしね。

とはいえ、相変わらずバスケは楽しくしています。
新ユニができました!


完全にマブスをパクったようなデザインながら、
ムッシュ伝統の青色もちゃんと入ってるし、
なかなか強そうになったのでは。

以前のユニは弱そうというもっぱらの噂で、
それが相手の油断を誘っているという、
プラスの面もあったとも言われたりします。

でもやっぱ強そうなのがいいですよねー。


そのユニのデビュー戦は昨日。
教員チームとの練習試合。

嬉しかったのは、
国体選手をブロックしたり、
オフェンスをもらったりしたこと。
オフェンスファールとってもらえるとか、
人生で何回目やろ、て感じです。
しかもカットインのコースに入って、とか、
なかなか気持ちのよいものでした。

自慢です!


まぁモチベーション上げるのは、
形からだろうが、不純だろうが、
全然問題ないですからね。

新ユニをモチベーションに、
もうひと頑張りしていこうと思います。


グレイトフルデイズ

2011年08月10日 08:15

俺は京都生まれ BASKETBALL育ち

上手そうなやつは 大体友達
上手そうなやつと だいたい同じ(でもない)
ふくらはぎ 走り ついてきた この足


附属 京教で そう思春期も
早々に これにぞっこんに

バスケの後 やりっぱなしできた 高校で
マジ腰に迷惑かけた 本当に

だが時は経ち、今じゃそんなこと無理
そこらじゅうで筋 のばす ダウンだ

足を掴んだら マジでのばすんだ
その態度 やっぱアラサーだ


そうこの日この齢で バスケやりすぎ
週に4日は だいぶやりすぎ

頭ワリィ こりゃマジ ファナティック 
でも反射してもぐる慣れたインサイド



兄目

2011年08月10日 08:13

さて、まだまだ書いてしまえ!
足あとがないので正直読まれているかはあやしいですが、
自分の感じたことの整理のためという
原点にたたんとあかんなと。


ちょっと前になりますが、アニメをみました。


『雲のむこう、約束の場所』


秒速5センチメートルとおなじく、新海誠の監督作品。

話としては少しスケールがでかくなり、
少しSF感がでてきたというような話。
大長編というやつです。


最近のアニメて、結構90分ぐらいで終わるものが多いような。
アリエッティとかポニョとかね。コクリコ坂はどうなんでしょうか。

でも、この90分てのはよくないです。
感情移入する時間がちょっと足りないような。

今回も、設定がやや複雑な分、
それに慣れるまでに時間がかかり、
あっという間に終わってしまったような気がしました。

最低限伝えないといけないことは伝えているはずなのですがね。

やっぱり、あまりに無駄を省くてのは、
ちょっとは弊害あるのかも。
難しいものですね~。


ただ、相変わらず映像はきれいやし、
ジェットの声の人がでてきて
すこしカウボーイビバップ風のアクションシーンがあったり、
なかなか楽しめました。
秒速5センチメートルの方が好みですが。

劇場版アニメって面白いですね。
夫婦の新しい趣味になってしまいました。

なんかどんどん変な趣味に走っていっていますが、
まだそこまで気持ち悪い方向には言っていませんし、
ぎりぎりセーフなのかなとは思っています。


引き続きいろいろ探しては、みていこうと思います。
みるぜ!



重ねると

2011年08月10日 08:12

美術館にも久々にいきました。


『モホイ=ナジ イン・モーション』


バウハウスの教師としても活躍した人、だそうです。
絵画、写真、彫刻、映画、グラフィック・デザイン、舞台美術、などなど、
実に多岐にわたる分野で活躍したそうな。

あまり予備知識はなかったのですが。
なかなか楽しめました。

その当時、芸術に用いようとはだれも思っていなかった
機械を芸術として用いてみたり、
その当時の技術を駆使して新しい表現をしてみたり、
常に新しいものにチャレンジしているところが
非常によいなと思いました。


あとは、展示タイトル通り、動き、というのが
非常に大きな意味を持っていました。

典型的なところで言ったら、
シャッターひらきっぱなしにして何かの光の軌跡をとるとか。
あるいは、実際に動画を作ってみるとか。
そういうのが多かったです。


10分ほどの映画とかもありました。
無声で全然ストーリーもわからないながら、
ちょっとかわった撮影法とか視点とか、
そういうところに興味があれば見れるもんやなと。

昔はこういう見方全然できなかったですしね~。
そういう意味で、少しずつ成長してきてるのでしょうかね。
よいことですね。

たとえると、
今までは食欲がありすぎて、
メイン料理がいかにごはん進むかしか興味もてなかったのに、
最近はそこまで食べることもなくなり、
ほかの料理とか見た目とか接客とかにも興味がでてきた、
という感じです。


齢をとったということ!


2011年08月10日 08:11

さて、続けて、本を読みました。


明智左馬助の恋〈上〉 (文春文庫)明智左馬助の恋〈上〉 (文春文庫)
(2010/05/07)
加藤 廣

商品詳細を見る
明智左馬助の恋〈下〉 (文春文庫)明智左馬助の恋〈下〉 (文春文庫)
(2010/05/07)
加藤 廣

商品詳細を見る


信長の棺、秀吉の伽、に続く、本能寺の変三部作、その最後。
信長側、秀吉側、ときて、最後は明智側。

明智光秀の娘婿、明智左馬助が主人公。

明智左馬助と言えば鬼武者のイメージが強く、
なんかゲームの中の人物のイメージで見てしまうのですが、
実在の人物で、本能寺の変後、
滋賀の坂本城を守っていた人物です。

その左馬助の幼なじみと結婚して明智姓になって、
息子として光秀に仕えて、
その本能寺の変に至る過程を見ていく、という話。


いろんな視点で見ることで、物事が立体的に見える、
という感覚、とても心地よいものです。

一時期、司馬っちの幕末物をむさぼるように読み、
非常に多くの視点で明治維新を見て、
とても気持ち良かったことを思い出します。

当然、司馬っちの戦国物も結構読みましたし、
遠藤周作の戦国物も。
山本謙一のやつも読みました。
あるいは漫画のへうげもの、とかも
結構史実をいれてきたりしています。

そういう中で、また一つ新しい視点が入り、
より立体的に戦国を見れて、とてもよかったなと。


あとは、タイトルの、左馬助の恋、について、
ネタバレになるので詳細は言えませんが、
恋じゃなくて愛やろ、と思っていましたが、
やっぱり恋なんやな、としみじみ思えるラストでした。
切ないな~。

うーむ、本文の内容をあんまり言えないせいか、
あまりに伝わらないですね。
ブログをする人にとってはミステリーは向いてないのかもですな!


負い目のなさッ

2011年08月10日 08:09

mixi、全体的に更新が滞っていますな~。
facebookかgoogle+にでも変えましょうか。


さて、久々ながら、本を読みました。

秀吉の枷〈上〉 (文春文庫)秀吉の枷〈上〉 (文春文庫)
(2009/06/10)
加藤 廣

商品詳細を見る
秀吉の枷〈中〉 (文春文庫)秀吉の枷〈中〉 (文春文庫)
(2009/06/10)
加藤 廣

商品詳細を見る
秀吉の枷〈下〉 (文春文庫)秀吉の枷〈下〉 (文春文庫)
(2009/06/10)
加藤 廣

商品詳細を見る

前作『信長の棺』を読んですでに2年、
その続編です。

前作が太田牛一という、信長公記を書いた人が主人公で、
どちらかというと信長よりの人物。

今回は、対する秀吉、しかも本人。

本能寺の変以降、天下を制した後、
その人生について、もやっとしたものを残したまま生きていく
秀吉を描いています。
(なんかネタバレを避けたらよくわからん説明になってしまった)


そういうわけで、司馬遼太郎では書かれていなかった、
秀吉のいわゆるぐだってしまった後半生。

司馬っちではわりとばっさりと、おかしくなってしまった、
としてしまっていましたが、
この本では、そこにいろいろな理由づけ、背景づけをしています。

なので、結構説得力があり、
秀吉の苦悩がいろいろとかかれているところが
非常に新鮮でした。


ミステリーというジャンルにしては
淡々としているところがあり、
それが逆にリアリティを増しているような。
実際にあったんちゃうかな、と思える部分もありました。


いやーしかし、コンプレックスとか後ろめたさとか、
全くないなんてことはありえないですが、
強烈なそういう感情を持っていたら、幸せになるのは難しいですね。
描かれている秀吉を見て感じました。

どっちかというと、後ろめたさの方が
自分の意志で避けられそうな気がします。

後ろめたいことをしてまで上を目指さないのも一つやし、
強烈な意志で後ろめたさを感じない、てのも一つ。


とりあえず、

 自分はこの喧嘩になに一つ負い目はねェッ
 その気負いッ
 その自負心こそが
 拳に力を呼び
 勝ち目を呼ぶんだッ

というあれが、まさにそういうことなのだと思います。
できる限り負い目のない人生になるよう、
せいぜい誠実に生きていこうと思います。


…柴千春です






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。