スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターフェース

2009年05月28日 22:34

政治の教室 (PHP新書)政治の教室 (PHP新書)
(2001/10)
橋爪 大三郎

商品詳細を見る



さて、本を読みました。

『政治の教室』
橋爪 大三郎

言葉づかいというものがある。
礼儀に属するものとも言えるかもしれません。
絶対に必要とも思えないが、
人と人とのインターフェースとしては必要に思います。
むしろ、そういう本質ではないところが足をひっぱるのがいやだ。

そいうわけで、語尾が統一されていないのが嫌なのです。
文章テクニックとして使うのであればよい。
それまでのリズムを急に狂わせることで、意図的にであればいいと思うのです。
しかし、この本の文章にはそういうギャップのようなものはない。
下手をすれば交互に語尾が変わっているのではないかと思うほどです。
ひどい場合では、一つの文章中なのだが、
語調が変わっている場合があるのです。

内容は決して悪いとはいえない。
新書なので浅い説明でしかないのは仕方ないと思いますが、
網羅的な紹介や、少し視点を変えた解説などがある。
でも、文章のリズムがこんなにもばらばらになってしまっては、
読んでいてフラストレーションが高まってしまう一方であった。

それでも少しは内容に触れたいと思います。
結局、政治をはじめから軽蔑することはよくない。
どこが悪くて、どこはいいのかをちゃんと把握していくことで、
我々がどのように行動すればよいかがわかるはずだ。
もしかすると、政治がおもしろいものになるかもしれません。

そういった、きっかけになるチャンスがあるような本にも関わらず、
インターフェースの部分で大失敗しているように思います。
これは、編集の責任ではないのかとも思う。
口語調とも違います。
純粋に、日本語としておかしいのではないか。
そういう疑惑を持ってしまった時点で、得意の心を閉ざすモードになってしまいました。

私たちの仕事でも同じようなことが成立するのではないか。
やった内容以前の問題ということはよくあるように思います。
そういうところで損をするのはもったいない。
そういうわけで、そういうスキルをちゃんと身につけたいものです。

本文とは関係ないが、
理系の文章て難しいですからねー。
私は一応理系なのだが、
感想文とか作文とかの方が評価されているような気がします。


いいのか、
わるいんだか。


スポンサーサイト

近々未来

2009年05月26日 00:02


thumb_250_01.jpg

スカーゲンには今のところ何も不満はないのですが、ちょっとほしくなりました。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20090520/1026376/


携帯やデジカメとか、その目的のために持ち運ぶものには
高機能な必要はないと思っているのですが、
本来身につけているるものに高機能があるのは悪くないですね。

形からはいる私

2009年05月24日 22:45

最近のミクシーの話題の結構な割合を、結婚の話題がしめているわけですが。

いろいろ仕事しています。
二次会の幹事をはじめ、ビデオ作成もやりました。
体をはった余興もやったし、ビデオ係とかもありました。
受付関係はまだしたことないのは、やはり顔で選ばれるからでしょうか。


次の仕事はスピーチです。

なかなか、難しいものですなー。
スピーチは短くければ短いほどいいかと思っていたのですが、
ちょっと時間はあるみたいですし。

おもしろいことというのはなかなか言えないのですが、
おもしろくはなくても、何かしら場を和ます程度のことはいわなあかんように思います。
何かネタはないものか。
基本的にぐだって面白かった話とかが多いですしねー。披露宴にはあまりに不向き。
だじゃれとかアメリカンジョークとか言えたらいいのですが。

あとは、エピソードベースでの話って結構詳細忘れてしまってるものですね。
頭の中で考えていることを、文字にしてみると意外と抜けています。
これだけミクシーで次から次へと適当な話をかけるのに、
いざちゃんとしたことをしようとすると、ここまで悩むものやとは。
責任がでると急にだめになるあたり、器が小さいです。

当日は、やっぱり緊張するのですかねー。
今までやってきた人たちは、ことごとく緊張していたような気がします。
会場の迎賓館のときは、先生がしぬほど早口やったような。
さて、どうなることやらですね。


やっぱりスピーチとかですら、その人の個性がでるものと思います。
とりあえず、礼服買ってきました。
私は形から入るスタイルのようです。

まぁ、なんだかんだで、文章を推敲するというのは楽しい気がします。
せっかくなので、がんばって考えておこうと思います。

アウトプット

2009年05月23日 10:51

新型インフル、思ったよりは広まりませんな。

まぁ、まだ解決したわけでもないですし、
ワイドショーによると、このあと強毒性になって復活するそうです。

神戸や大阪の行動はわりとはっきりしていたので、
結構評価できるのではないかと思っています。
逆に、会社の方は後手後手な気がします。

でもまぁ総じて対策についてはいろいろあらもでてるし、
その辺今回のことはリハーサルみたいなものやと思って対策せなあきませんなぁ。
とりあえず、体力維持が一番大事な気がします。

ただ、維持しようと思って、エネルギーをとりすぎたせいか、太りました。


さて、本を読みました。
上とは全然関係ないです。

光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 (岩波現代文庫)光と物質のふしぎな理論―私の量子電磁力学 (岩波現代文庫)
(2007/06)
リチャード・P. ファインマン

商品詳細を見る

前回の理系の本紹介の本に、刺激されました。
本で紹介されてた本は今注文中なのですが、
とりあえず、興味のあったところで。

仕事の内容を説明するとき、いつも困ってしまうように思います。
具体的な話ができないということもあるのですが、
いろんなことを、あるものとして説明してしまっているような。
その辺がおもしろいことなのに、結果だけを説明してしまっています。
まぁ、聞いてくる人も、それでええと思っているのかもですが。

一方、ここでは、非常に丁寧に説明がされています。
複素数についての説明だけでも結構ページがつかわれていますが、
イメージはこういう方がわくような。
複素数がベクトルやとか振幅はかけて位相はたすとか、
そんなことをいきなり言われてもという感じになるでしょうし。

根本のところはこんなに面白いのですよ、
というのが非常に強くでてきています。
それを楽しそうに説明しているように思います。
キングカズが少年にサッカーの話をしているような感じです。
http://janba.blog58.fc2.com/blog-entry-3845.html

何か自分の好きなことを、
その良さを楽しく伝えられるというのはすてきですな。
それにはやってることをちゃんと理解できないとあかんし、
やってることをまず何よりも楽しまなくてはなりません。

まぁ、楽しまねばならないと言ってる時点で、
ほんまに楽しんでるのかという気がしますが。


今回、本の内容についてあまり書いていないのは、
当然ながら理解が不十分やからです。
いやはや、わかりやすくといっても、量子電磁気学てのは難しいものですねー。
勉強のしがいがあるということでしょうか。


名著から

2009年05月20日 23:44

更新頻度が下がっているようです。
これでも。

いろんなことへの欲がなくなっているような気がします。
生命感が希薄というか、少し覇気のない感じになっているのですかね。
もっといろんな欲望がほしいものですなー。


さて、本を読みました。
知的好奇心の方は、なんとか維持しています。

世界がわかる理系の名著 (文春新書)世界がわかる理系の名著 (文春新書)
(2009/02)
鎌田 浩毅

商品詳細を見る


最近、本を買うのに、つれのミクシーでの紹介などを参考にしています。
基本的におもしろかったと思われたものが書かれているし、
ある程度自分に近い感覚を持った人がおもしろいと思っているわけですし。

そういう、つれのブログを見ているような気分になりました。


その時歴史が動いた的な本たちの紹介です。
アインシュタイン、ダーウィン、ワトソン、ニュートン、などなど。

教科書に出てくるような人の書いた本の紹介です。

ただ、教科書とか、漫画の偉人伝とかは、かなり脚色されているわけで。
リンゴが落ちたのをみたからすごいのではないのですよねぇ。

ええなと思ったのは、どうすごいかというところから、
その人がどういう人生を送ったかとか、
その話が出てくる文脈とか、
その後世界はどう変わったかとか、
その話に興味のある人はこんな本が最近ありますけどとか、
周辺部分をちゃんと紹介されていることです。
あとは、全体にかなりわかりやすく書いているところも非常によいです。

そういうのがあってはじめて面白いなと思ったりするわけですしねー。


二つのことを学びました。

ひとつは、何事もまったくの無から生まれてくるわけではないということ。

進化論も、ダーウィンの完全なオリジナルというわけではありません。
そういう仮説とかもあるわけです。珍説として。
ダーウィンのえらいところは、それをちゃんと客観的に裏付けていったところなのかと。

あとは、ダーウィンがいきなり学会に進化論をもってでていったわけでもありません。
それまでのエリートコースというか、いろんなことをして、社会的地位があったのも重要かも。
それがなかったら、これほど大胆なことやし、逆に珍説としてさらっと流されるだけだったかもしれません。

口でなんやらいうのは誰でもできるのですが、
結局それでは将来には何一つ残らないということで。
もうちょい、継続した行動をしてかなあかんなと痛感しました。


もうひとつは、熱中しなくてはならないということ。

その人が注目されるには、紆余曲折がたくさんあるわけで。
周りから天才と思われ続けた人もいるし、
逆に死後にならないと注目されない人もいます。

でも、何かに熱中するというところは共通しているように思います。

何かを成し遂げようと思ったら、ハードルがいろんなジャンルにでてくるわけで。
技術的なこともあれば、人間関係的なところもあります。当然金銭も。

そういうのを乗り越えるには、せなあかんな程度ではできないわけで。

もう少し、自分の意志でいろいろやっていかんといけませんなー。
今はなんか上からふってくることが多いですが、
そんな中でも、せなあかん以外のことをやっていきたいと思います。



いいきっかけになる本のような気がしますね。
興味のある何冊かを買ってみたので、引き続き読んでいこうと思います。

関係はないのですが…

2009年05月19日 00:30

全く関係はないのですが、追記。

NHKの連ドラのつばさちゃんと、
私の服はいっしょでした。

赤のチェック。
たぶん、ほんまにいっしょです。

それだけ。

感想まで

2009年05月19日 00:29

インフルがすごいことになっているようですね。
ここまでくると、もう遅かれ早かれかかってしまうような。
でも、メモリアルなときに常にインフルにかかっていた私ですが、
一応抗ってはみようかと思っています。


初の関西以外での結婚式にいってきました。
あり結婚式。

とりあえず、写真を。
はりもさんが待っていそうなので。
http://picasaweb.google.co.jp/nozakishinnichiro/

ただ、枚数は多くありません。
今回はビデオ係をしてきました。
確かに、数十万しますしね。
機材一通りそろえても、全然おつりがきそうな。

基本的に、人の式で仕事をするのは好きです。
なんかその式に対する思い入れができますしね。
そういうわけで、自分のときもいろんな人にいろんなことをしてもらいたいとは思っています。


結婚式は、絶対にその人ぽくなるというのはいつも言いますが、今回も言います。


非常にどこかしこに気遣いがあり、
しめるべきところをちゃんとしめ、
こっそりユーモアをいれていくあたり、
なんともにじみでていたような。

いい式でした。
さすが、という感じ。


ただ、最近、自分に近い人の結婚式が多いせいか、かぶります。
ぼんやりと頭の中で構築していることに、
だいぶ近い感じになってしまってますしねー。
どこかで差別化のためのコア技術が必要です。


大学のつれでは最初の結婚式です。
いろんなところでことごとくかぶってきましたが、先をこされました。
やっぱり、いっしょに苦労をしたつれは、とても大事やなと思います。
離れていても、あったときにすんなり元に戻れるというか。

そういう関係、大事ですねー。
これからも大事にしていこうと思います。


分解能

2009年05月15日 20:35

さて、本を読みました。
が、更新ができていませんでした。

生、死、神秘体験 (講談社文庫)生、死、神秘体験 (講談社文庫)
(2007/05/15)
立花 隆

商品詳細を見る


私の好きな、対談形式です。
タイトル通り、生や死、臨死体験について、
医者、作家、心理学者、などなど様々な人と対談しています。
大学教授もいました。
私、この人の講義を同じようなテーマで受けていましたな。
あのときはうさんくさい感じがしていましたが、
ここでの内容はすごく興味ぶかく感じました。

冒頭にあるように、人間に対しての興味、というところから派生しているように思います。
人間との境界という観点からサル学に入ったり、
人間の生命というところから脳死に入ったりと、
結局は人間とは何かという問いに対して、アプローチし続けているような感じです。

臨死体験については、同作者の『臨死体験』を読んでいたので、
それほど新鮮な印象はありませんでしたが(対談なので、発見も多かったですが)、
脳死の方はあまり読んだことがなく、新鮮でした。


とりあえず、分解能はだいぶ高くなっているようです。
どれぐらいこまかく見れるかということですが。

ただ、逆に、非常に細かく見ていくことで、
「どの段階が」という問いがあまり意味をなさなくなっているような。

我々の直感として離散的なものを受け入れることはあまりないくせに、
そういうところの連続性に関しても受け入れていないように思います。
やっかいですな。

とりあえず、生も死も、人間とその他も、細かく見て言っても
ある明確な境界を見つけるということは、なかなか難しそうです。


ただ、その過渡状態を過ぎると、そこには厳然たる違いがあることもまた事実で。
そこの差というのもいったいどこが違うのかというところです。
わからないことは増えるばかりです。

我々は砂浜で水遊びをしている子供のような存在という誰かの名言もあるように、
いやはや、わからんことばかりですなー。


知っている領域というか面積が増えると、
その境界の長さは長くなってしまうわけで。
知らないことも増えてしまうように思います。

…ちょっと名言ぽいですが、誰かの名言とかぶってますかね。


勝ったよ!

2009年05月11日 23:32

勝ちました!
今期初勝利です。

前2戦よりも格上の相手やったとは思うのですが。
今回も非常に接戦でしんどかったですが、
最後の最後に逆転しました。

2部のときは勝たなあかんという感じでしたが、
今回みたいに勝つか負けるかわからんところを勝つのは気分がよいですねー。
久々に心から嬉しい勝利です。

メンタル的な成長もあると思いますし、
個々が少しずつ息あってきて、自分の役割を果たし始めたてのもあると思います。


個人的には、最近アップをちゃんとすることを徹底してるので、
序盤には満足してます。1Q14点とれば、がんばってると思います。
ただ、トータルでは18点ですし。
ばてすぎ。最後も両足つってしまってて、でれませんでしたしねー。

やはり、理想は自分が活躍して勝つですし、
最後にでていたいというのはあります。
体力今からつくのでしょうか。


鎬兄弟のように、一回の勝利でいろいろ変わればよいと思います。
身体はぼろぼろですが、がんばっていこうと思います。
やるぞー。

メモ・オルタナティブ

2009年05月07日 23:25

GWのことを書くのを忘れていました。
というか、一部しか書いていなかったですな。

今年のGWは、
お金や時間を単に浪費するわけではなく、
いい具合に贅沢な使い方をしました。
密度が高かったように思います。

そういったものを、メモのかわりに、写真にて。
久々なスタイルですか。

http://picasaweb.google.co.jp/nozakishinnichiro/

被もてなし2

2009年05月07日 23:24

ごうまき夫妻にもてなされてきました。
2度目です。
厚顔といいます。

1160345585_142.jpg

1160345585_163.jpg

1160345585_183.jpg

前回もすごいなーと思いましたが、
今回もすごいなーと思いました。

昼からシャンパンでてきましたしね。
優雅な昼下がりでした。

当然ながら、あっというまに時間も過ぎまして、
なんというか、満足して帰りました。


話題は私たちのときはどんな感じになるかというものが多かったですが、
いろいろアドバイスもいただいてきましたし、
直接的な助力も得られそうな雰囲気です。
厚顔です。


すぽっく夫妻に限らず、
身近なところに、たくさんアドバイスを頂ける方がいます。
直接・間接問わず、快く手伝ってくれる人たちもいます。

いやはや、なんとまぁ、めぐまれたことか。
ノウハウの集大成としての、責任感まででてきました。
いい意味で、自分のあとはハードルあがったなーと言われるような、
いい会にしたいと思っています。


引き続きご指導の程、なにそつ、よろしくお願いいたします。

ラグジュアリー

2009年05月05日 11:09

GWみなさんいかがおすごしでしょうか。

最近の休暇は、
昼飲みを覚えたことにより、密度アップを実現していましたが、
この休暇は、飲みを伴わない遊びを覚えることにより、
健全さと密度を両立することができています。

昼から飲んでたことが不健全すぎるのかもですが。
でも、昼飲みは昼飲みで楽しんでいます。
勝ったような気分になります。


さて、飲みを伴わない昼遊びのひとつ。

ラグジュアリーについての展示を見てきました。

洋の東西を問わず、ということで、
西洋、東洋のラグジュアリーを。


西洋。

『ラグジュアリー ファッションの欲望』
http://www.kci.or.jp/exhibitions/luxury/

top_bg.jpg

私の好きな、京都近代美術館の展示。
ラグジュアリー、という言葉をテーマに、
服装というところにスポットをおいての展示。

ファッションショーにいったことがないのでわかりませんが、
少しそういうのに近い?
だいたい200年前ぐらいの服装から、去年の春夏コレクションまで、幅広く。


さて、そもそも、服装におけるラグジュアリーとは?

今回の展示のテーマは、

  権威の表現
  快適性
  斬新さ
  そこに至るまでの時間
  希少性

あたりでした。

貴族たちの服装、最近のかわった服たち、ギャルソン、シャネル、マルタンマルジェラ、
など、そういう視点をちゃんと意識してみると、とても興味深かったです。

私は最近はもっぱら快適性ですな。
気がつけばマーガレットハウエル好きになってしまいました。

Aさんもこういったものに関する欲望が強くて有名ですが、
昨日は我慢していました。
半年をきっていますし、私もがんばって節約していこうと思います。


東洋。

『へうげもの展』
http://hyouge.exblog.jp/10685620/

517-ZmBPupL.jpg

P1010082.jpg

最近好きなまんがの一つ、へうげもの。
擬音語といったらジョジョやったのに、そこにくいこもうとしています。
はにゃぁ、ねろん、ズタッ、つぁっ、など、新しさがあります。

街中を歩いていたら見つけました。
たち吉×へうげもの、ということです。
まぁ、展示と言ってもそれほど量はないのですが。
原画とかもあり、なかなかファンとしてはうれしいところです。

ただ、まだ単行本化されていないところまで展示されていて、
このあとの展開がわかってしまったということはあります。
やや悔しいです。

このころの価値観、非常にかわったものです。
隣の朝鮮、中国の人には全然理解されていません。
日本人の中でも理解できている人は少ないような。

結局、ラグジュアリーとは、万人うけするものではないと。
逆に他人がわからないところにすらラグジュアリーを感じられない人もいるわけで。

そう考えると、自分がどんなところにラグジュアリーを感じるかということは、
自分のコアな部分に直結することなのではないでしょうかね。


ラグジュアリーというと、贅沢とかお金がむだにかかるとか、
ややネガティブな印象をうけてしまいます(特に日本では)。

でも、お金を使うほど、それに対して価値を見出しているということは、
自分を知る上で非常に大事なことなのでしょう。

私のラグジュアリーは、快適性と、つれとの時間、のようです。
大事にしていこうと思います。


ぼひひひひ

がっつく

2009年05月01日 21:24

やはり、私にはミステリーはむいていないようだ ―――


本を読みました。

信長の棺〈上〉 (文春文庫)信長の棺〈上〉 (文春文庫)
(2008/09/03)
加藤 廣

商品詳細を見る

信長の棺〈下〉 (文春文庫)信長の棺〈下〉 (文春文庫)
(2008/09/03)
加藤 廣

商品詳細を見る


本能寺の変で、信長の遺体は見つからなかったわけですが、
はたしてどこへいったのか?という話。

実在の人物が主人公となっているミステリーてのは、
なかなか珍しいように思います。
「この物語はフィクション」ではないわけですし。

まぁフィクションではあるのですが、
まったく嘘とはいいきれないというところがよいですね。
司馬遼太郎も遠藤周作も、フィクションです。
ただ、真実味があると。

この本も、なかなか刺激的でした。
国盗り物語のイメージが強いので、
どうしても明智光秀をもう少しプラスにとってしまうのですが、
こういう感じもまたひとつありかと思います。


主人公は太田牛一という人で、信長公記を書いた人です。
高齢でこういう活動力をもっているはすごいですねー。
筆者も結構な年齢になってから作家活動にはいってますし、
自分と重ね合わせているのかもしれませんな。

信長公記に、書き加えられなかった話という感じです。
異聞です。
この話自体も異聞というわけですな。

視点が変わり、とても新鮮に読めました。
いやはや、まだまだ歴史ものは楽しめそうです。


さて、ミステリーが私にむいていないという理由。

ひとつは、ネタばれができないというところです。
ある程度備忘録的にかいているところがあるので、
最も感動するべき謎解き部分を書くことができないことは、
ややもどかしいです。

もうひとつは、先が気になるということです。
これがメインです。
昨日一日これを読んでしまいました。
少し読み始めていたとはいえ、一日で一冊半読み切ってしまうのは、
少しもったいな気がします。

ぺろりでしたなー。
欲求にまかせておいしいものをいっきに食べ終わったような気分です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。