スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

否定

2009年11月27日 00:17

帰りの電車で、JRに「なんで女性専用車両なんかつくったんや」と
大声で電話している男性がいました。
@優先座席。


今日はR会議。
まぁこういうのも、必要といえば必要なのでしょうね。
いつも、せっかくするのだからがんばろうとは思うのですが、
あいかわらず外部講師の研修がひどい。

想像するに、毎年アンケートで文句を言われて、
都度内容を変更して研修をしようとしてくれているのでしょう。
ただ、結局どこもだめでだんだん手駒がなくなってきている感じ。

おととしのも、あたりまえのことをそれっぽく話してるだけやと思っていましたが、
それが実は結構ええものやったのではと思えました。


今日の悪いところとしては、

  ・内容があさい
  ・プレゼン資料が見にくい
  ・プレゼンがひどい

まぁ全部です。

たぶん同じ資料をつかっても私の方がいいプレゼンができる気しますし、
同じプレゼン能力でも私の方がいい資料を作れるような気がします。
まぁ、ちゃんと準備をして、ということなので、
単に準備不足なんでしょうけどね。
やし、その人の能力うんぬんではなくて、プロ失格、というだけなのでしょう。


まぁ、今日の電車の人も、自分が上から言っているつもりでいて、
実際のところは単なる迷惑な人やったのと同様、
プレゼンを全否定しておいて、
実際のところは全然見る能力がないとかにならないよう、
わがふりをなおしてかなあかんなと思った次第です。

おやすみ!


スポンサーサイト

妻と夫

2009年11月23日 11:45

悪魔と神で思い出しました。

Googleの検索上位がオートで表示される機能があります。
会社の先輩に教えてもらったのですが、
妻、夫で検索をしてみると…


妻

夫


夫がけなげですね。
どうも、夫です。


悪魔と神

2009年11月23日 11:36

本を読みました。

悪魔と神 (新潮文庫 赤 120D)悪魔と神 (新潮文庫 赤 120D)
(1971/12)
サルトル

商品詳細を見る


中世の農民戦争で傭兵隊長として働いたゲッツという人を主人公にして、
善とか悪とか、神とか悪魔とか、
伝統的な価値観に対する疑問を書いています。
そこから、結局は自分がいるだけだという結論に。
ただ、それで絶望的になるのではなく、だからこそがんばる的な感じになります。


最近洋書のすこし古いものを読むようになりました。
弟の影響ですが、以前呼んでいたときはあんまりおもしろくなかったのに、
最近はおもしろいと思うようになりました。

これが読書力向上によるものならば、
高校生ぐらいでこういうのに目覚める人に比べてあまりにレベルが低いし、
これが人生経験が増したことによるならば、
あまりに人生が薄すぎます。

何か別の理由であってほしい!


話の内容的にも似たような感じで、

その行いが善であるならば、
そのことが神に邪魔されることはないはずやし、
その行いが善でないならば、
そのことが神に邪魔されるはず。


でも、主人公はそういうのに対して、別の解釈をします。

結局その行為に対して神が関与していることはなくて、
結局は自分の決断があるだけ、ということなのだと。


神や善、あるいは悪魔や悪、という他に原因を求めることなく、
自分の行為に対して自分で責任をとる、ということは、
別に悪いことではないような気がします。

普段はそういうことに対してあまり考える機会がないので、
こういう機会にそういうことを考えるのも、いいものです。

自分の言葉に責任を持つ、難しいことですがね。
私もブログに書いたことにはできる限り責任をもとうと思います。



あと、この主人公のゲッツ、という人物、
ゲーテの戯曲にも主人公として現れるそうです。
実在の人物で、鋼鉄の義手をして戦場へいっていたのだとか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3

傭兵、騎士の時代の終わり、鋼鉄の義手、
なんかベルセルクの主人公のモデルなのではと思ったりもします。
名前も一文字違いなわけですし。


セレブリティ

2009年11月23日 11:03

悲しいことがあれば、うれしいこともあるということで。

友人に子供が産まれました。めでたい!
結婚ラッシュの次は出産ラッシュになるのですかねー。


ただ、結婚ラッシュはまったくとどまるところを知りません。

昨日はU田さんとM永さんの結婚式でした。
生まれて初めての披露宴はしご。
そして新婦はともに麻美さん。
偶然もあるものですね。
読み方は違いましたが。

朝一名古屋へ行き、終わると即座に大阪へ。
二つ目の披露宴がおしたせいか、二次会終了時で11時。
なぜか足がぱんぱんにむくみました。


P1030711.jpg

P1030713.jpg

P1030723.jpg



U田さんの結婚式ではスピーチも。
新郎からの要望は、ののしってほしい、と、だじゃれをいってほしい、というハードルの高いもの。

予想通りがちがちになりながらも、一応両方ともいれてきました。
最後は、土地が土地だけに、なごやかな家庭を築いてくださいとしておきました。
定番ながら、わかりやすくてよかったのではないかと自負しています。


M永さんの方は、医者×医者ということで、
我々のあまり知らない世界でした。豪華でした。
新郎父友人、とかがいらっしゃいました。

友人も医学関係の方が多くて、ややアウェー感はあるものの、
最後まで楽しんできました。


とりあえず、タワー型のウェディングケーキをみたのも初めてやったし、
あんな大きい会場での結婚式も珍しかったです。
お色直しが二回あったのもはじめてですかね。

何かにつけて豪華でした。二つとも。

惜しむらくは、あきらかに料理も高級やったのに、
二次会すらハービスのええところのやつやったのに、
連続で食べ続けたせいか、常に満腹感があったのが。

もったいなかったですね。
フィレ肉ステーキはそれでも美味しかったですけどね。


まぁ、なんにせよ、めでたいことに呼ばれるのはうれしいものですねー。

あと、二組とももう家を買ったそうです。
ハイソでした。



追伸:
写真はU田さんの飲み。使ってなくても、カメラの電池は充電しておけということです。

ウィ

2009年11月20日 22:29

完全に立ち直ったわけではありませんが、
まぁぼちぼち通常生活に戻らないといけませんな。
ふかふかしたものとか、白いものとかはしばらくは危険です。
雲とかもだめですなー。


そういうわけで、気をまぎらわす何かを手に入れなければと思っています。

そこで、Wii。


Wiiを買いました。
ちょっと前になるのですけどね。

とりあえず、もてなし用なので、コントローラは4つあります。
マリオカートを買いました。

WiFiとかで遠隔で対戦とかもできるようですね。
また持ってる方いたら対戦してみましょう。
すごい世の中になったものですなー。

マリオカートも、加速度センサとか使うせいか、
以前のものに比べて素人玄人の差が出にくいように思いました。
いいことですね。


もうひとつ、N天堂の思うつぼになっていることがあります。

それがゲームのダウンロード。
ファミコンとかがダウンロードできるのは卑怯です。

とりあえずくにおくんシリーズから、熱血行進曲をダウンロードしてみました。
楽しかった。燃えました。

次はタクティクスオウガをダウンロードしましょうかね。
ロマサガ、聖剣伝説などもやりたいですね。
ロマサガはあるのかしら。


初期投資の名の下、1月以上たってるのにまだお金を使い続けています。
おかげで家が完全に快適になりました。

ぜひぜひ、きてください。
さみしいというのもありますしねー。


まずいな

2009年11月16日 22:42

結婚式のときもそうでしたが、
終わった瞬間はなんか気持ちがばたばたしてて、
ほんまに実感するのはしばらくたってからになるようです。

つらいなー。

なんか独りになるのはかなりよくない気がします。
油断すると押し寄せてくるような感じです。



続・さみし

2009年11月15日 22:39

私のかわいいみみちゃんが静かに息をひきとりました。

7年半。
長寿やと思います。

思えばあんな小さかったのが、
あんなにぷよぷよになり、
そして最後はまたすこし小さくなっていました。

最後までかわいかったですな。
ほんまに。
息をひきとってからも、あいかわらずかわいくて、
ずっと触っていました。

それまでペットなんて興味なかったのですが、
どっぷりつかってしまいました。

好きな動物は間違いなくうさぎです。

いいうさぎやったなー。


飼い主に似て、人がいないとさみしがり、
いつもいっしょにごろごろしていました。

なので、
今日ぐらいは、
飼い主が似て、目を真っ赤にしようかと思います。


今までありがとう。
みみちゃんがいないのはさみしいです。


考える

2009年11月14日 09:29

木曜日はリクルーターリーダーの会議。
結局何をするのでしょうか、という感じではありますが。
まぁ、やるからにはちゃんとしようとは思います。

同期が一人いっしょやったので、
その後、二人で鍋@新居。
ちゃんこダイニング若の汁を買ってきて、
のんびり鍋をしました。

で、途中で、テレビをみていたのですが、
そのときやってたのは、
54年焼鳥屋をしていた職人が引退するという話。

引退の日に次から次へとやってくる常連さんとか、
家族とか、なんやかんやで慕っている従業員とか、
そういうのをみて、かなり涙腺がゆるみそうになりました。
大人の男が涙をこらえているのってわりと卑怯ですね。


で、同期とはなしていたことなのですが、
今の延長で、自分が引退したときには絶対こうならないと。

先日のこともあり、
自分が死ぬときに悲しんでくれる人、
かけつけてくれる人はどれぐらいいるのかななどと考えたりしました。

それと似たような話でしょうか。
惜しまれながら引退していくような人になりたいと、やっぱり思います。

あくまで現役にこだわり続けて、みんなからいらないと言われるまでは
続けたいという人もいるかもですが、
仕事に関しては、やはり惜しまれたいと思います。


こないだうめめさんと話したときも悩んでいましたが、
久しぶりの同期と話したときも悩んでいました。
みんなこの時期悩むとは言われていますが、
悩んでいるのですかね。


ようやくすこし日常が落ち着いたので、
また前のように飲みにいく機会を増やしていきたいと思います。

でも、この鍋もかなりよかった。
こういうのもちょいちょいしていきたいと思います。


よべよ!
こいよ!




さみし

2009年11月12日 00:34

お通夜にいってきました。

えらい遅い時間だったので、はじめは行かないつもりでしたが、
行かないと後悔するかなと思い。

高校の一つしたの、野球部の子です。

今年の夏休みに、ちょっとだけ会えました。
無神経に、肥ったな、といったところ、
自分は白血病なんですと、ものすごくあっさりと言われたのを覚えています。

うまくいけば、10月ぐらいに移植してというのも聞いていましたし、
ミクシーで移植後2週間ぐらいもてばわりと安定するというのも知っていました。
移植後、10日程度はミクシーの更新があったので、
そのあと更新がなくなっても、軌道にのっただけなのかと思ってました。


あまりに普段通りにしていたので、気づかなかったのでしょうか。

そらしんどいやろうし、
不安やったやろうし、つらいやろうし、
生きたかったのだと、
ちょっと考えればわかります。

でも、なんか、そういうのをふと忘れてしまうほど、
あまりに自然な、いつもどおりなえんちゃんでした。


いつも一生懸命な子でした。
笑顔のいい子でした。
野球が大好きでした。
強い子でした。


ほんまに、年下ではありましたが、尊敬できる子でした。

ご冥福を~というありきたりの言葉はあまりにもしっくりこないですね。
また会いたいなー。


老いる火板

2009年11月10日 23:55

結婚から、もう一カ月以上たちました。
新婚旅行から帰ってきてからですら一カ月。
まだおみやげを渡せていない人がたくさんいます。

新生活もだいぶ軌道に乗り、
料理等も一応するようになりました。
自分のことぐらいは自分でしなくては、程度ですが。


さて、一カ月経つのに、まだ祝ってくれる人たちがいます。

そういうわけで、本日送られてまいりました。
デロンギ社製オイルヒータ。

V551115EFS.jpg


輻射熱であたためるというスタイルなのだそうです。
あったかい塊からでてくる赤外、遠赤外線つかってるということですかね。

メリットとしては換気いらず、音静か、温度低めでも大丈夫、メンテフリー、などがあります。
デメリットとしては、電気代、温まるのに時間かかる、重い、などがあります。


電気代、という大きなデメリットがあるということで、
一応いろいろ調べてみると、結局は使いかたなのかなと。
熱量的にはあんまり変わらんでしょうしねぇ。

自分の行動予定をある程度把握できていれば、
その1時間ほど前につけておくことでかなり快適にすごせるのだとか。
朝とかよさそうな雰囲気ですね。


圧力鍋もいただきましたが、同じなのかもしれません。

ある状態をつくるまで、すこしがんばらんとあかんけど、
その状態をつくってしまうと、その延長で何もしなくてもうまくいくというか。

いろいろ工夫で改善はできるのでしょうが、
基本は、温まりにくく冷めにくいか、温まりやすく冷めやすいか、のようですね。
オイルヒータは前者。
私も前者です。コンサバです。
お似合いですな、こりゃこりゃ。


まぁなんというか、オイルヒータでもあたたまりましたが、
こういうプレゼントをもらえるということに、心が一番あたたまったということで。

なんかおっさんくさいですね。
やはり老いるからなのでしょうか。

魔力

2009年11月09日 23:09

不思議な魔力があるものです。


たとえば、じゃんけん。

石とハサミと紙との戦いの結果次第で、
有無を言わせない説得力があります。


たとえば、多数決。

反対が半分近くいたとしても、
いっしょにいた人が全員同意見みたいな雰囲気ができます。


そして、さいころ。

小さいころから、さいころには苦しめられてきました。
出た目には絶対に逆らえない、あの説得力。

結構な有名人ですら、恋の話や泣ける話、絶対に笑ってしまうエピソード、
などというむちゃぶりをテレビで放映されなければなりません。


そういう、不思議な魔力、説得力がある手段がいくつかあるわけですが、
新居ではさいころを採用しました。


Image301.jpg


unicoで買ったさいころ。

その目には、

 「I Go」
 「You Go」
 「Together」
 「once more」

があります。
Togetherがあるのがなんとなくいい感じ。
何かを決めるときは、これで決めることになりました。

他にも、「I wash/You wash」や、「I pay/You pay」などがあります。
payではtogetherの替わりにDutchがあります。

あとは、「Use/Don't Use」とかもあります。
私の家でも近々必要になるかもしれません。


まぁそういうわけで、じゃんけんよりはすこしユーモアのある決定法かなと。
そういう感じで運用していこうと思います。

いやー、こういうの大好きですね、ものがダイスだけに。
さいころなのに、目がないです。


はじめに

2009年11月09日 22:45

ネットにつながりました。
はじめに、いつものように読んだ本について書こうと思います。

はじめが大事ですからね。

我が家では初期投資の名の下、ぜいたく品を次から次へと買っています。
逆に、はじめに節約生活を身につけることが大事やと、
車をがまんしたり、電気や水道をこまめにきるようにしたりしています。
はじめが大事。


そういうわけで、ひさびさのネットも、
これから自分が大事にしたいものとして、本から。
電車に乗る時間がだいぶ減りましたが、
読書は続けていきたいと思います。


さて、そんな中読んだ本。

外套・鼻 (岩波文庫)外套・鼻 (岩波文庫)
(2006/02)
ゴーゴリ

商品詳細を見る


阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)
(1981/01)
魯 迅

商品詳細を見る


連続して読んだせいか、何かしら共通点を感じました。
いわゆる民衆に焦点をあてている、
短編、
あまりハッピーエンドとは言えないものが多い、
読みやすい、わかりやすい、
などなど、なんというか、初めて読む人なのにリズム感がよかったです。
訳者もいいのかもしれません。

何事もはじめが大事です。

二人とも、こういうスタイルで文章を書く人としては、
その周囲の中でわりとはやかったのではないでしょうか。

印象派がはじめて現れたときはうんたらかんたら、という感じで、
インパクトが大事なのではないでしょうかね。
民衆、しかもやや下層の人物を主人公にしているというだけで、
かなりのインパクトがあったのではないかなと思います。


はじめのインパクト、大事です。
保守派な私ですが、なんとかそういう
はじめのインパクトを与えられるようになりたいものです。



あと、狂人日記は、Bイオハザードの日記の
元ネタなのではと思いました。
より現実的な感じがするから、
よけいにおそろしくかんじちまった

これを ほうけんしゃかいの
あんゆと して やってるなら

たいした もんだ


かゆい うま



ついに

2009年11月09日 00:48

待つこと一カ月、ついに開通しました。
インターネット。

とりあえず、無線LANも設定完了です。
今回ははりきって、NASというのですか、共有サーバ的なものもつけました。
プリンターも無線LANにしましたしね。
コードレスってすてきです。

新居にはMacもあるので、うまいことつかっていければ、
以前よりもより楽しいネット生活が楽しめるのではないでしょうか。


完全に引きこもりコースです。
遊びにきてくれるのは大歓迎ですが、
でぶ症、まちがった、出不精になりそうです。
でぶ症もあながち嘘にはならないかもしれません。


これからは更新頻度もきっといやなぐらいあがっていくのでしょうね。
せっかくなので、何か内容のあることをちゃんと書きたいものです。

おやすみなさい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。