スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジックフシミ

2006年07月31日 22:24

携帯が壊れるわ、考察が大幅な見直しが求められるわ、
講習会を忘れていて一日が潰れるわ、なかなか散々です。
ま、元気をだしていきましょう。


昨日は伏見飲みでした。
最近増加傾向です。

今回は、小学校の同級生でした。
春に一度同様の飲み会をしたのですが、
そのときは奇跡がおきて、15人近くが揃っていました。

やはり、あれは奇跡やったようで。

今回は、5人。

まぁ、それはそれでよかったのですよ。
今回は予定があわへん人も多かったし、連絡がつかへん人もいたし、
ドタキャンもやたらいたし、そういう感じで散々でした。
あれ、どうも散々なようです。

でも、その5人でかなり楽しんでやりましたよ。


まず、飲み。
キザクラカッパカントリーに行ってやりました。
日本酒が、おいしかったです。
なんか、一杯辺りを少し少なくすることで、単価を下げてました。

そのシステム、かなりよいです。
一杯が200円台であるので、多種多様の日本酒を飲めます。
おかげで多酒多酔うでした。

この店は木の匂いがするし樽もあるし、雰囲気非常によいです。
さらに地ビールもあります。飲み比べできます。

ただ、10時にしまるのですよねぇ。


その後、Yちゃんを呼び出して、M山小学校へいってやりました。

ちいさかったですね。間違いなく。
こんな小さかったのかと、びっくりしました。

いやー、もう10年以上いってなかったですしね。
とても印象深かったです。
建物はそのままであるのに、私たちは変わってしまったというのはなんともさみしいですな。

小学校、忍び込みたかったのですが、
さすがにつかまるとしゃれにならん年齢なのでやめました。
今度一度公にいってみようかとも思います。


さらに、その後、K堀公園に。

花火とかしてみました。
いやー、めちゃひさしぶりですな。
そしてこんな5人ですることがあるとは思ってませんでした。

なんか、光がAパンマンやDえもんにみえるめがねというものがあって、
それにえらく興奮してました。


そこへ、突然懐中電灯の光。

あー、やってしまった。おこられるんやろか、火をつかってるしな。どうなんやろか、不法侵入とかになるんやろか。器物を破損とかはしてないしな。K察ざたとか最近多いけど、なんかあるんやろか。そもそもK察もこのぐらいの楽しみぐらい認めてくれたらええのに。おなかすいた。

などと考えました。


しかし、そこへ現れたのは虫とり網と虫かごを手にした中年男性。
何も言わずに去っていきました。


伏見区、本当にいいところやと思いますよ。
結構いい夜でした。
スポンサーサイト

専門用語

2006年07月29日 08:38

VDFオリゴマーのフーリエ変換赤外分光法で得られたピークを解析したところ、様々な振動ピークの出現が確認され、さらにそのピーク強度がある一定の傾向を持ちながら変化していることが新たにわかった。ただ、表面形状が変化してしまったところから定量性については議論は難しい。振動ピークがこのよう離散的であることは量子力学的には明らかなことであるが、その振動ピークの起源についてはまだ不確定な要素が多く、今後さらに詳細な議論が必要である。


我々の文章なんて、そんな感じです。
まぁ、専門的な文章にしては点が多くぐだってますが。

なぜ専門用語てのは難しいのでしょうな。

上の文章を口語調にすると、こんな感じ。


つれのテンションの具合みたいなんをみてみたんやけど、なんか変なところでテンション上がったりしてるぽいねんか。しかもようわからんけど決まったリズムで上がってるし。ただ、見た目がばばになってしまったし、あんまり意味がないかもしれん。なんや、理屈の上ではそら仲悪いでっていう話ではあるんやけど、こまかいところはぐだってるんで、正直あんまわからへんわ。


ほんまかしら。ま、いいでしょう。


最近文化人類学に分類される本を読み始めたのですが、
あまりに言葉が難しくて、全然進みません。


専門用語てのは、何のためにあるのか。

なんかすごげやし、てのはあると思います。
実際、内容のない複雑な文章というものは絶対あります。
このブログが最たる例です。


もう一つは、意味を明確にするためですかね。
意味を取り違えられるのがやっかいなので、
他では使わんような用語を使っていくてのが重要なのでは。

ぐだったとか、すごいとか、テンションがあがってるとか、
そういう口語やと、曖昧な意味はより伝わりますが、
Q値の高い意味の伝達は不可能なわけですよ。


伝えたいことに従って、言葉も変わるのですね。

ということは、政治家は自分の意見を明確にするためにあんな難しい言葉をつかうのでしょうか。
…違いそうですな。
難しい言葉を使って曖昧なことを表現するというのは、
言葉の使い方としてはそうとうぐだっているように思います。


言葉てのは面白いものです。
なので、いろんな本を読んで、いろんな言葉を得ようと思うわけです。

ブクログていうサイトがあります。
これ、面白いです。
自分の本棚をウェブ上に作る感じです。
しかも、それを取り出したような画像が出るのが結構よいです。

私の本棚も作ってみました。
http://booklog.jp/users/nozaki3

とりあえず、家にあるやつをばーっと入れてみました。
まだ道半ばですが。

思ったことは、
・司馬遼太郎読みすぎ
・外人作家読まなすぎ
・漫画多すぎ
です。

漫画、貸して欲しければ言ってください。
まだ半分ぐらいです。

あと、みなさんの本棚もつくったらぜひ教えてください。

雑多

2006年07月27日 23:30

夏です。
今日の昼間は息ができなくなるほどでした。
でも、この暑さは嫌いではありません。
むしろ、R館の冷房で身体が冷えるとNシンキングになります。
いかんせんたまには汗をかかんと、汗腺が弱ってしまいます。
私に汗を。世界に平和を。


さて、昨日はRIEのインストラクション、
今日明日はX線の測定+FT-IRの測定を頼まれるなど、
オペレーターな毎日を送っています。
今日の依頼相手はオランダ人で日本語は多少程度。

いやー、日本語でごりおす能力だけはどんどん伸びてますね。
むこうの日本語力が伸びてるだけかもですが。いけませんな。
英語、ほんまちゃんとやらんといけませんな。


10円玉を水にいれておくと、その水では蚊は発生できないそうです。
神社とかで水場に賽銭がはいっているのも、それを意図しているのかもですな。
経験則てのは、なかなかあなどることはできません。
ナマコを初めて食べた人とかって、偉大やと思うのですよ。


傷の回復に電流が関与、早く治す方法できる?
こんなニュースがありました。
なんでも、傷口を治している細胞には微小な電流が流れているそうで、
それを逆向きに電流を流すと傷口はひらくのだとか。
いろんなところに電気は顔をだしてきますな。
現状の電気離れをこういうところから改善していけるとよいですね。


M社とN社が携帯半導体事業で新しい会社を設立するそうです。
これはM社の掲げる戦略と矛盾するのかしないのか。
私はいつまでM社の社員なのか、その辺は少し心配なところです。
まぁ、日本で各社が別々に半導体をするのはもう難しいのかもですね。
私はなかなか茨の道を歩む事になりそうです。


王将で食べ過ぎました。
ライスの大に、さらに中をくわえることは、しょうもないです。
大の上のサイズが欲しいですね。

そして、今日もまた二人で食事でした。
もうそろそろ、真剣にやばいですかね?
去年の私のぐだり的にはもっとひどかったのでしょうが、
O物を控えている者としては、多少マイペースかもしれません。
一応折に触れ心配している雰囲気をだしているのですが、
あまり伝わっていないのかもしれませんな。
それでもなんとかなるのでしょうかね。


明日もまた、朝からオペレーターです。
今から2時間ほど銀ペーストの乾き待ち後、2時間ほど測定です。

最近増加傾向

2006年07月26日 16:31

とみぃさんからのバトン。
一貫性のないバトンですな。
なんとかバトンとかの方がまだ面白い気がします。

え、いや、とみぃさんを批判してませんよ。


Q1.今やりたい事  
 バスケ

Q2.今欲しい物
 結果とインスピレーション

Q3.現実的に考えて欲しいし買えるけど買ってない物
 基本的に今は出費はゆるされないのでなし

Q5.今欲しい物で高くて買えそうに無い物
 原チャとか車とかの移動手段

Q6.タダで手に入れたい物
 PS2

Q7.恋人から貰いたい物
 愛情表現

Q8.恋人にあげるとしたら
 無駄知識

Q9.このバトンを回す人
 もうええか
  
Q10.このバトンを無視したら?
 さみしい
 
Q11.昔やったいたずらで未だに忘れられないのは?
 人の家に(爆発する系)ロケット花火

Q12.今まで付き合った異性の数は?
 やめときます
 
Q13.生まれ変わるとしたら   
 木

Q14.私は○○のファンです
 パタリロ
 
Q15.今だから言える恥ずかしいこと
 やめときます

Q16.デート中の失敗談
 やめときます

Q17.部屋着は何を着てますか?
 トランクス

Q18.今の髪型は?
 前髪にくせあり

Q19.好きなお花はどんなの?
 桜

Q20.海派?山派?姉歯?
 サルサ

Q21.明日の予定は?
 オペレーター

Q22.夏と冬どちらが好き?
 なゆ

Q23.自分のお勧め観光スポットは?
 伏見

Q24.休日は何してる?
 休日ってなんですか

Q25.今、はまってることは?
 どつぼ

Q26.束縛はする方ですか?
 してるのかもね

Q27.お酒を飲む頻度を教えてください
 お酒とか嫌いなんで

Q28.一目惚れしたことありますか?
 なる

Q29.好きな漫画は?
 パタリロ、アイシールド21、餓狼伝

Q30.好きな小説は?
 司馬遼太郎、遠藤周作、太宰治

Q31.修学旅行は何処に行きましたか??
 広島、長崎、長野


どうも、あたりさわりのない回答なようで。
別に心が凍っているわけではありません。

凍ってると思うのであれば、解凍してください。

まじめですけど

2006年07月25日 15:12

ケノービさんのブログを読んで知ったのですが、
こんな事件が起こっていたそうです。

介護疲れと生活苦、母親承諾殺人の54歳に猶予判決

認知症の母を、生活苦のあげく、心中しようとした人がいたそうです。
場所は、伏見の納屋町。
私のホームです。歩いてですらいける距離。

基本的に、各新聞(産経朝日毎日)も同情的であるようです。
むしろ批判されるべきは介護制度などの方であるという論調。
判決も、執行猶予つきのものであったそうです。

決して殺人が肯定されるわけではないと思うのですが、
よりよい選択肢というものはあったのかもしれませんが、
これを世間を騒がせている殺人事件と同じカテゴリーにいれていいものかどうか。


逆に、こんなのもあったようですよ。また有名大学生の奇行です。

学食で相談、振り込め詐欺 容疑の札幌大生ら逮捕

どっちに腹がたつって、そら後者ですよ。
ほんまに、終わってる。


何が違うのでしょうかね。

一つには、真摯さというか、誠実さというか、まじめさというか、
そういう、ちゃんと考えているかどうかということなのではと思うのですよ。
きれいごとですけど。

被害者でないからそう思うのかもしれません。
被害をうけた本人にしてみれば、あるのは被害で、
その思考プロセスがどうかとかは関係ないのかもしれませんし。


そんな中でまた一つ本を読みました。
ということは、今までのは前置きです。長い。
兎の眼 兎の眼
灰谷 健次郎 (1998/03)
角川書店

この商品の詳細を見る


どちらのものかわかりませんが、両親の本棚に入っていた本。
両親の考え方の一端でもわかるかもしれんというのと、
角川書店の夏の100冊にはいっていたという理由で読んでみました。

話としては、シンプルな部類に入ると思います。
若い教師が、その生徒達を教えていくうえで、
逆に教えられ、成長していくのをベースとしています。

塵芥処理場の子供という、
社会的に多少蔑視されている子供達が先生の相手です。

非常にシンプルな話でありながら、非常に考えされられました。


教育というものは、ほんまに重要で、難しいものです。

教育というとものすごくええことのように思われますが、
枠にはめてしまうという要素が含まれるために、
一歩間違うと洗脳と大差なくなってしまいます。
でも、人間が社会生活を営む生物である以上、枠にはめるのは必要ですし。
その辺が難しいと思うのですよ。

で、そんな難しさがある中で、教師が教えられることというのはどういうものであるか、
あるいはどこまでがトップダウン的に与えることのできるものであるか、
その辺の心境の変化が登場する先生に現れているのではないですかね。


子供達の独創性とかそういうものをないがしろにしてはいけない、
というだけであればありきたりすぎますが、この本ではもう少し。

教育で教えられないものの一つに、幸福観があるということも言ってます。
たぶん。

塵芥処理場は、今やったら過酷な労働とかで問題になるようなもので、
世間的に見ればいわゆる負け組です。

でも、その子供達は、それらに対して弱音をはくとかがまんするとかでなく、
その状況であることに自信を持っています。

自分がそういう状況やからこそ得られた知識、友人、体験、
そういうものに対して確固たるものをもっていて、
世間的にはつらそうと思うような状況に幸福感を見出しています。

逆に私たちは、自分の幸福観すらも教育されてしまいつつありますな。


ひどく長くなってしまいましたが、最後に。

そのように自分の仕事なり状況に対して誇りを持つことを、
ここでは抵抗と読んでいます。
不平や不満を言うことが抵抗なのではないというところが。

そして、そういう誇りをもって抵抗している人達、子供達は、
自分のやることを精一杯やっていて、それがとても力強いのですよ。

そういう自分の状況に対する誠実さや真摯さというものが、
そうでない、いわゆるちゃんとした人たちの醜さを露呈しているように思いました。


冒頭の、二つの事件の犯人、少なくとも私は後者の方がはるかに醜く思います。

Mッションポッシブル

2006年07月24日 16:33

どうも、最近家のPCの調子が悪いようです。
やたらと遅いし、昨日はファイルチェックで一晩チェックしてました。
湿気のせいとかなのですかね。
まぁ、特に何かをするというわけでもないのですが。


昨日は試合でした。
相手はMッションというチーム。

もう3年ぐらい前になるかと思いますが、
トーナメントで100点ゲームで負けた相手です。

内容があまりにもぐだぐだで、やめようかと思ってましたしねぇ。

その相手と、ひさびさの対戦。
しかも、去年までクラブにいたBンブーというチームと合併していましたし。
今年もDックスなどとええ試合して、相当強い感じでした。

前回負けた相手やしか、あまりいいイメージもってなかったですし。
試合間隔があいていたのも、モチベーション的に心配でした。
前日にHッジでバスケしすぎたのも心配でしたし、
その内容もどうやろかという感じで、不安要素ばっかでした。


しかし、結果としては、勝ちました。

67-52でしたかね。
普通に嬉しいです。久々にほんまに嬉しい勝利ですね。

端的には、テンションの差であると思います。
テンションが高いとかいうと適当と思われるかもしれませんが、
相当大事な要素であったと思います。

前半は8点負けてて、それも以前の負けを彷彿とさせるような、
オフェンスがぐだってディフェンスを戻らず速攻だされるというパターン。
相手はフリーの3点はほとんど決めていましたし、しんどかったです。

でも、ここからがんばれました。
それはやはりテンションのおかげかと思います。
昨日はN出がきてくれてて、Y田君も意識して盛り上げて、
女性陣もいたのですから、そらテンションもあがります。

そういう中で、3Q終盤から4Q前半にかけての一番集中力がきれる時間帯に、
むこうは審判に対してフラストレーションをたまらせプレイが雑になり、
こちらはG君の連続速攻や、I口の3点などのビッグプレーが生まれました。

結局はそこですなぁ。
勝ちたいという雰囲気がちゃんとだせて、
たとえきれいなバスケではなくても最後までがんばるチームになりましたね。
3年前とはそこが一番変わったのでしょう。

2Qに30点とられたのに、後半は15点です。
ここまでM鶴戦以外は全て60点以下ですし。
DFのチームになりつつありますかね。


個人的には4Qはえらくうまくいって、大台はいかなかったものの、
28点とってたみたいですし。
五都市にむけての練習を経験したので、最近調子はよいようです。
これからも精進ですな。上半身の筋力強化とミドルですな。

あとは、技術的なところを書いておきましょうかね。
なので、バスケしてる人以外はもう今回はここまでで。
8月は3試合あるようなので、がんばりたいと思います。



オフェンス
・(良)オフェンスリバウンド
やはりM尾(パワー)の加入はでかいですね。とりあえず絡んでくれるので、速攻がふせげてます。さらに、G君に加えてM尾S賀がインサイドできるので、U生S原あたりを2番3番で使えて、Y田君を1番で使えるのはかなりでかいです。

・(良)裏パス
序盤のそれ一辺倒なのは、通用するかはわかりませんが、
相手が前に出はじめたときの裏パスは効果的やと思います。

・(悪)バランス
外同士でまわすのはある程度できていると思いますが、外と中があまりつながらないですね。私は基本的にはローにいた方がよさそうで、それにG君、U生、S原あたりがハイポに飛び込んでくれれば。で、外はフォローに一人と、逆サイドのシュートポジションあたりにシュートをうてる体勢で待っててもらえれば。全体的にもう少しパスを多くまわせるとよいかと思います。

・(悪?)セーフティとOリバウンド
がむしゃら感を消してしまう可能性があるので、少し怖いですが、
みんながボールによるせいで、二つの切り替えがちゃんとできてないように思います。インサイド二人はリバウンドでええと思うのですが、2番が飛び込むのか3番が飛び込むのか、その辺の判断が難しいところですな。まぁとれてるしええのかもしれません。

・(悪)速攻
なかなか、バランスがとれませんな。アーリーに切り替える意識が必要そうです。そのためにも、私はじめインサイド陣が4人目5人目で走っていかないと。あとは、結構パス出すタイミングがばれやすそうです。

・(悪)フリースロー
ま、今回は相手もつきあってくれてよかったですね。


ディフェンス
・(良)リバウンド、ルーズボール
間違いなく向上しています。速攻がでにくくなる時間帯はたしかにでてしまいますが、相手にセカンドチャンスを与えない方が絶対ええです。リバウンドが確実にとれるという意識がでてこれば、速攻もでるはずですしね。

・(良)相手にあわせた修正
前半あれだけ外を決められたのに、後半15点になったのは非常によかったです。向こうにセットシュートをうたせず、ドリブルをつかせ、粘り強くいけるようになっていました。最近試合中にディフェンスを修正できるようになっているので、ええと思います。

・(悪)ファール事情
全部がそうではないと思いますが、多少流してもらったファールがあります。トーナメントとかみたいに多少ええ審判が出てきたときに今のディフェンスではちょっとふかれるかもです。大体ファールするタイミングとしては、抜かれる直前が多いようです。一応約束ごととして、ディレクションして、カバーはくることにしているので、そこでファールをするのはもったいないです。逆に、ディレクションと逆に抜かれたときに焦ってというのもありましたが、そこは声などで臨機応変に対応していきましょう。

・(悪)カバーポジション
私が特にわからなかったのですが、昨日の6番みたいな遠いシュートがあるセンターがいるときのカバーポジションがかなり難しいです。そこをある程度決めておくことが必要かもしれません。


ま、良かったと思います。
失点はこのままで、あと10点はとりたいですな。

馬豚

2006年07月21日 15:36

馬と鹿ならばかですが、馬と豚では。

そんなわけで、なかちさんからのシークレットバトン的なもの。
ルールとかあるのかよくしりませんが、コメントを添えて。

-*-*-*-*-*-質問の前にお約束-*-*-*-*-*-
 ・閲覧者には質問内容を見せない。
 ・気になる人はメールすれば内容を教えてもらえる。
 ・ただし内容を聞いた人は、絶対にそのバトンを拾わなければならない。
以上、守ってやりましょう!!


1 カメレオンマンさん(むしろ普通に)

2 ちえさん(これも普通に)

3 すぽっくさん(ま、)

4 れお子さん(ま、)

5 ヒロさん(ほしい)

6 Sgさん(多用途)

7 なかちさん(しかもかわいい)

8 223さん(隣に)

9 akiさん(そりゃもう)

10 飯さん、峯さん(どんだけやねん)

11 みやもさん(ぜひ、)

12 しょうゆさん(年下ながら)

13 ししゃもあしさん、ふみかさん(根が)

14 えーみさん(やったかな)

15 めーちさん、なかちさん、ふみかさん(むしろ仕方がかも)

16 きみえさん(昔は結構)

17 うえぽんさん、まっちゃんさん(よく思います)

18 MS3さん、飯さん、峯さん、みさちんさん、おたさん

19 はっしんさん(ま、)

20 わからん

21 し~まさん(どやろ)

22 とみぃさん(これは)

23 すぽっくさん、聖帝さん(お願いします)

24 めーちさん、ゆみさん(イメージですが)

25 happy☆さん(特に昔は)

26 はりもぐらさん(深刻)

27 じゅんさん(いろんな意味で)

28 富雄民さん(かもしれん)

29 うめめさん(ま、強制で)

30 想さん(見た目にも)

31 happy☆さん(ここまでくると…)

32 カメレオンマンさん(血つながってるし)

33 あっきょんさん(そういうセンスよさそう)

34 はりもぐらさん(なのに)

35 ヴィジブル♬さん(ええことやと)

36 し~まさん、まさるさん(意味違うかも)

37 223さん(多分本物)

38 *mid*さん(なりたかった)

39 ありさん(きっと)

40 ノブアキさん(あってるはず)

41 こうのさん(生きてる?)

42 もりをさん、㌧君さん(きっと賢い)

43 めーちさん(間違いない)

44 Sgさん、タカヒロさん(まぁ)

45 ロウニンさん(ご無事で)

46 はっしんさん(というか)

47 T野さん(わからんけど)

48 ふわちゃんさん(Pやし)

49 くるさん、カメさん、チコ♡さん(よいよ)

50 ケノービさん、㌧君さん(文才あるし)

51 かぁこさん(きっとよい)

52 しょうゆさん、ryuさん(いろんな意味で)

53 ヒロさん(なるね)

54 horigさん(生活かぶってるし)

55 ゆーざん先生(間違いない)

56 まっちゃんさん、ありさん、鶴さん(よろしく)

57 女性のマイミクシィは全員ですよ

58 ゆみさん(なるね)

59 まさるさん(でした)

60 ざっかさん(未マイミクシィですが)

61 やめときます

62 ヴィジブル♬さん、ヒロさん(すばらしい)


です。疲れましたね。

同じような質問は、消した方がええかもしれませんな。
量が多いのに同じようなことをぐだぐだと…

ほんまにもう…



…あぁ、私のブログはいつもそうでした。


思い出す

2006年07月20日 18:40

昭和天皇「私はあれ以来参拝していない」 A級戦犯合祀

まずは、この時期に、という感じですな。
何かしらの政治的な臭いは感じます。
どうなっているのやら。

で、mixiで多少いろんな人の意見をみていたのですが、
なかなか影響はあるようですね。かなり書いています。

嘘やと全否定するような意見はないようです。
参拝否定派は、天皇もいうてるし、そらあかんわといってますし、
肯定派は、でもC国とかK国のいいなりになったようで嫌やといってました。

まぁ、このメモがほんまなら、
自分のために死んだ人をまいることすらしたくなるほど、
大きいことやったようですなぁ。
天皇のためという論理はなりたたんくなるのですかね。

しかし、理屈をこねていく人が感情的になるのはどうかと思います。


一方で、こんなのも。

ES細胞研究への助成 米大統領、初の拒否権発動へ

まぁ、難しいところでしょう。
今生きている人に、それしか回復の見込みがない手段を使わないということが、
殺人にあたるかどうかは微妙です。
それしかない、と判断できるかどうか。
相手を殺すしか自分を守る手段がない、と判断できるかどうかと似てますか。

そして、その唯一の手段が受精卵という、
生命か生命の元かを使わないといけないとか。

どれが正しいとかって、結局いえないのではないですかね。


そんなことを考えていると、やはり生命に対する考え方は、
理屈とかはぬいてしまうのやろなと思いました。
科学的に死を定義しても、それを自分のものとできる人は、少ないのかも。


昨日の飲みで、また一人訃報を聞きました。

一つ上の野球部の先輩です。
名前を言われて、ぼんやり顔がでてくるかぐらいです。
むこうはこっちを知らないような気がします。

交通事故だそうで。

死者も我々がまったく忘れてしまうまで、本当に死んだのではない。



死の一つの副産物として、別れがあります。
ほとんどの人間は、それをものすごく嫌うのですよ。

死者を弔うということは、一方では生きている者のためでもあるわけで。
自分もこのように、皆に折に触れて思い出してもらえるのですよ、
という安心感を得るというのがあるのではないでしょうか。


私の同世代でも、交通事故でなくなった友人がいます。
その子は女バスで、めちゃくちゃからむということもなかったですが、
大学にはいってからもときどき電車などであっていました。

それが、おととしの今頃ですかね、いきなりでした。

結局、事故で、顔を見ることができなかったので、
実感が湧いていないというのもあるかもしれません。
でも、ものすごく悲しかったです。
ほんまに、まだ、もったいないと思うのです。


で、まぁ自分がされて喜ぶことでもあるので、
一年に一度はちゃんと思い出そうかなと。
去年は確か、同窓会の準備をしているときでした。

別に何かの儀式が必要なわけではなくて、ただ、思い出すだけです。

それでも、多分自分がされれば嬉しいやろなと思いますし。


自分が死んだ後、思い出してくれる人が少しでも増えるように、
これからも友人は大切にしていかんとなと思います。


というわけで、少なくとも、Y国参拝について議論している人で、
祀られる人たちのためやという論理はものすごく嫌いです。
まぁわからないですけど、自分のことを思ってくれる時点で、
それがどこかとかは特に関係ないんちゃうかと。

自分がしたいことの根拠を死者に求めるのは、ちょっとずるい気がするのですよ。
まぁ、私も勝手に心境を想像してますし、冒涜してるんですがね。
トートロジーです。

犠牲

2006年07月20日 00:06

我々に残された時間は有限です。
暇をしている時間などは、ありません。

私の生活にゲームがはいってきてしまうと、
その分の時間をどこかで捻出する必要があります。
時間は相対的なものであるはずなのに、なぜみんなないのでしょう。


そんな私の24時間。

 AM1:00 帰宅
~AM2:00 FF12にときめく
 AM7:00 おかんを送る
~AM9:00 二度寝
 AM9:00 雨でテンションがさがる
~AM10:00 うさぎ
~AM11:30 登校
~PM4:30 精神と時の部屋
~PM6:30 キング・クリムゾン
~PM8:00 つじつまあわせ
~PM11:00 アルコール

です。
おそらく、一日が半分になっても、多分成り立つ生活です。
もっと密度を!時間をとっときたいものです。

ちなみに、飲みはSばっち、Qさん、H弟、えんすけさん、I弟です。
いろいろ興味深い話もでてました。
野球部、仲ええなぁ。
バスケ部も負けてられませんな。まぁ、普通に勝ってると思いますが。


今からまたゲームにかかろうかと思います。
一番の犠牲になっているのは、このブログ。
ひどいありさまですな。

ま、短くなってるのでええのかもしれませんが。

逃避はしたいのやけど

2006年07月19日 00:24

とみぃさんから、逃避剤をいただきました。

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card付き
PlayStation2 (2006/03/16)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る
ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
PlayStation2 (2004/11/27)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


とみぃさんに、
「こんな基本的なところを…」
と苦言を呈されました。

その通り。

このブログにも、mixiにも、なぜかゲームの臭いがしなかったのですよ。


というわけで、やろうかと思うのですが、
いかんせん私の実験効率は悪いです。
まだ学校ですし。

今日もあんまり進みませんでしたなぁ。
学会大丈夫なのでしょうか。真剣に心配です。


ま、明日以降がんばりましょかね!

以前受験期にDQ7に手を出してしまったときは、
家に帰るとやることがわかっている分、
予備校ではめちゃ集中して勉強できていたのですが。

今回その奇跡が再び起こることを切に願います。

体力をセーブしつつ、気分をリセットしていきましょうかね。

見る

2006年07月18日 15:12

N朝鮮の話も大事なのですが、中東の方も完全に混沌としています。

そんな中、こんなニュースも。

ブッシュ大統領の本音、マイクに筒抜け 米英首脳会談
「シリアに、ヒズボラにくそみたいな行為をやめさせるべきなんだ」――。
こんな感じのことをB首相に言ってたら、マイクがONになっていたのだそうです。
わざとでないならば、ものすごおそまつな話ですな。
どちらも感情で行動している感じがしますが、
結局被害をうけるのは、これらを起こした人ではないのでしょう。

彼らは同じものを見ても、一方では神様、一方では偶像にみえるのでしょう。

我々が同じものを見て、全く同じ認識をするなどということはありえません。

直接関係があるわけではないのですが、
そういう見ることに関して改めて考えされられる本でした。

見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス 見る脳・描く脳―絵画のニューロサイエンス
岩田 誠 (1997/10)
東京大学出版会

この商品の詳細を見る

私たちが何かしらの認識を行う、その過程はそんな単純ではないそうです。
例えばその対象の位置、輪郭、色、記憶との照合など、
それらは全て別々に脳内で処理されるのだそうです。
それらを全て統合して、いわゆる見たことになるわけです。

普段はそれらが自然にできてしまっているので、
それらを意識することはありません。
確かに物事の3次元情報を、網膜と言う平面に映った像だけでイメージできることは、
かなり不思議なもののように思います。

この本では、それらの脳の多くの処理機能のうち、
ある部分だけが損傷したような患者を通して、
それらの各機能を調べていっています。


この本の主題は、それらから得られた結果を見てみると不思議な事に、
絵画の歴史は、それらの脳機能と非常にマッチしているというところです。

モネのあの色に対する従来と全く違う認識も、
レンブラントの中心のみがはっきりと描かれる人物像も、
ピカソのあの私のような凡人にはわからない絵も、
それらは脳のある機能だけを特化して働かせて得られるであろう像と、
非常によい一致を示すのだそうです。

ああいう絵は、一見見たことがないような絵なのですが、
実際に私たちも見ているのです。それに気づいていないだけで。

そして、現在の芸術は、処理段階ですら見ていない、
ほんとうに見ていないものを創りだすところに重きがおかれているようです。

これから、どういう芸術が生まれてくるのか、非常に楽しみですな。


絵の楽しみ方として、こういう解釈は不要にも思います。
確かに、その絵を見、その存在感を感じるだけでも、十分意味はあると思いますし。

ただ、絵画に対するアプローチとしてものすごく特殊で、
非常に新鮮でした。そんな見方もできるんや的な。

いやー、いろいろ見てみたくなりますなぁ。


脳を科学する人たちは、ようやくそのところまできたようですが、
歴代の天才達はそれよりもずっと前にそこまで達していたということです。
非常に面白いですな。
科学は底上げをするためには有用でも、
結局は天才のインスピレーションには及ばないのかもしれません。

日記とか

2006年07月17日 22:07

だじゃれコミュニティに、全く知らない人が入ってくれてました。
どんな人やろろかと思い見てみたのですが、
レゲエやHIPHOPのコミュニティしか入っていません。

おそらく、説明文の中にHIPHOPと書いてあったので、検索にかかったようです。
それで見てみたら結構おもろかったとかいうことでしょうか。
喜んでおきます。


昨日は、選抜の打ち上げでした。
祇園のため店がとれず、開催地はホームである深草。
チャリでいきました。

場所はなんと、教会の真裏。
昼は教会にいき、夜はその裏で混沌とした飲み会に参加する。
なんとまぁ、堕落しているのでしょう。
壊滅直前のソドムとゴモラのようです。

しかし、飲み会は非常に楽しんでしまいました。
楽しみすぎました。
久々に、完全に潰れましたし。
記憶は量子化され、時系列は歪み、今も胃が痛いです。

基本的に、いっきをするなら、グラスに用意しておかんとあかんのですよ。
ないと、間がもたなくなって、瓶になります。悲劇でした。

この一月半、選抜の練習をけっこうがっつりしてきたのですが、
それだけでかなり伸びたような気がします。
インサイドは慢性的な供給不足状態にあり、結構年齢が上の人が多いです。
やし、教えてくれますしねぇ。

なぜか、筋肉もついてましたし。
するだけで上半身の筋肉がつくような練習て、なかなかないですよ。

これから練習が少し減るようですが、ちょっとさみしいですね。


さて今日は、午前はつぶれ、午後は久々に買い物へ。

Tシャツがほしいのですよ。
生地がよく、中央にデザインがないタイプで、色的にもっていないもの。
そんなものを探しているのですが、ありません。

そんな感じでうろうろしていたら、
予定外にアジア製の帽子とストールを買ってしまいました。
安物ですが、いいのでは。
ストール、前のがどっかいってしまいましたし。
ずっと探していたのですよ。


その後、Y島誕生日プレゼントを購入し、ポストにいれておきました。

結構こういうちょっとしたことをするのは好きなようです。
Y島君も喜んでくれていたみたいですし。
向こうが嬉しいとこっちも嬉しいというのは、幸せな性格のようです。


3連休、あまり連休的なことはしていませんが、
いつものように楽しく過ごしたような気がします。
雨は多かったですが、肝心なところではやんでいて、
喜びが水増しされたのではと思っています。

発するもの

2006年07月16日 00:10

CMもそろそろやめましょう。
活動の結果、20人を超えましたので。
これからも、ぜひ登録やら書き込みやらお願いします。
人は独りでは何もできず、人が人を呼ぶということで。


今日はMッシュと祇園祭にいってきました。

人間からはたくさんのものがでているようです。
熱気、汗、オーラ、声、毛、加齢臭、などなど。
今日はそれらを痛感したように思います。


まずは汗。
Mッシュの練習を今させてもらってるところは、冷房が聞きます。
なので、多少温度的にはええ感じ。

でも、締め切るのですよ。
汗が、ひどかったです。
10人強しかいない体育館なのに、どんどん湿度があがりました。
皮膚呼吸できひんのちゃうかというほどに。
汗でこんなことになるとは。あせりました。


次は、熱気。
祇園祭、やはりよいですね。
やることは基本的に無くて、M尾の鶏鉾にいってお囃子を聴いて、
多少うろうろして、帰りました。

つれとの遭遇が減りましたな。
以前は祇園祭にいったら誰かしらあったのですが。
えっそこつきあってたんや、とかそういうの、ありましたな。
今日は選抜の後輩だけでした。

熱気がありましたね。
人がいるところでは、すごくあつかったです。

でも、こういうの、ええですなぁ。
京都のどまんなかを、ただ山鉾をみてまわるためだけに歩行者天国にする。
そういうの、好きです。風情とはこういうものなのでは。
学生ふぜいが何を言ってるのかという話ですが。


最後は、オーラ。

祇園祭の途中で、水風船がとんできました。
そして私の足へ。

どうやらゴムがきれたようなのですが、
私もきれたと思われたようです。
執拗に謝られました。

きれてなかったのですがねぇ。
そんな空気がでていたのでしょうか。反省しましょうか。

向こうにしてみれば、水をさしたという気分やったのですかね。


日記としてはオチもないし、ぐだぐだですが、
私個人としては非常に充実した一日でした。


************************************************************
CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340

きのう

2006年07月14日 16:37

CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340
************************************************************

K都では祇園祭やし、多少厳しかったのですかね。
さて、深夜2時に、猫背で、老けた、覇気のない私の姿は、
つゆあけの夜、私を捕まえた人たちにどううつったのでしょう。

きっと、
らくをすることしか知らないやつと思われたのでしょう。
いきることは、楽を求めることです。




今日は、ゼミやらインストラクションやらで多少がんばりました。
その後ミクシィで、下火になりつつあるジダンの話について、
そのコミュニティを見てました。
荒れているトピックもあるようです。


荒れているトピックにいるやっかいな人は、大体、二分されるようです。

一つは、完全肯定型。

ジダンが好きなんやったら、それでええやんというスタンス。
基本的にコミュニティの意義てこの辺にあると思うので、
別にかまへんと思います。

でも、完全すぎるものは、少し怖いですね。
ジダンを否定する意見を全く聞こうともしないですし。
肯定する意見すら聞いてない気がします。

変化を嫌って外界との接触を断つのは、少し怖いですな。


もう一つは、批判型。
とりあえず、前の人の言葉を逐一否定する感じです。
これは、ほんまに微妙。

完全な論理というものはないように思います。
結構世の中にあることって、相対するものの両方に理があることてありますし。

なのに、こういう人たちは、カウンターパートを完全に否定します。
そういう意味では、先述の完全肯定する人といっしょですな。
自分の意見以外は、絶対に排除する感じ。

あげ足をとりさえすれば、相手のコメントを全否定することはできますし。
そうやって相手を0にしてしまうのがよくないのですよねぇ。

0から生まれる結論は0ですし、なかなか。発展はなさそうです。

しかも、局所的に論理は成立しますからね。それもやっかい。
ロジカルシンキングって、あくまでツールですからね。
論理は必要ですが、それのみでええのではありません。


帰納法も演繹法も、それ以降もまだいろいろな考え方があるということは、
それらになにかしら不十分な要素があるからでしょう。

両方を併用しないと、より高次な意見はでてこないように思います。


脳みその本をしょうこりもなくまた読んでいるのですが、
全体を把握する機能と、個体を把握する機能は別物だそうです。
それを最終的にミックスして、認識にいたるわけです。
どちらかに障害があると、認識は破綻してしまいます。


全体をまず完全に決めきってしまって、細かいところに全く目もくれないのも、
言葉のあやをいつまでもつっこんで、全体の議論をできないのも、
どちらも破綻が生じているように思うのですが、どうなのでしょうね。


************************************************************
CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340

しゃれにならん

2006年07月14日 01:38

いろいろなことを考えました。

ウォークマンを聞いていたことはばれていないとか、
サンダルもばれていないとか、
他にやることあるやろとか、
これをうまく表現するだじゃれが思いつかんとか、
内々定に影響はないんやろかとか、
49キロやったのは不幸中の幸いやろかとか、
7000円ならがんばれば3回飲みにいけたのにとか、
またブログのネタができたとか。


気をつけよう 暗い夜道の K察官

某有名大学生の奇行

2006年07月13日 17:19

CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340
************************************************************

今日は野球大会でした。
結果は接戦の末、負けです。
それなりに楽しんだので、これぐらいでよい気もします。

その後、仁左衛門の湯にいきました。
肌が疎水性になりました。水をはじきます。

そして、今は睡魔と闘いながら蒸着中です。
ペースが遅く、今日は危険です。
明日は朝からゼミなので、はやく帰りたいです。

ま、そんな感じです。


関西の有名大学生、奇行に走っていますね。
私立の有名大学とか、貴公子ともいえるようなものですけどね。
理由を聞こうにも、なかなか出てこない。

K大生は、半年ほど前に、集団強姦しています。
H大生は、親を殺し、その金でパチンコしてたみたいです。
さらに、自分の犯行であることを隠すために自殺するふりもしたとか。
同じく大阪H大生は、恋のライバルを生き埋めにしてますし。

そして、今回、関D生がマジックマッシュルーム食べて死んだとか。

何かあるのですかね。
これが、シ ン ク ロ ニ シ テ ィ !?


ニュースの文章て、少し変わってます。

関西大学法学部2年の男子学生(19)=大阪府枚方市在住=が10日夜、サークル部室で粉末を飲んだ後、同府吹田市のワンルームマンションから転落死した事故で、この学生が友人とゲーム中に「罰ゲーム」と称して粉末を飲んでいたことが吹田署の調べでわかった。同署は形状や色などから、この粉末が麻薬として所持が禁じられている「マジックマッシュルーム」の可能性があるとみて調べている。

 同署などの調べでは、学生は10日夜、吹田市の関大千里山キャンパスの文化系サークル「哲学研究部」部室で、友人の4年の男子学生(23)と2年の女子学生(19)との3人で、タワー状に積み上げた木片を1本ずつ抜き取るゲームをしていた。バランスを崩したらジュースをおごるなどの罰ゲームを科しており、学生は午後8時20分ごろ2人の前で粉末を取り出し、「罰ゲームとしてこれを飲みます」と言って水で飲んだという。



タワー状に積み上げた木片を1本ずつ抜き取るゲーム…

ジェンガかよ。

別にここは大事な要素ではないと思うのですよ。
私も、自宅で鍋パーティをしながらジェンガをミスったら罰ゲームとか、
したことありますし。
つかまるんやろか。

まぁ、哲学研究部て、きっと飲みサークルなんでしょうね。
何かしら核がないのに飲むだけのサークルとか、
あまり性にあいません。何か話すネタあるんですかねぇ。
哲学がばかにされた気分ではあります。


高校のときはあまりありませんでしたが、
大学、そして社会人と、
自分の行動がその所属に対するイメージそのものになってきているように思います。
それはいいこともあり、悪いこともあります。

自分が責任をとればええ、という話でなくなりうるてのは、こわいですね。


ニュース風に、今日の出来事を書いて見ましょうか。

桂工科大学大学院生修士2回生の脳崎信一郎容疑者(24)=京都市伏見区在住=が13日午前、野球大会で汗を流した後、同市西京区のスーパー銭湯「仁左衛門の湯」に侵入した事件で、容疑者がその後吉野屋にて「牛焼肉丼辛口」を注文していた事が、桂署の調べでわかった。同署では大盛りを注文していた可能性もあるとして、さらに調べを進めている。

同署などの調べでは、容疑者はその後桂工科大学に向かい、容疑者の所属している研究室の「薄膜」グループの居室で、有機薄膜の蒸着を始めていると言う。さらに容疑者は睡魔と接触している疑いがあり、同署ではその点を考慮して調べを進めている。ただし専門家によると、蒸着レートが思いのほか低く、蒸着完了には時間がかかるものと見ている。容疑者は以前、「明日はゼミがあるので、はやく帰りたい。こんな長い文章になり読んでくれている人に申し訳ない」と述べている。




あぁ、ところで祇園祭、誰か暇な人いませんかね?
行く相手もいないのですが、一応風物詩ですし。
一人ではいかないとは思いますが。
どなたか。コメントでもメールでもええので、ぜひ。


************************************************************
CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340

リンクをたどる

2006年07月12日 14:44

CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340
************************************************************

だじゃれコミュニティの人数があまり増えません。
もっとキャッチーなことをせんとあかんのでしょうかね。
内容的には、結構うまいこと言ってると思うのですが。
まぁ、じわじわ増やしていきましょう。


だらだらとしていると、いろいろなリンクをたどってしまいます。
ええのか悪いのか。悪いです。


たとえば、こんなサイト
いろんなところのロゴをパロディできるサイトだそうです。
こんな感じ。
logog.jpg

logo.jpg

HP.jpg




次は、某格闘ゲームパロディ。
ここです。
おすすめは、ザンギエフとベガです。この二つはやばい。


あとは、先日の五都市大会の試合の感想とか書いてる人がいたのですが(これ)、
京都はディフェンスがよいとほめられてました。
まぁ、ディフェンスがんばろうといってやってたので、嬉しいですね。


最後に、こんな名言集サイトがありました。
これ、右側にあるように、ページを切り替えるたびに名言が変わるそうです。
これでアクセス数を水増しできるかもですね。うへへ。

名言は、基本的にどうともとれるものが多く、
自分にとって都合のええ方をとるだけのものですが。
「三度目の正直」と「二度あることは三度ある」とか。

でも、たまに結構うまく、簡潔に表現しているなと思うものもあります。

以前のエジソンの名言集もなかなかにすばらしかったですが、
最近立ち読みで少し知った名言。

「大学はキャンパスではなく、キャンバスである」


少しくさいのですが、その通りやと思います。
授業にでるでないすら自由で、体力もある唯一の時間です。
それをどうするか、ほんまに我々しだいですな。

別にだらだらすることも自由やし、何も間違っていないですが、
私自身としては、もっと密度を高められたなと、今になって思います。
今大学生の子らには今がどれだけ特殊な時間なのか、実感しておいてほしいものです。
おやじくさ。


「金は時なり」


これは、ユダヤの格言。

人生において、お金とかお金を介して得たものとかは、
有限な人生の時間を割いて得ているものなのですよ、
やし、ほんまに必要なのかちゃんと考えなさいよ、ということらしいです。

なるほどと思いました。
確かに、私程度ではほしいものて言うても家電ぐらいですしねぇ。

そしてこれは、金に汚いと偏見をもたれている
ユダヤ人の格言であることもおもしろいです。
こういうのが広まれば、偏見も少しは減るのでは。


しかし、私の現在の状況はなんでしょう。
昼間やというのに思いっきりブログとか書いてますし。
こういうときにいい名言は、「時は金なり」なのでしょうな。
時間を無駄遣いすることは、ぜっタイムだですからね。


************************************************************
CM:だじゃれ・韻
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340

当然ではない

2006年07月11日 12:53

しばらくは、宣伝を。
書かなくてもよいので、おもしろいと思ったら、
だじゃれコミュニティはいってください。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340
************************************************************

さて、カメレオンマンさんの画像を拝借します。
最近ちょこちょこ見られる現象ですな。

私たちは、この世のものを、認識することで初めてその存在を知ります。
今見ている世界は、網膜において結像され、電気信号として脳に至り、
脳において形状、色、位置、方向、記憶との対応などの処理を行い、
それらをすべて終えた後になってようやく知覚するわけです。
これだけ複雑なプロセスを経ないと認識ができないことから、
バークリのような独我論が出てきたりもするように思います。

つまり、私が見ているこの世界と、
みなさんの見ている世界が本当に全く同じように見えているのか、
それは当然のことではありません。

私の考えている緑は他の人の考えている青かもしれず、
私の考えているイタリアの国旗は他の人の考えているフランスの国旗かもしれません。
それは、簡単にはイメージできません。

ものを見たとき、それらの情報は複数の経路を通って脳に伝わるそうです。
そのどれか一つだけが損傷すると、不思議なことがおこります。
例えば、取っ手の存在を認識できているのに、それを掴む事だけができないとか。
ポカリのふたをあけられないとか(なぜおれはあんな無駄な時間を…)。

自分の当然と思っている世界、それは本当は当然ではないのかもしれません。


それをふまえて。

あるアルツハイマーの人の自画像の症状悪化に伴う変遷。

20060711123011.jpg
まだ正常です。

20060711123018.jpg


20060711123026.jpg
少し違和感が。

20060711123033.jpg
形状も色彩も、何かしら破綻が。

20060711123041.jpg
かろうじて輪郭はあるのか。


このように、症状悪化に伴い、
自分という自分に最も近いものの認識すらこんなにも変化するのです。

ただ、ここまではまだ、何か私たちとの共通点が残っているようにも思います。
描画技術の劣化ととれなくもありません。

でも、この最後の画像は、何なのでしょう。


20060711123049.jpg



…。

このとき、この人の見る世界はどうなっているのでしょうか。
正直、気持ちが悪くなりました。

私が今、当然と思っているものは、果たしてみなさんといっしょなのか。
自分だけが全く違うものをみているのではないか。

そういうことを考え始めると、
どんどん自分がkじゃdふぉあhがg
khがhだjじdゃpれ がgはjしゃ;sがgdgk

がけ¥、わだあgdふじこsk
hだwcqじklが

えmやあmkl;





************************************************************
書かなくてもよいので、おもしろいと思ったら、
だじゃれコミュニティはいってください。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340

宣伝

2006年07月10日 23:13

arumi.jpg


さっきのやと長すぎるので、改めて宣伝を。

だじゃれコミュニティをつくりました。

言い切りではなく、
会話の中にこっそりしのびこませようと。
気のトークなるような話ですが。

だじゃれだけではなくて、
韻、アナグラム、回文、縦読み、問答形式、など、
言葉遊びであればなんでもよいかと思います。

ぜひとも、ご参加を。

絶対おもしろいですから。
ものがだじゃれだけに、かけてもいいです。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1095340

2006年07月10日 16:12

W杯、面白かったですね。
ジダンが退場というのは完全に意外でしたが。

まぁ、けがなくてなによりです。
スーパースターなので、訴訟沙汰になっても示談でしょうし。
結局は、流れを失ったF国サポーターがじだんだを踏んだだけでしょうか。

だじゃれコミュニティ、ようやくつくりましたよ。
だじゃれや韻で会話をしたいと思っています。
よろしくどうぞ。


さて、五都市大会に行く前に読んでいたのですが。
豊臣家の人々 豊臣家の人々
司馬 遼太郎 (1971/05)
角川書店

この商品の詳細を見る

絵がないのですが、この本は、縁があった話。

生命の連続性を証明する手段で、最も単純なものは血縁です。
親には親がいて、そのまた親には親がいるということですが。
そうなると、はじめはどうなるのでしょうな。

今ならいろいろなアプローチができるかと思いますが、
昔はその生命の神秘がそのまま神格化につながっていました。
それはどこにおいてもそういうものですが、
こと日本においてはそれが非常に重要視されています。

日本は世界で最も平等な国のひとつやと司馬遼太郎はいうわけですが、
その根拠の一つが、この豊臣秀吉。
最下層の人間が、その運を含む実力のみで、天下を支配したと。
これが許される国家はほとんどありません。

ただ、この実力主義が適用されるのは、秀吉本人だけなのですよね。

その血縁には適用されない、ということがわかっていなかったと。
適用されないものに無理やり適用したことによる悲劇、の話です。


司馬遼太郎作品のよいところはメインの話に、そのまわりを彩る話が多いことです。
同じ時間軸を共有しながら、全然違う見方すらできる。
そのへん、ほんまに面白いですなぁ。
セット販売されてる気分です。


豊臣秀長や結城秀康など、あんま知らなかったですが、相当の人のようです。
逆に、豊臣秀次や小早川秀秋はどうしようもない感じ。
女性の話もありましたし、八条宮という桂離宮の持ち主の話も。
桂離宮、行きたいです。


こういう人達の話も魅力があったのですが、
司馬遼太郎はそれらの人の話の何倍ものページを使い、
淀殿・秀頼の話をしています。ほとんどは淀殿。

司馬作品では無能な人はあんまりかかれません。
「愚物である」とかあっさり書いてしまう感じです。
影響力もなく、自分達のちっぽけな利益を守ることしか考えられない人たち。
まぁ、今もいますけども。

そんなわけで、無能な人はあまりかかれない司馬作品において、
淀殿だけは特異なわけです。
読んでいてもがっかりするほどに、彼女らはひどい。
策謀をしかけている家康すらその愚かさにいらっとする場面もあります。
それだけ書くということは、司馬っちもほんまに嫌いやったのではないですかねぇ。


話がそれました。
どうも、私も嫌いなようです。

mixiである人を知るためには、その人のマイミクシィを見たりします。
その人に縁のある人が、その人を説明するわけです。
逆にその友人にとっては、その人がその友人を説明するわけで。

豊臣秀吉という人を知るには、
こういう人達がまわりにいたということを知ることも重要なのでは。

私も、この人がマイミクシィにいるならと言われるような人間にならんといけませんな。

今年の五都市

2006年07月09日 20:32

土曜日曜は、横浜まで行って籠球をしてきました。
毎年行われている、五都市交流なんとかというもの。
土曜朝の新幹線で、横浜へ。

横浜市×2、名古屋市、大阪市、神戸市、そして京都市。

昨年度は選ばれたものの、一回もでられませんでしたしねぇ。
確かに、いけなくなった人の代理とかでしたし。
実際そのときは完全に楽しかったのですが、
今年にはいっていろいろ出る機会を得てたので、多少欲求も。

というわけで、去年とは違う動機づけをもって、横浜へ。

で、結論からいいますと、多少出ました。
実際、采配に関してはどういうところで選ばれるのかはわかりませんが、
一応今回の最大の相手である神戸の泡達のときに、結構競ってる時間帯でもでれました。

逆に、他の試合はそこまで出番なし。
もう少し出たいというのもありましたが、
今回はちゃんと選ばれたということと、試合にも出たということと、
全体的には満足しています。

泡達との試合でも、ある程度通用していましたしね。
ほんまに大事な最後の5分や10分にむけて、
主力を休ませるまではいけるのではないかと。

まぁ、必死にやらんくなったとたんやられるんで、
今後もやる気を維持してがんばろうかと思います。


全体としては、精神的なところで少しやられた印象があります。
いらいらしたり、集中力がきれたりしてました。
やはり、だいぶ若くなってますからね。
同世代が4人いますし、それ以下が5人ですか。
ほんまにふえました。

熟練の人たちの位置づけとしては、精神的な安定性もあると思います。
私もそういうのができるようにならんといけませんなぁ。


夜は夜で、楽しみました。
なんやかんやでかなり長いこといっしょにいますし。
だいぶ気はつかわなくなりました。

下ネタがあまりに横行するのには多少困るのですが…。
でも、ベタに英語禁止遊びとかもしましたよ。
ギョーザは英語なのか、それは救うなのか、
今日の相手は旅することが多かったのか、
非常に単純ながら、面白かったです。

籠球の話題では、次から次へと英語がでてしまいますよ。
今度どっかでやってみましょうかね。
一応この文章も英語をはずしてみましたが、ややこしいだけですね。
ビー…、おっと、今のはセーフですかね。
麦酒でも飲んで寝ることにします。
蹴球の世界杯決勝は見れなさそうです。

ルーツ

2006年07月07日 14:03

定価で買っている数少ない漫画が、一度に三つも出ていました。
『パタリロ!79』『パタリロ源氏物語!』『ONE PIECE 42』です。
パタリロ ! (79) パタリロ ! (79)
魔夜 峰央 (2006/05/19)
白泉社

この商品の詳細を見る

人にはそれぞれルーツがあります。

幸か不幸か(イヒッ)、パタリロは完全に私のルーツの一つになっているようです。
だじゃれ好きなところも、いつもやたら説明が長いところも、
みなさんと多少笑いのつぼが違うのも、多分このせいですな。

魔夜峰央は相当知識幅が広いですからね。
神話関係が特にあるのではないでしょうか。
西洋の神話から、日本の神話まで、いろいろ知っています。
ミステリー関係も相当知識ありそうな。
あとは、多少のテクノロジーに関するものも持っています。

いろいろな知識を手に入れ、それを自分の中で融合して、
一つのものとして具現化するというのは私の中で大きな目標ですなぁ。


さて、昨日は高校の友人Sばっち、の妹めーちさんと、
同じく高校の友人のたいへーさん、の弟ひおっちさんと飲みました。

私と、高校の友人の妹と弟。
こんな3人でもあんまり違和感なく話せるものなのですな。
びっくりしました。

高校のつれと会うときは、多かれ少なかれ久しぶり感があるのですが、
高校のつれの弟妹となると、さらに久しぶり。

ひおっちさんがスペイン留学から帰ってきたという名目でした。


人を形成しているものをルーツと呼び、それは自分の歩んできた道のようなものです。
ですが、他人の歩んだ道も、私というものを形成するのに大きな影響を与えています。

やし、ルートではなくて、ルーツというのかもしれません。

まぁ実際はスペルが全然違って単数複数とかではないのですが。
人それぞれ自分の道を歩んでいくものやなぁと、昨日も思いました。


人生は旅とか、ものすごよく言いますが、
目的地に行くにはその道を選択していかんといけません。
で、他の道を戻ってみたりはなかなかしにくいです。

そういう中で、他の道を通ってきた人の話を聞くてのは非常においしいのではないですかね。
その感動全ては得られませんが、どんなことがあり、どんなことを感じたか、
そういうのを知っておくことはきっと自分のためになるでしょし。

多少時間がかかってもええし、交差点の多い道を行きたいものです。


要は、また誰かと飲もうかなということです。
もちろん昨日の二人とも。また飲みましょうか。
他の人も、相手してください。

誕生日

2006年07月06日 12:38

今日は誕生日です。1歳。

このブログをはじめて、もう一年ですか。
はやいのかおそいのか。

書いた回数は411回、コメントは610でした。
コメントは自分のが半分あるんで、300強ですか。

書く平均が1日1回でないことが書きすぎを顕著に示していますね。
こんなにも暇なのか。

でも、アクセス数は33000ぐらいありますし。
更新で増えるので、水増しされてますが、
一日70人ぐらいは違う人が見てくれてるみたいです。

ブログランキング的なのが多いのでしょうが、嬉しいですな。
こんな長いのに、ありがたやという感じです。


このブログ、当初は飲み鶴さんやケノービさんにすすめられてはじめたのですが。
気がつけばものすごくはまってしまいました。

高2から日記つけてましたし、親和性はあったのでしょうが、
特にブログは、一応他人を想定していることがええのでしょう。

受験勉強とかで問題が解けることと理解してることは全然違うとよく言われました。
他人に説明できるぐらいになって、はじめて理解しているのだとか。

そういう意味で、ブログは自分の考えなりなんなりを、具現化してますからね。
頭の中でもやもやしていることが、多少はっきりしたように思います。


就活のときも、自分がどういうことを興味もってるかとか、
意外とブログとかから得ているときもありましたし。
文章にしておくことは大事やなとつくづく思いました。
いろんな人の意見も聞けましたしね。

あとは、本の感想を簡単にですが書く習慣がついたのがよかったかも。
今まで読みっぱなしでしたからね。
一度レビューするだけでも、かなり記憶に残るように思います。
わかったつもりのことがわかってないことも多々ありましたし。


mixiはあしあとでわかるのですが、ブログはだれが見てくれているのでしょうかね。
見てくれていそうな人はだいたいmixiにいるのですが。
また、気がむけばコメントやらなんやらくださいませ。


まぁ、もはや独り言ではないのですが、
そして、どうせまた愚痴が多く文章も無駄に長いのですが、
今後ともよろしくおねがいします。

AND

2006年07月05日 16:25

朝起きると、イタリア-ドイツ戦が延長にはいっていました。
雰囲気的に絶対PKやわと思ったのですが、最後の最後に。

いやぁ、すごいですなぁ。
あの時間に、あれだけ精度のあることができることがすごいです。
やはり、レベル高い。

ここまでくるとよくやった感はありますね。
ドイツも、基本的に批判されてないみたいですし。


で、結構テンションがあがったのですが、チャネルをかえるとさがりました。
ミサイル、発射されたみたいで。

普通に腹たちますねぇ。なめるなという感じです。

どうなのでしょうね、もう政治的かけひきという感じもしませんが。


さらに、腹がたったのはこれです。
竹島周辺の海洋調査、韓国調査船がEEZに入る
別に竹島問題をどうこうでなくて、タイミングがこすくないですかね。
火事場泥棒みたいな印象をうけます。

ミサイルがおちてくるかもしれない領域に平然といけるのは、
果たして偶然なのかどうか、疑ってしまいます。


N朝鮮もK国も、前者はあったこともないんでわかりませんが、
個人としてみたところでは嫌いではないです。
文化の違いはあるなと思ったりはしますが、それだけ。

でも、それが群集になると、少しやっかいですねぇ。
政治があかんのですかね。


所属するコミュニティというものは、自分はそうと思っていなくても、
自分を判断される基準になります。

人が何かしらの偏光板を通す事でしか人を見れんのであれば、
我々は何かに属することでしかアイデンティティを得られないのでしょうか。
嫌ですな。


でも、組み合わせは無限にあるわけです。
**かつ%%かつ$$かつ…とANDをとりつづけることで、
何かに所属するという手段をとりながらユニークさを出せるはず。


つまり、mixiでコミュニティをいろいろ登録したと言う話ですよ。

新しく登録したものはこんな感じ。
自己紹介みたいなものでしょう。

「酒好き」:そのまま
「NBA」:そのまま
「A.P.C.」:ここの服は多いです
「adam et Rope」:好きやけど、サイズがないです
「ノンスモーカー」:自分は吸わないというだけ
「KKD附属」:母校
「M山中学校」:母校
「Semiconductor Industry」:まぁ来期から関係あるので 役に立ちます
「家電・電化製品」:好きなのです
「エ♥Books」:好きなのです
「VDFオリゴマーだいすき!」:好きなのです
「ダジャレの会」:好きなのです
「科学哲学」:両方をつなげることは必要です
「M下電器内々定者2007」:来年いきます
「KKD附属バスケ部」:ホームです
「五味(ごみ)」:私ではなく、リサイクルの話

有機エレクトロニクスと哲学とだじゃれと読書とバスケと酒と服でANDをとると、
さすがになかなか個性がでてくるのではないですかね。

次は何とANDをとりましょうか。

トレードオフ

2006年07月04日 23:40

エレベーターの次はエスカレーターですか。
また事件あったようで。

橋本元首相が亡くなり、その関連で宮沢元首相を見たのですが、
人が変わったほどに痩せていましたね。
まぁ、結構な高齢ですからね。

いまいち明るいニュースがありませんな!


あまり関係はないのですが、
「太く短い人生」という言葉があります。
「細く長い人生」よりは「太く短い人生」の方がよいと。

これ、結構当然のように使っていますが、
これは人生には何かしらの普遍な不変な量があるということを、
知らず知らずのうちに認めてしまっているということナノでしょうか。

人生を何かしら太くするためには、
何かしらの犠牲が伴うという事なのですかねぇ。


これを無駄に拡大解釈すると、宗教のいう無私につながるのでしょうか。

仏教でも、キリスト教でも、イスラム教でも、
自分を無にすることが目標の一つです。
孔子のいう、従心(70歳)も似ているような気がします。
かなり違うかもですが。

無私になることで、無死になるということですかね。

自分を無にするということは、さっきの細くがほんまに細くなって、
0になるということですかね。

何かしらの定まった量の一方を永遠にしようと思うのであれば、
もう一方は必然てきに0にならざるをえないのでしょうかねぇ。


なぜこんなことを考えているのかわかりませんな。
得意技ですな。

ま、暑い折に、アプリオリかもしれないことを考えたということで。

祝いあい

2006年07月04日 16:57

中田、引退しましたな。
いわゆるスーパースターは結構戻ってくるイメージがあるのですが、
ジョーダンも、ジダンも、クレメンスも。

ただ、日本人は去り際を大切にしますからねぇ。
どうなることやら。
個人的には、サッカー好きならやったらええと思うし、
それでいろんな人をひっぱっていってくれるのが嬉しいですけども。


そんな報道があった中、私は飲んでいました。

珍しく四条烏丸の方で飲んでみました。
COCON烏丸の少し東南にある、『田舎亭』
p_top_ls.jpg

基本的に、カウンターにおばんざい、って卑怯なのですよ。

今回の飲みの名目は、まさるさんがこっちに帰ってきてたので、
遅ればせながらの就活祝いあい会。

それに、*mid*、K宮さん、Sばっち(姉)の美人どころを誘って。

店がかなりよかったですね。
完全に衝動で選んだのですが。

ご飯はおいしいし、雰囲気(特になぜかトイレ)がめちゃよかったです。
木屋町とかはやはり若者がいますからね。
その店では私たちのグループが一番若かったですし。
まったりしていました。

で、値段もかなりお手ごろで。
3時間ぐらいいたのですが、なぜか一人1500円。
ホットペッパーで10%引きで、全体的にお酒は飲まず、
まさるさんの体調不良による食欲不振てのもありましたが、
それでも安い印象はありましたねぇ。特にけちってないのですが。

話をする方が大事やったのですかね。よいことです。


話の内容は、まぁこれからどうするか、どうなるかという話。

一年浪人したのが院を卒業する今年で、
おおかたは仕事につきおわることになるわけで。

どうなるのでしょうねぇ。
24、25てのは思った以上に子供やとは思いましたが、
それ相応の責任はでてきてるわけで。
社会人として、これからもっといろいろあるのでしょう。

楽しみでもあり、不安でもあります。
昨日もいったかしら。


面白いのは、医学部にいった友人達、みんな進路が違いそうなのですよ。
公衆衛生とか、外科とか、小児科とか、精神科とか、
私は受験のときには進路がある程度固定されてしまうことに不安があり、
医学部は選択肢からはずれたのですが。
現在に不満はないですが、こういう選択肢もあったのかなと。

医療とか健康て、これからますます重要になりますからね。
こういう道に進む友人と協力して何かできればあついなと思います。

はりねずみづくし

2006年07月03日 16:05

週末ははりねずみづくしでした。
私の研究室にいるのとは違います。

土曜日は、ひさびさにHホッグスへ。
まぁ、楽しくやったように思います。

結構バスケレベルに差があるので、難しそうですね。
技術の方もそうですが、モチベーションの方も。
まぁあれだけ人数がいれば、大丈夫には思います。
ダイヤモンドの原石もいっぱいありました。
…なんか、完全に何様やねんという感じですな。

女子はものすごくレベルあがってたように思いますね。
きっちり練習している感をだしてました。
カットイン以外の攻めとかができるようになるとすごそうです。


今朝は早起きしてしまったので、ひさびさにコートとりに。
微妙な55番とかをひいたりしました。
相変わらず人は少ないです。ま、いつものことなので。

そこで、Uめちゃんのおばちゃんにあいました。
「昨日は息子の2次会にきてくださったそうで…」

名前を覚えてもらっていたことも嬉しかったのですが、
息子が結婚したことがほんまに嬉しそうで、こちらも幸せになりました。

そう、Hホッグスづくしのメインは、Uめちゃんの結婚式です。

去年はやたらと結婚式に参加してましたが、
なんだかんだで同い年の子の結婚式ははじめて。

やはり、結婚式はええものやと思います。

いろいろ複雑なバックグラウンドはあったのですが、
やはり、単純に幸せになってほしいなと思うものです。


そして、結婚式て、めちゃその人がでるのですよ。

来てくれる友人達、幹事をしてくれる友人、スピーチや余興、
新郎新婦の姿や言葉、最後にくれるちょっとしたプレゼント…

全てがかぶるとかありませんからね。
表現の場としても、非常に楽しいと思います。

私の結婚式はどんなんになるでしょうね。
いろんな人にきてもらい、同窓会みたいになってほしいと思うのですが。
楽しみなような、不安なような。


まぁ、べたですが、末永くお二人には幸せになってほしいと思います。


後は、写真たち。
アルバムとしてはこちらに。

CIMG3175.jpg
浴衣で入場。

CIMG3187.jpg
「筋肉むきむきの部長」より乾杯の音頭を。

CIMG3195.jpg
集合写真その1。

CIMG3199.jpg
とうもろこし一気。縦から食べるのはすこしコーン難なようです。

CIMG3204.jpg
めずらしく比較的普通に写った私。

CIMG3212.jpg
この後は恒例の…。

CIMG3218.jpg
集合写真その2。末永くお幸せに。

CIMG3224.jpg
2次会の2次会でも、写真を。

CIMG3227.jpg
電話一本でかけつける、すばらしい人たち1。
(左の二人。右は16時を6時と間違ったMよさん。)

CIMG3228.jpg
電話一本でかけつける、すばらしい人たち2。

バトンは分離して

2006年07月03日 12:38

なぜか、先日からアクセス数がいっきょに半分ぐらいになりました。
なぜだろう、なぜかしら。

一つ思ったのは、長いブログはやたらと単語数が多いため、
検索に意外とかかりやすいのではないかということです。


さて、まずはバトンを。
バトンとブログの両立は無理のようなので、分けます。

私の同僚はりもぐらさんから。
これまでもこれからも同僚です。

Q1 起きてまずやることは??
 ⇒二度寝

Q2 これだけは欠かせない日常的なことは??
 ⇒コーヒーと更新

Q3 好きな食べ物を3つあげてください
 ⇒たこわさ、ほっけ、めふん

Q4 嫌いな食べ物を3つ挙げて下さい。
 ⇒ないね、いや、ありやせんよ

Q5 あなたが踏まれたくない地雷は?
 ⇒下ネタ

Q6 最近一週間で一番うれしかった出来事は?
 ⇒昨日のUめちゃんの結婚式

Q7 最近一週間で一番悲しかったことは?
 ⇒今。一週間てこんな短いのか…。

Q8 今使ってるシャンプー&リンスは?
 ⇒LUXかしら。興味ないです。

Q9 お風呂で体を洗うときはどこから洗う?
 ⇒うなじ

Q10 あなたにとって恋愛とは?
 ⇒かんがえたこともねぇ

Q11 恋愛は手のひらで転がすタイプ?
 ⇒手のひらに迷い込むとスタンドが発現するかもしれません。

Q12 あなたの長所は?
 ⇒私の長所はどんなことにでも興味を持ち、
  一生懸命とりくめることです。(就活風)

Q13 あなたの短所は?
 ⇒一生懸命とりくみすぎるあまり、
  やりすぎてしまうこともあります。(就活風)

Q14 あなたを動物にたとえると?
 ⇒うさぎ

Q15 あなたの弱点は?
 ⇒フリースロー

Q16 寝る前に必ずすることは?
 ⇒目をつむる

Q17 リラックス&ストレス発散にすることは?
 ⇒うさぎなどのぷよぷよしたものを触る
  アルコールドープ

Q18 好きな映画
 ⇒メメント、ゲロッパ、ライフイズビューティフル

Q19 四季で一番好きな季節は?
 ⇒春

Q20 好きな香水
 ⇒ないね、いや、ありやせんよ

Q21 まわりから見た自分は
 ⇒でかい、きれる

Q22 バトンをまわしてくれた人の印象は?
 ⇒とげとげ

  嘘です。きっちりしてて、超負けず嫌い。多趣味。

Q23 自分の好きな人間性は?
 ⇒空気読める人、ポジティブ、好奇心旺盛

Q24 でわ反対に嫌いなタイプは?
 ⇒空気読めない人、ネガティブ、無関心

Q25 自分がこうなりたいとか理想像はありますか?
 ⇒その人が死ぬとき、子を託してもらえるような人になりたいです。

Q26 自分を慕ってくれる人に叫んでください
 ⇒慕うだけでなく、コメントもしてください。

Q27 そんな大好きな人にバトンタッチ5名(印象付きで☆)
 ⇒私の印象を聞きたい人は言ってくださいませ。


うん、微妙ですね!

偉いねぇ~

2006年07月01日 12:36

昨日のuniverscale、どうやったのでしょう。
結構感動すると思ったのですが。

ドイツ対アルゼンチン、面白かったですな。
後半とか、どきどきしていました。
こまかいところはわかりませんが、8強ともなると、
そうとう面白いですねぇ。


さて、本を読みました。非常に短いのですが。
モーパッサンの『脂肪の塊』
脂肪のかたまり 脂肪のかたまり
ギー・ド モーパッサン (2004/03)
岩波書店

この商品の詳細を見る

モーパッサンは『女の一生』を持っている気がします。
読んだ記憶はありません。
この本は、それと並んで代表作の一つのようです。

非常に短いので、話もシンプルです。
彼は自然主義だそうで、描写もシンプルに思います。

普仏戦争の合間に、買出しにいくために乗りあった人たちの一場面。
貴族、成金、民主主義者、修道女、娼婦、など。

それらの人たちに起こったある事件が、
それらの人たちの本性をさらけ出すというようなお話。


モーパッサンはブルジョア蔑視の傾向があるそうですが、
確かにそういう部分があったように思います。

貴族的なふるまいをしていても、結局やっていることは醜いと。
娼婦や民主主義者は素朴な祖国愛を示しているのに、
見かけ上祖国を愛している貴族は実は自分のことしか考えていない。

それらを淡々とかいているような話でした。


途中で出てくる言葉、
「貧乏人同士は助けあわなきゃいけないんです。
……戦争をやるのは、あれは偉いやつらですよ。」
というものが非常に印象に残りました。

では、「偉い」ってなんや?となるわけです。


貴族というと我々と関係ないようにも思いますが、
他人の助けがなくても生きていける人たちと言い換えてもよさそうです。

最近の、個人主義も、とても大事やとは思うのですが、
いきすぎている人もいるように思います。
他との相互作用があってはじめて人間として意味をなすと思いますが。


ちょっと文章量を少なめにしてみました。ちょっとだけですが。
長いか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。