スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々でした

2007年05月31日 20:14

今日の研修はえらくのんびりしておりました。
来週は少し配属先にて何かしらしていくようですが、
嵐の前の静けさという感じなのでしょうか。

今日は、今週初の休肝日。
車系で何かしらできるチャンスです。
とりあえずは立ち読みですかね!


さて、本を読みました。
王の挽歌〈上巻〉 王の挽歌〈上巻〉
遠藤 周作 (1995/12)
新潮社

この商品の詳細を見る
王の挽歌〈下巻〉 王の挽歌〈下巻〉
遠藤 周作 (1995/12)
新潮社

この商品の詳細を見る


久々の遠藤周作。
でも、歴史小説は初めてにちかいような。
『侍』ぐらいですかね、他には。

主人公は大友宗麟です。いわゆるキリシタン大名というものです。

教科書的には、キリシタン大名という一文か、
ええとこで南蛮貿易のためにやってたとか、その程度。

「日本ではキリスト教は根づかないのではないか」
「あつくもなくつめたくもなく、ただ生ぬるい」
など、遠藤周作的なキーワードはたくさんあるのですが、
ちゃんとした歴史小説で、めちゃはいりこんでしまいました。


非常に、よくわかります。

あいかわらずのだめクリスチャンですが、
それだからこそ、
大友宗麟や遠藤周作の悩みがよくわかります。

キリスト教を心底信じられる人へのあこがれと
そこにいたらない自分への自己嫌悪、
自分への暗い自信とその一方での自己否定、
などなど、自分が一番わからんという状態へどんどんいってしまう感じ。


一度会ったフランシスコ・ザビエルに大友宗麟は何かしらの痕跡を残され、
その姿がキリストと重なり、大きく宗麟に影響します。

大友宗麟はザビエルに対して憧れをいだいていたという話ですが、
遠藤周作は大友宗麟に対して憧れをいだいているのかもしれません。

宗麟は神道の権力をバックに持つ妻を離縁し、
「そのことに何の後悔をもしなかった」のですが、
遠藤周作はその妻の弱々しい面をそこで書いています。
そこが、宗麟と遠藤周作のその時点での境目であったような。

その後、後悔がないために宗麟はキリスト教へとはいっていき安息を得るのですが、
遠藤周作自身ははまだそのように捨てられないと感じたのではないですかねー。

世俗への愛情と宗教的な安息が果たして矛盾するのかしないのか。
難しいところです。


万人にむけて薦めるような本ではないと思いますが、
今までの人生でどっかでキリスト教に触れた人には、
何かしらの痕跡が残っているはずで、
そういう人には何かインパクトを改めて与えるものとなるかもしれません。

長くなってしまった。
スポンサーサイト

かすい

2007年05月31日 00:09

座学は、みなさん寝すぎです。過睡です。
私は比較的プロセスの話は興味深いと思いました。

では、火曜と水曜のことを。


火曜日はまさかの学会発表。

夜の高分子学会に参加するべく、とりあえず会場へ。
ま○しーに会うという奇跡と、
Sだきが受付してるという奇跡にあいました。

そして、何よりも、ポスタープレゼンを後半半分ぐらいしてしまいました。
まぁ、学生生活という軌跡の最後と思えばまぁよいのか。
意外と覚えていました。

聞くと結構興味を持って聞いてくれていた人もいたみたいで、
嬉しくなりました。

夜はまぁあいかわらず、飲んでしまいまして。


水曜は、arataの送別会。
まぁ、まだ会うようですがね。
今日はほしゅも来たし、ほんまよかったです。

梅田のBEER COMPANYて店にいきました。
世界のビールが飲めました。いずれ、飲みつくします。

今日は5班は8人きました。
楽しかったですね。
進路がどんどん離れていくのは、少しさみしくもありますが、
刺激にはなります。

隣にいたリコさんとよくしゃべったのですが、
いろいろなものに対するアプローチが私と違う事も多く、
新鮮な考え方をたくさん得たような。よろしいですな。

そして、どっかでめちゃかぶったりもするのです。
それもあつい。

あとは、人間関係がだんだんネットワークになってきてますな。
いろんなところでつながります。
よいことです。


飲みは人間関係を維持するため!
…と信じています。

配属のご報告

2007年05月28日 23:21

飲んでいる間に、いろいろ訃報があったようですね。
びっくりしました。
これが与える影響てのはちょっとわからんのですが、
また明日酔いが覚めれば多少は考えられるのでしょうか。


なぜ酔っているのか、それは送別会をしたからです。


本日、配属式。


私の配属は、

「長岡京」

ということになりました。
まずは、ご報告ということで。

情報セキュリティてのはよくわかっていないので、
あまり多くは書かないことにしておきます。
4回にやってたことに近そうです。光るぜ!

どうやらいきなり事業化とかいう雰囲気でもなさそうなので、
しばらくはこっちにいそうです。
みなさん、よろしくお願いします。
飲んでくださいませ。


とりあえず、インパクトは大きかったです。
オーラって、ありますわ。
みなさん、非常に優秀な匂いがぷんぷんしました。
ついていけるのか…。

でも、こまかいことはかきませんが、
モチベーションはあがってきました。

やるぞやるぞやるぞ。

得意技の負けず嫌い感がでてきました。
なんとか、ここで一目おかれる存在になりたいものですな。
がんばりますか!


まぁまずは関西であることにほっとしております。
またみなさん、遊んでくださいませ。

やや文化的

2007年05月27日 23:59

昼暑く、夜寒いですね。
この2ヶ月、確かに規則正しい生活をしておりますが、
全く体調を崩す気配がないのが逆に不安です。
まぁ、健康的なのかしら。週に3回バスケしてますし。


本日は、福田平八郎展というものに行ってきました。
flyer354Arecto.jpg


福田平八郎、私は全く知らなかったのですが、
フライヤーを見たとき、色づかいが興味深いと思ったので。
最近あまりいけてなかったので、いい機会でした。

当初の目的は写真にもある、ビビッドな色をいっぱいつかったもの。
ちょっと前の日本人にしては変わった色づかいしているなと。
ただ、閉館時間が近くなり、がっつり見れませんでした。無念。

画風的には日本画ぽいものから洋画ぽい感じ。
で、一貫して、写実にこだわっているそうです。
日本風のものに時間をとってしまったのですが、めちゃよかったです。

特によかったのは以下の点。

一つは、繊細さと、色づかい。
輪郭がはっきりしているものが多かったです。
で、その一部にのみものすごく鮮やかな色を。
朝顔の花の部分だけとか、なすびの紫とか。

さらに、ほとんどの輪郭がはっきりしている中で、
一箇所だけぼやかしたりしてます。これがよかった。
草につもった雪や、水の中にいる鯉とか、よかったです。

ところで魚の絵て、結構日本独特ですか?
あまり他で見ないような。


もう一つよかったのは、連想させるような作品です。
瓦の絵に、『雨』とタイトルがあったのが非常によかったですね。
この写真の絵と、全体的に青味がかったのがセットでありましたが、
それだけで雨が降っているのがイメージできるのです。
113.jpg


他にも、幹だけの『桜』とか、新鮮でした。
こんな風に桜を書いているのはかなり珍しいような。


こういうのが平日にいけたらよいのですけどねー。
ふーむ。


あと、夜はESSENという店にいきました。
箸で食べるフランス料理。
気取らない感じで、大変おいしくいただきました。

マイマップに追加させていただきましたよ。

このマイマップ、じわじわ参加してくれているみたいです。

CMRのコミュニティ、『今夜もイート・イット

ノブアキさんのテリトリー、下北沢


やったら教えてくださいませ!

まえだおし

2007年05月27日 00:04

前の月曜火曜あたりは土曜雨という予報でしたが。
まえだおしの結果、本日は晴れでした。
いやー、よかったです。

昔の自分に、心配する事ないと言ってやりたいものです。

本日はMッシュのバスケをお休みして、五班でBBQ。
肉をね、むさぼってきましたよ。
野菜はね、大量に余りましたよ。

集まるたびに、誰かは何かしら祝うことになるような。
今回は、コンコンでした。
烈海王のまねをしてろうそくを消すあたり、アウトローです。
きさまは中国武術をなめたッッ

そういうわけで、誕生日祝いをしたり、
チューターの娘さんのなぞなぞに苦しんだり、
なかなか平和な一日を過ごせました。
CIMG5802.jpg

CIMG5816.jpg


その後、残った3人で仁左衛門の湯へ。
Uたくは車で、私とEちゃんは電車です。
そして、桂からはタクシー。
給料日翌日ですかといわれました。ばれた!

やはりBBQ後の湯は最高ですな。最高。
話しながらのんびりはいってたせいか、
めちゃ長くはいりました。きもちよすぎ。


Aらたが品川へいくことを今日知ったので、
ネクスト水曜日にはまた送別会です。
火曜日は夜の高分子学会に参加しようと思ってますし、
金曜はきっといつものがあるのでしょう。
給料がでたとたん、飲んでばかりですな。うへー。


ちなみに、今日の写真です。

恒例行事

2007年05月25日 22:57

毎週恒例のべろべろです。
べろべろー。

本日、一応導入研修なるものが終了しました。
でも、来週からまた研修です。
ソフトウェアだそうです。その前にまた座学です。
多い!

べろべろー。

今日は、比較的ましやとおもってたのですが。
どうも、またいつものような感じです。
とりあえず、3桁を1週間耐えたことが次につながります。


実は、少しさみしいのです。
この同期たち、じわじわ離れ離れになるのですな。
むちゃぶり、いらんことしぃが大変多いですが、
非常にいいやつばかりです。

またきたよ!
さみしさが、またきたよ!
べろべろー。


べろべろです。
こんなのをまた来週以降も続けていきましょうかね。
半導体だけでなく、どんどん拡げていきたいものです。

今、テレビでは紅の豚のエンディングが。
無駄にせつないですな。
無駄や!


べろべろー。
べがkghq「0りゅ「qrう

あとちょっと

2007年05月24日 23:38

いやはや、こんなにも給料日が待ち遠しいとは。
奇跡の三桁突入後の一週間、さすがに少し疲れました。

ただ、もう二度とこんな惨めな思いはしたくないので、
給料でたからといってぱーっとつかうのはやめておこうと思います。
とりあえず、少しかたまった状態にしたいですしねぇ。


さて、今、保険やら貯蓄やらについて考えています。
明日提出なもので。
もっとはよ考えるべきでしたな。

お金は使うものという感覚はありますので、
むやみやたらに貯金てのも違う気がします。
むー。
でも、大きな買い物もちょいちょいでてくるでしょうし。
むー。

人生ってなんでしょうね。
究極的に我々は
「ここはどこ、わたしはだれ」
を求めていくのだとかなんとか。

個人的には普遍的である必要はないと思ってますし、
どこかで自分の中で確信になる何かができればええなと思っています。


何の話をしてるのだか。


というわけで、今日も店が増えました。
ぜひどうぞ。誰かいっしょにいきましょう。
他にも誰かやってくれんかなー。

京都うまいもんマップ

G

2007年05月23日 23:41

本日は研修後、バスケへ。
研修ではワキ汗キャラになりそうで困っています。
バスケは、やはりレベルが高い。
いつもならリバウンドとれるタイミングでとれず、
いつもなら走らないところで走られます。
なかなか、いい刺激。

2時間やし、疲れきることもなく、悪くない。
常にこのレベルではできるようにしたいものですな。


さて、最近Googleをよく見ています。
結構面白いですねー。


知らなかったものがたくさんありますな。
一つは、Googleトランジット


これの他との違いは、目的地が駅に限らないことです。
例えば、清水寺までとか。大丸京都店までとか。

しかも、地図が同時に呈示されますし。
初に行く場所とか、めちゃわかりやすいのでは。


もう一つは、Googleマップ。

こちらは特に新しいものではないですが、
新しい機能がついてました。
マイマップというものです。

自分で地図にどんどん目印、メモをつけられるわけです。
しかも、とうろくするとGoogleアースでも見れるそうで。
おもしろそう。

とりあえず、個人情報は載せれないですが、
ある程度非公開にしてすることは可能なようで。

うまいもんマップとか、つくりたいですね。
というか、つくりはじめました。
これです。

まずは地元からということで。
ぼちぼち今まで行った店を載せていこうと思います。


引き続きGoogleウェブアルバムも応募しておりますよ!
私のウェブアルバムからいけますんで。



よろしくどうぞー。

不死や

2007年05月22日 22:35

ウェブアルバム、更新しました。
http://picasaweb.google.co.jp/nozakishinnichiro/

どうやら、アルバムもってるものどうしやとmixi的にできるようです。
更新情報に加えて、コメントもできるそうな。
これ、おもろいんちゃいますか!
誰かやってくれんかなー。

キャプションはもう少し改善の余地ありですね。
もう少し気のきいた一言をかけるようがんばります。


さて、不二家のことですが。

不二家製品の販売、問題発覚前の8割超に回復
というような感じで、減ってはいるものの、改善しているそうです。
今だけやとは思いますが、
再開後の売り上げの方が多いところもあるそうな。

潰れるんちゃうかとすら思ったのですがねー。
まさに不死や、というわけですね。

あたりまえですが、信頼というものがこれからもっと大事になりそうです。
情報伝達手段が多様化してますし。
隠しきれることはかなり少なくなるのでしょう。

信頼を失うのは一瞬、てよく教えられています。
一回の失敗で全て終わりやと。

確かにそうでしょうし、そう教えるべきやと思いますが、
一度のミスで全て終わりになるわけでは必ずしもないと、
この不二家のニュースは言っているような。


絶対に信頼を失うようなことをしないことを目指すと同時に、
たとえそうしたとしても再び信頼を得るように努力する事も、
きっと重要なのでしょうねー。

あかん理由でなく打開の方法を考えろ、とはよく言ったもので。
プラスなことに脳みそを使いたいものです。


どうも、所感とかがあるせいか、無難な結論が待ってますな、最近。
とりあえず、ウェブアルバムをみんなやってください。

朝から

2007年05月22日 20:44

朝から更新です。

昨日はまさかのビアガーデン。
やはり飲み放題食べ放題は両立せず、
おなかが意味がわからないほどふくれました。

とりあえず、DDの輩はやっかいです。やっかい。
でも、楽しく飲んだような。
ムタさんのテンションは、今までに経験したことのないものでした。
おそるべし。というか、ほんまにこわい。


そういうわけで、昨日宣伝しようとしてたのを忘れてたのです。

宣伝したかったのは、googleのウェブアルバム。
picasaweblogo-ja.gif


flickerでしたっけ。
スペルあってるか知りませんが、写真を共有するというもの。
さらにコメントとかもできるとかなんとか。

これが、google提供のpicasaというソフトでもできるのです。
これをみんなでしたいと。

これのおもしろい・便利なところですが、

・簡単
gmailもってたらすぐできます。なくてもすぐできます。
アップロードもボタン一つ。

・きれい
googleのソフトって、こじゃれている感じが。

・大容量
1GBです。

・そもそもpicasaが使いやすい

・アルバムごとダウンロード可

・友人が更新したときに知れる

他にも多々あるようですが、とりあえず。
私もじわじわやっていこうと思います。
ぜひやってほしいですねー。

で、したら教えてください。

googleのウェブアルバムの説明サイト

私のウェブアルバム

ぜひ!

明日から

2007年05月22日 20:43

明日からまた研修です。
今日はバスケ。
いろいろいらだつこともありましたが、
最終的にご飯屋での楽しい話で全て解消したような。


さて、昨日は明日香へ行ってきました。
昨日なのに明日。まぁどうでもええですね。

明日香をなめていました。
いろいろ楽しめるようです。
CIMG5752.jpg

CIMG5766.jpg

CIMG5777.jpg

歴史関係に興味がないとなかなか厳しいのかもしれませんが、
自然はどこか懐かしさを伴っており、
歴史館的なところは昔よりもはるかに楽しめました。
ネコと戯れました。
自然を堪能しました。
渋滞はそれなりにありました。
石舞台古墳にははいれませんでした。
高松塚は解体中でした。

もっと勉強してからいきたいものですなー。

メインは、キトラ古墳の玄武です。
90分待ちにもめげず、見てきました。

1400年近く前のものが目の前にあるというのは、
やはり改めてすごいことなのでしょう。
その玄武だけでなく、そういうのにまつわる話は興味深いです。
文化が伝承していくって、面白い。
歴史はやはり好きです。


食べ物的にはとくに何も手に入れてないですな。
夜はミートドリアにえびがはいっていて、
無駄に取り乱しておりました。
えびが肉INですよ、ほんまに。


まぁそういうわけで、そろそろ寝ましょうかね。
おやすみなさいませ。

今日も

2007年05月18日 21:47

べろべろですよー。

もうわかってきました。
とりあえず、みなさんあほやと。
トイレにいくのをためらう飲み会とか、他にないですよ。
なんじゃこりゃ。

アイスをおごってもらったSけちゃん、
帰りにまたぐだぐだな話に付き合わせたイッチー、
すいません。ありがとうさん。

とりあえず、毎週のテスト→飲み会てのは習慣になりそうですね。
来週は給料日です。
とりあえず、今日で先月の給料は使い果たしました。


まぁ、よくわからないタイミングでHまちゃんにはほめられるし、
なかなかよくわからない飲み会でした。
ただ言えるのは、Dはみんなやっかいということと、
楽しんだということです。

今日は記憶がないとかはないはずです。
べろべろー

しばし

2007年05月17日 19:47

傘を買うと雨がやむ。
それは今日も如実に現れました。

駅に向かう道のりはくもり。
午後から病むという予報もありましたので、
まぁこのまま病むだろうというのが自然な成り行きかと。

で、いざ京都を出ると、大雨。

駅前のコンビニには長蛇の列。皆さん傘を買うようで。
遅刻は困るので、少し離れたFマートへダッシュ。
びしょぬれになるも400円で傘を奪取しました。

…以上です。
予報よりはやく病みました。


さて、暗黒物質が観測されただとか、
ハエは入力・出力があるだけの装置では「ない」とか、
私の理解を超えているニュースが今日も流れています。
到底理解できない犯罪や、到底理解できない不祥事も。

人間に与えられている有限の時間からは、
あまりにも知識の対象は多いのですよねー。
それが、とても、無念です。


信仰は、「わからない」ことをそうであるとすることだそうです。
「わかっている」ことをそうであるとすることは信仰ではありません。
ただの理解です。

では、「いずれわかる」ことをそうであるとすることは、
どうなるのかという話しになるのですが、
それをそうであるとしても、それは理解なのではないかと。

私は人間には最終的に何らかの信仰が必要やと思っているのですが、
そしてそれは宗教とかそんなくくりでどうやとかではないのですが、
そこに至るまでにはもっともっと知ってからではいけないのではと。

知れることを知れるだけ知って、
当然それは本の中の知識だけでなく経験も含められて、
そういった先に、何か見えるのではないかと、信じています。


今ははっきりいってどうしようもないですな。
今日もあっさりと時間が過ぎていきました。

そういうわけで、しばらく脳にこだわらず、
もう少し幅広くいろんなことに興味を持ち、
素人なりにも知ろうと思い、
何かしらを解明するという気持ちをこめて、改名します。


ま、気が向けば元に戻っているとは思いますが。
研修中せっかく時間があるので、仕事に役立つ事でもええですが、
しばし幅広くいろんなことに興味を示そうと思います。
司馬氏ばかりに偏らないように、ちょっと意識していきましょう。

そういうわけで、いろいろ教えて下さいませ。飲みながらでも。

比較的長い本を読んだので、当然のように文章が長くなりました

2007年05月15日 21:02

今日も計算問題を解いていましたよ。
学部の頃はあまりまめにグラフを書くような授業ではなかったので
―K野先生の授業だったために― グラフを書いてみるというのは新鮮です。
まぁ、本来なら自分でするべき復習を業務時間内にできて、
さらにお金ももらえるのであれば、喜ぶべきなのですな。

せっかく時間があるので、何かしら有意義な使い方をしたいですね。
その一つと思っているのが、読書。

とりあえず、薦められていましたし、
我が社の経営方針にも多大な影響を与えているという噂のやつを読んでみました。
ポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるか ポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるか
P.F. ドラッカー (1993/07)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る


いやはや、仮に夢物語としてもここまでかけばすごいです。
そして、これは、夢物語ではありません。

というような、いわんや~をや的な文章が多かったです。
内容は、ほんまに多岐にわたっています。
自分が今、大きな変化の中にいるということを知りました。

言うてもこの本、15年前ぐらいに出ています。
それにしては、今にあてはまることも多くありますし、
そういう点で説得力かなりあるような。

内容は少し、これからはこうなる的な断言が多く、
その理由は十分理解できていないように思います。


ただ、私達は、既に変化を経た側なのかもしれません。
むしろそれまでの社会や経済について、何も知らなかったと思わされました。

生産性、組織、政治、社会のグローバル化と部族主義の同時進行、
ボランティアというものの新たな位置づけ、教育の根本的変化、
などなど、ほんまにたくさんありました。


そして、それらを結びつけるキーワードとして、知識があります。
専門知識とそれを伝える能力、そしてそれを成果へとつなげることが、
これから重要になるのだそうな。

教育の根本的な変化と先に言いましたが、
それは、今までは社会に出るまでの準備としての位置づけが強かったものが、
これからは継続して教育を受け続けることが必要不可欠になるのだそうな。

確かに、技術の陳腐化とかも問題として言われてますし、
これからはほんまに次から次へと知識は蓄積し続けなければならないのでしょう。
非常にチャレンジングですが、多少わくわくしますね。
つまり、常に新しいことを知り続けるわけで。

幸福感はなんらかの微分値で決まるように思いますが、
知的好奇心を満足させ続けるというのは、常にその微分値が正ということですし。
それはきっと幸せなのでしょう。しんどいとは思いますが。


専門性を深める事と、幅広い領域のことを知っておくことは大事やと思っています。
ドラッカーさんは博学は必要ないと言っておられますが。
体系的に理解できない事は知る必要がないのだそうな。

いろんな雑学を、もう少しだけお互い関連づけて知っていければと思います。
がんばりましょうかねー。


非常に会社の経営方針が影響をうけてそうなのと、
そもそも似ている部分があるような気もしますので、
また機会があればこの人の作品をいくつか読んでいこうかと思います。
持っている人は、貸してくださいませ。

散財

2007年05月14日 19:27

まぁ何一つ後悔をしておりませんが、お金がなくなりました。
桁が一つ、さがりました。
そういうわけで、あと2週おとなしくしておきます。

基本的に、無駄遣いしたという感覚がありません。
必要なものと交換しただけです。


まぁ、いろんな使い方があるのですよね。

匿名男性、荒れ地を時価総額20億円の植物園に変えて寄付
こんなニュースもありましたし。
ちょっと見てみると、いわくはあるようですが、
それでも寄付した人はあつい感じがします。

単純に、粋な使い方やと思います。
私にはマネーできません。


かたや、こんな感じのニュースも。

“仕事を辞め、大散財”
余命1年と告げられた男性、誤診で無一文に…イギリス


使い果たしてみたら、嘘やったと。
一応、よかったのでしょう。

でもまぁ、健康が命より大事な人もいますし、
お金が命より大事な人もいますしね。
いい意味で、命より大事なものもっている人もいますし。
実際どうなのでしょうね。

命が惜しくない、というものに出会いたいです。
今は未だ、そういったものを見出しきっていないような。


ここで、いくつか格言を。

『金は肥料のようなものだ。
ばらまけば役に立つが、一ヶ所に積んでおくとひどい臭いがしてくる。』

『お金――手放すとき以外、何の役にも立たぬ恩恵物。』


そういうわけで、使っていこうかと思います。
まぁ確かに、粋な使い方をしたいですな。

おごるとか、したいんですよ、ほんマニー。

ふたつ

2007年05月12日 10:38

昨日、私はミクシーを更新していたのですね。
覚えているような覚えていないような。
「レベルは要求されていません」という言葉の意味がわかりません。

昨日はまたセミコン社のポテンシャルを知りました。
空乏層を越えた注入は、かなりよかったです。
空乏層付近にいた悪魔も、キャリアをたくさん生成してくれました。
みんな元気ですなー。私はもう、地味キャラで生きていきます。

終盤の記憶が量子化されています。
2次会の途中で帰ったことや、
高槻駅でS明社の4人にあったこと、
マネケンを買ったことなどは覚えています。

ただ、いつマネケンを食べたとか、
いつミクシーを更新したのかとかの記憶はあんまないですね。
どこへいったのやら。


でも、アウトプットはある程度しっかりしてるそうなのですよねぇ。
あつにも言ったかもしれませんが。
二重人格なのではないかと思ったりします。
餓狼伝で餓狼がでてくるみたいな、よく言うとそんな感じですか。
352170-2.gif


さて、家に帰ってみると、EETIMESが送られてきてました。

以前に紹介したかとは思うのですが、
無料で日経エレクトロニクス的な雑誌が送られてくるやつです。

読者をエレクトロニクス技術者に限定する事で
効率的な広告ができるようになり、
その広告収入で無料になるようです。

ホットペッパーみたいなものですか。
まぁ、うまいことやってるなと思います。
ふたつのニーズをうまく組み合わせて、自分まで得してますからね。
一石三鳥ですな。

確かに、広告は多くて、特集も少し宣伝チックではあるのですが、
逆に結構最先端の技術動向をみれるのではとも思います。

とりあえず、セミコン社のみなさんは読んで損はせんのでは。
http://www.eetimes.jp/
eetjonline.gif

やはり

2007年05月12日 10:35

セミコン社はやばいです。
飲みキャラが次から次へと増えていきます。
これを、アバランシェ降伏と言うのですな。
危険や!

今日のテストは、まぁええでしょう。
レベルは要求されていません。

これ、携帯で初の更新ですな。
べろべろー

テストまで

2007年05月10日 21:35

とりあえず、明日テストやというのに、阪神戦みてしまいました。
接戦てのがいたかったですな。
そもそもテストて。
ちなみに出来が悪いと呼び出しもありうるそうですよ。


さて、最近そういう半導体系の勉強をしているせいか、
世の中のものが半導体的に見えてしまいます。

行き帰りでも、例えばのぼりのエスカレーターを見ると、
ドリフトする電子を思い出してしまいます。
階段を逆送する少数キャリアにいらいらします。


そういう風に見えることは、定性的理解を意味していると思うので、
悪い事ではないと思っています。
ただ、度が過ぎるように思います。

明日はきっと私のテンションも反転状態になりそうです。
外部からのエネルギー供給が結構ありそうですしね。
しかもまわりに飲む輩がやたらといやがるので、
一度流入状態になると、来たビールは全てそこで消費してしまいます。
拡散してほしい…


ちなみに、ミクシーに絵文字機能がついてますね。
昨日はなかったのに、機能があるというのも変な話です

長いめ

2007年05月09日 23:54

今朝書いた2行の文に、コメントが3つもありました。
コストパフォーマンス的に考えると、凄いではないですか。

でも、きっとこれに味をしめて短い文ばかりではだめなのですよね。
短期的なものばかりを追い求めていては、
長期的な目標を達成することはできないと、
今読んでいる本にも書いてあるような気がします。

まぁ、コメントをもらうことが目的ではないですからね。
コメントをもらうことが目的ではありません。
コメントしてください。


本日はAんちゃんの送別会。
一応福井に帰ってしまうということで。
まだであって1ヶ月なのですが、さみしいものですな。

飲み自体はコンコンの独り舞台でした。
白目ネタ、ウコンネタ、会長ネタ、旅ネタ、
引き出し多かったですね。すばらしや。
今日も楽しかったです。

ただ、最近少し忙しくなりはじめましたかね。
参加率はあまり高くありませんでした。
次回は休日にバーベキュー的なことでもしたいなと。

とりあえず、給料日以降ですかね。

だめだ

2007年05月09日 06:47

昨日は10時前に寝てしまったようです。
なにをやっているのだか。

久々に

2007年05月07日 19:57

選抜に漏れたという話。
心境的にはこの漫画みたいな感じですね。
バキピース、つまり、グラップラー刃牙+ワンピースです。
こんな窮地を俺はまっていたっっ


さて、健康的な日々が始まりました。
休みの方が健康的というのも、今だけナノでしょうか。

休みの間、あまりニュースを確認してませんでした。
いろいろあったのですね。
私はマブスが1回戦敗退したことにびっくりしてますが。
バロン・デイビスはとんでもないですな!

ニュースに関して、日経新聞あたりをとろうか迷っているのですが、
みなさんはどうなのでしょう。ネットで十分ナノですかね。
どの程度を知っている事が求められているのでしょうかねー。


また面白いニュースがありました。

IBMがLSIの配線間を空気穴で絶縁する技術を開発,
2009年にサーバー向けから適用


自己整合という手法を使って、20nm程度の空孔をつくるそうです。
これでムーアの法則が2世代ぐらい進んだことに相当するそうな。
すごいですやん。

自己整合は、一般的には先に作った配線などのパターンを利用して、
マスクとかの位置あわせを不要にするとからしいですが、
どうつながってくるのでしょう。
いろいろわからないことがあるので、詳細知りたいです。

半導体業界はコスト意識が低いのだそうな。
値段設定だけでも業界全体で数千億は損していると、
そんな話もありました。


いろんなことを、知的好奇心の充足よりちょっと上まで
知っておけたらええなと思うわけです。知りたい欲あります。
身体的にも肉体的にも、今鍛えられるチャンスかと。
今のうちにしかできんことをたくさんしたいと思います。

またいろんな面白い話をお聞かせくださいませ。
ぜひぜひ。ほんまに。

11回目

2007年05月06日 21:32

さっきのでGW最後かと思っていたのですが、
意外にももう結果がでてしまいまして。

セレクション、漏れてしまいました。

個人的には引き続き身体のきれもあり、
プレイ自体も結構ええかなと思ってたのですが。

これまでは逆に、こんなんで選ばれてええのかいなと思ってたのですが、
選ばれるかなと思ったときは無理なのですよねぇ。
そんなもんですかね。

確かに、少し調子がよかったので、必死感がなかったのかもです。
あんまり今疲れてませんし、ハリーバックとかそういうのが
できてなかったといえばそんな気もします。
やはり、バスケに必要なのは気持ちでしたか。


まぁ、これで腐るのは誰でもできるので、
来年また復帰できるように、がんばっていこうかと思います。
でも来年か…。できるかしら。
練習以外でも筋トレとかしなあきませんね。


そういうわけで、ヒラ社会人リーグ員になってしまいました。
謙虚にがんばり続けます。
まぁ根っからの負けず嫌いなので、どうせがんばるんですが。
うがー
どんだけー

総括

2007年05月06日 15:58

さて、終わりですね。
楽しませていただきました。

9連休のうち、
初日と最終日以外の7日お酒を飲み、
4日バスケをして、
本を1冊、映画を2本見れました。
ちなみにミクシーはこれで10回目の更新です。
平均一日一回こえてるし…。

まぁ、満足です。


とりあえず、明日からは平凡に生活します。
ほんまに、金銭的に破綻の危機です。
数えてみると、給料が出てから今日で13日なのですが、
そのうちの10日を飲んでいるそうです。



あほや!


そういうわけで、次回給与まで飲みは週1回までということで。
例外は、あるかもしれません。もしかすると。

何はともあれ、遊んでくださった方々、ありがとうさんでした。
またどうぞよろしくおねがいします。


さて、とりあえずじわじわと戻していこうということで、
テックオンとかを眺めています。

【MEDC 2007】“Connected Experience”がデジタル家電に求められる

ユーザー登録いるかもですが、上のようなニュースがありました。
あほな私には理解しきっていないのですが、
これからのデジタル家電には、家電間がつながる事が重要という話で、
そのプラットフォームにMicrosoftのものが使えるのではという感じです。

中央管理のようなものがデジタル家電間の
ネットワークに求められているのかどうか、
その辺が難しいようにおもうのですが。

我々はどういうスタンスでやっていくのでしょうね。


今夜は選抜のセレクションです。
最近身体的にはきれが戻ってはいるのですが。
さてさて、社会人になり、残れるのかどうか。
がんばってきます。

I ラブ しゅー 2

2007年05月05日 10:07

さて、次は4日の話。

4日はBBQと同期飲み。

昼は毎年恒例のバスケ部BBQでした。
昨年度はえらくあれやったので、
今年はそれなりに大人しくやったような。

まぁ、7年経ってもこれだけ集まるのがあついですね。
まったく、どんだけ仲がええんだ。
どんだけー

私はあまりの天気のよさに昼寝をしてしまいました。
いびきもかいていたそうで、熟睡です。
昨日は完璧に近い天気でしたしね。
でも、どんだけ疲れてるねんという感じです。
どんだけー

私の寝ている間にTくらの結婚発表もあったそうで。
くやし。

その後、YJを探しにクレープ屋へ。
この休み中、どんだけ行ってるんだというほど行ってます。
どんだけー

クレープを10人ぐらいで貪った後、
私のみ一人O阪へ。
当然、行きの阪急でも熟睡でした。


大阪では、Uたくを囲む会を。
えいちゃん、arata、組長と私、そしてUたく。

店を予約してなかったので、そこでもroveを。
あえて、飲み屋街の逆へいきました。
皆の不安がどんだけ高まっているのかも考えず、放浪。
どんだけー

でも、私は嗅覚あるようです。
昨日の店もあたり!
きのえ、というくつろぎ居酒屋でした。
大阪らしい、非常に居酒屋的な居酒屋。

arataはじめ、ぬるぬるに夢中でした。
というと若干やらしくも感じますが、夢中でした。
ご飯にどんだけあうねん、という感じ。
どんだけー

おくら、やまいも、温泉たまごをしょうゆとわさびで。
そしてそれを白ご飯にのせました。うますぎ。
これやったら、ぬるぬる丼としてやってくだけでもなりたちそうです。
丼だけー

まぁ、昨日も楽しかったですよ。
2週間しかいなかったにも関わらず、旧知の仲ですね。
窮地をともに過ごせば、時間は関係ないのでしょう。

あと、盆に旅行するらしいですよ。
5班のみなさん、準備しといてくださいよ。


その後、再びマイタウン、京都へ。
先輩の誕生日を祝うためでした。

ただ、メインの方々は帰ってしまっていました。
遅くにきたなぉさんがビールを飲みたがりまくってましたが、
残ったメンバーでラーメンを食べて、帰宅。
なぉさん、すまないです。次、平日に飲もや。

帰りは飯さんとそれなりにまじめな話を。
それもまた、よいですね。お互い年をとったものです。


本日バスケと酒を楽しみ、GWはおよそ終了です。
日曜は平素と変わらない感じ、のはず。

どんだけバスケをし、
どんだけお酒を飲み、
どんだけしゃべり、
どんだけお金をつかい、
どんだけ多くの人にあったのでしょう。

楽しかった!

どんだけー

I ラブ しゅー 1

2007年05月05日 10:06

ラブといっても、roveです。
意味は、放浪するとかふらふらするとかです。
こういう英語版のだじゃれもうまく使いたいですね。
世界のDajareにむけてがんばろうと思います。


さて、二日間、ふらふらしました。

3日はバスケと飲み。

論文も一応それなりに終え、その後に五条へ。
K月ともいっしょにできました。あつい。
身体のきれは戻ってますが、プレイはぐだってます。
体力がなく、特に上半身の力がないのです。

その後、電電のメンバーを祝いに街へ。
参加者は在校生卒業生ともに4。
これを多いとみるか少ないとみるか。
二日連続のいっきゅうさんでした。ビバ焼きそば!

まぁ、ほんまはかっこつけたかったのですが、
個人的には微妙なかっこつけかたでした。
次こそは、もっと派手に。
在校生の参加率が高く卒業生の参加率が低いのでねー。

その後、N出から℡。
第一声が「飲んでるんやろ」でした。その通り。
呼び出されて行ってみると、予備校の同窓会をしたいそうで。
その名簿を作る、という目的でした。

旧かんぶり(2000年度?)の面々へ。
8月12日にするそうですよ。

名簿をつくり、ひとぐだりした後に再び電電メンツと合流。
1時間ちょい離れていたそうです。クンパルシータという純喫茶へ。
なんと、まだコーヒーがきてませんでした。
その後待つ事1時間、ようやく。

なんじゃそりゃ。
不思議な店でした。
レコードのようなものがぶつぶつきれたりしてました。
不思議な空間でした。

その後、K月を家に連れて帰り、即寝。
研修よりも毎日疲れているのはなぜでしょう。


むー、また長くなってしまった。
これも二つに分けようと思います。

でたよ

2007年05月03日 14:17

久しぶりにでてきました。
執筆欲。
あいもかわらずぐだぐだと書きたい欲がでてきました。
本日2時にして3つ目。けがです。

きっかけは、産業論文。
4000字でかけといわれてもという感じやったのですが、
おなじことを二度も三度も書いて、とりあえずだいたい埋めました。
このあとは削って、足します。後は体裁も整えないと。

しかし、やはりといいますか、理系な視点に思います。
修論的な感じですね。というか、修論みたいですね。

なんというか、我々(もしかすると私だけ)、
あることが「なぜ」おこるかには大変興味があります。
で、対策とかはオマケみたいなもので。

結局あすの企業はこうあるべきを書かなくてはならないのに、
今の企業はこうなっている、ばかりでした。
これ、大丈夫なのですかね。

そういうことを考えていると、
やはり技術以外の人とのつながりを今後も持ちたいとめちゃ思います。
やはり、思考プロセスが結構違うので、新鮮やし、
絶対に自分では思いつかないことも多くあります。


ちなみに求められているのは、
文章力、オリジナリティ、フレッシュマンらしさ、話題性、説得力、
だそうです。

文章力 ×(愚問)
オリジナリティ ○(自分の主観のみやし)
フレッシュマンらしさ 0(ゼロです)
話題性 △(いちおう情報化社会とかやし)
説得力 0(参考文献なし)

て感じですかね。ひどいものです。
サブタイトルをだじゃれにしたいというだけで、
ものすごく苦労してしまいました。
まぁ、まとめでだじゃれを言ってやったので満足です。

だじゃれに執心したところ、主旨が違ってしまったということです。

ジャパ煮-2

2007年05月03日 09:57

もう一つは、ジャパニメーション。
GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~ GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~
家弓家正、 他 (1999/08/25)
バンダイビジュアル
この商品の詳細を見る

マトリックスのオープニングにある、緑の字がふってくるやつの原典です。
いやはや、かなり重い内容で。
すごいメッセージ性あると思いますよ。

話が結構難しいのですよね。
数十億年前に海で生命が生まれたのと同様に、情報の海で生命は生まれるのか、
そもそも未だに生命の定義とかてできてないではないかという話。

でてくる人物像をつかむ時間は用意されてないので、
それを知ってるか知らないかで見方が変わるかも。
まぁ、原作を読んでないと結構しんどいのでは。

結構原作では主人公とかに愛嬌があったように思いましたが、
これはフィルムノワール的な雰囲気がありました。


生命とは何か、私とは何か、などを考えています。
脳や身体の数割が機械化している社会で、自分とは何か、と考えると。

一つの結論は、多様性のようです。
破局を避ける、という目的のために生命は変化してきたと。
遺伝子の変化による多様性の出現もそうですが、
死を情報の固定化防止ととらえていました(たぶん)。

情報の海で生命(プログラム)が生まれたとして、
そのプログラムをコピーしている限りは生命ではないのではないかと、
その生まれた生命のようなものは言うわけですな。

まぁ、映像や雰囲気も楽しいし、話も面白いです。
マトリックスよりなんぼか深いですし。


日本のよさは、一方でものすごい形にこだわる伝統を持ちながら、
一方でいろんなものをごっちゃにしても違和感がないことですな。
まさに、ジャパ煮。
面白い国に生まれたものやと思います。

ジャパ煮-1

2007年05月03日 09:55

昨日はK宅にて、ベビーとの平和なひとときを。
しかし、かわいいものですな。
のんびりとした時間が流れ、ほんとうにいいものでした。

夜はゆーざん(二夜連続!)、YOHeiさんと飲み。
えらく昔の話とかでてきて、楽しかったですね。
この二人は非常に個性が強いので、刺激的です。


そういう少しのんびりした時間の合間に、
二つのジャパニーズ的なものに触れました。

一つは、だるま商店というユニットの作品。
今様ジャポネスクというやつだそうです。
http://dalma.jp/
知り合いのクレープ屋の二階ギャラリーで展示していたもので。
CAW5W9SN.jpg

独特の雰囲気があり、なかなかインパクトがあります。
べたな和風なんとか、みたいなのと比べると色づかいがかなり新鮮ですね。
水色などの青色系がうまく使われているように感じました。

あとは、ディオールのデザインの和服というものを用いての絵がよかったです。
やはり、ディオールはすごいのでしょうか。

まぁお金もいらず、クレープもおいしいので、一度行ってみては。
新京極へ四条からはいり、すぐ右にある花遊小路というところにあります。


長くなったので、二つにわけておきます。

もつべきもの

2007年05月02日 09:30

脳内メカニズム解明 写真見て「痛い」 群馬大院教授ら

結構前から言われているようにも思いますがね。
あらためて、という感じなのでしょうか。
とりあえず、見ることとすることは、へたすると同値なのでしょう。
これからも見ることを重視してこうと思います。

ミラーニューロン的には、
そこでさらに行動することが重要なのでしょうかね。


さて、昨日も飲みでした。

当初はなぉさんと飲む予定やったのですが、
急遽N出、I東、I瀬、ゆーざん、Mつ、Uう、K原が合流。
はいから屋にお世話になりました。

なぉさん、一応ながら私の教え子です。
バスケ部のコーチをしてましたし、かてきょもしてました。
まぁ、あまりどちらも役にたったな感はないのですが。
ぐだぐだで申し訳ないといつも思っていたような。

で、その後結構悩んでた時期もあったようですが、
とりあえずは今、こちらでがんばって働いています。
私よりもちょっとだけはやく社会人になりました。


その教え子に、就職祝いをいただきました。
ピンクのシャツとネクタイのセットです。

相当意外で、めちゃびっくりしてしまいました。
そして、めちゃくちゃ嬉しかったですね。
ほんま、ありがとう。


私のようなぐだぐだな教師からでも、
彼女は何かしら吸収してくれたのですかね。
そうあることを祈ります。


いやしかし、私のスーツ関係はほんまもらいもの多いですね。
自分の力でなくおしゃれになってしまいそうです。


まったく、もつべきものはよくできた教え子ですね。
私はコーチにしろかてきょにしろ、
自分のためになっていた部分が多々あるのですが、
それでお金をもらって、さらにはその後プレゼントまでもろて、
こんなにいただいてばかりでええのかと思います。
また何かの機会にお返ししようと思います。

あえて

2007年05月01日 13:22

みなさんがGWのことを書いているので、
ひねくれたがりの私はあえて書きません。

とりあえず、バスケをし、BBQをし、PDを罵り、メガネを買い、陶芸をし、
クラシックコンサートに行き、本を買い、さらにプレゼントも買いました。

そんな感じで、既に危機的状況です。
目を背けている場合ではありません。今夜も飲みに行きます。


さて、そんな中、本を読みました。
この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉 この国のはじまりについて―司馬遼太郎対話選集〈1〉
司馬 遼太郎、関川 夏央 他 (2006/04)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

またいつものような感想をいうのが悔しいというのはありますが…。
でもやはり。いやはや、面白かったです。
対談形式って、やはり読み心地もよいし、内容的にも非常に高度に感じます。
伝えるという行為がはっきりしますからね。
すばらしいと思います。

面白い話はたくさんあったのですが、というかほぼ全部そうなのですが、
古代日本史に関してはかなり面白かったです。
あんまりしらないことやったからですかね。

例えばあくまで仮説ではあるのですが、前方後円墳に関する話。
あれ、盾が伏せた形なのだそうです。
盾を伏せる事は非戦を意味するわけで、
海外から来た人たちにこれを見せて、友好的であることをアピールしてたと。
ほんまかどうかはわかりませんが、かなり説得力があるように感じました。

他にも出雲神社の話とかも。
昔の山陰地方てのは一大勢力で、大和と匹敵するほどやったそうですが、
その勢力地図を神社で祀られているものから考えていました。
そうすると、出雲神社ての亀岡まで来ているそうです。
でも、京都まではきていないそうで。賀茂神社の勢力範囲になるとか。
我々があっさり越えるあの山が、それほど大きいものなのかと思い、
なかなかにぞわぞわしました。ええですなええですな。


こういう、昔を知り、
変わるものと変わらないものを考えるてのは大事やと思うのですよ。

日本のリード、否定が半数 科学技術20年後 本社調べ
というニュースがあったのですが、
遺伝子組み換え製品に対して、否定的な人が多いようです。
まぁ、気持ちはわかります。環境ホルモン的なだめさとかあるかもしれません。

でも、遺伝子てのは変わるためにこういうスタイルをとっているはずで。
人為が介するのがよくないというのがあるかもしれませんが、
今食べてる食べ物とかって、品種改良という遺伝子操作なのでは。

今この瞬間が永遠に続けばいいと思うことはありますが、
それはさすがに無理ですしねー。

そうなると、変化に対応する方がなんぼがええように感じます。
ただ、やみくもに変わるのも違うように感じますし。
とりあえず昔あった変化とその結果を知るという行為は大事なのでしょう。

そういう言い訳をもって、逃避的に本を読んでいるわけです。
ものが読書うだけに、ソロソロ産業論文を書こうかと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。