FC2ブログ

バスケ関連

2006年06月05日 17:32

また今年もついていたようです。
五都市の選抜にも残ってしまいました。
センター陣が結構参加できないようで、その恩恵にあずかったと。
出番はあるかどうかわかりませんが、がんばっていきます。

まぁいうても15/25なので、嬉しいですよ。
最近身体が結構ぐだっているので、このモチベーションを利用して、
多少改善していこうかと思います。


あとは、事務連絡。

あのぐだったムッシュHPを変えてみました。
HPをいらうのは多少時間がなさすぎるので、ブログ形式で。

まぁ、必要なのは掲示板的な要素と、予定やらと、写真を載せることぐらいでしょ。
あとはリンクとか。
それぐらいならブログ形式でできそうですし。
書き込むときが若干めんどくさい程度でしょう。

というわけで、ムッシュやKKD附属の方々、こちらへどうぞ。

今はあまりにも適当なんで、おいおい変えていくつもりです。
とりあえず、書き込みのためのパスワード等はあとでMLで回します。
MLに入ってない人は、私まで聞いてください。

よろしくどうぞ。

ドニッチ

2006年06月05日 11:52

土日のことです。
最近土日にそこまで書いてナイキがしますね。
完全に自分のためです。忘れやすいので。

・祝い会
土曜にK森さんが帰ってきて、われわれM2の祝い会をしてくれました。
集合時間までに来たのが半分以下と、ひどいことをしてしまったのですが。
遅刻等は嫌いと公言しているので、ちゃんとせんといけませんな。

会自体は相変わらず楽しく飲んでいました。
ただ、W民のような人気店では私の声は隣の席ですら減衰するようです。
減衰率の周波数依存を調べて、状況の改善が必要です。

なお、全体としてまじめな話を多くしたような気がします。
ええことや。と思います。


・選抜
昨日は選抜の練習。先週肉離れで休んだので、今回が今期初練習。
五都市大会という大会に向けてまた少し絞られるので、みなさん必死でした。
というか、無類の負けず嫌いばかりです。

選抜の練習では、見事なまでに弱点がでるのですよね。
ミドルはいるインサイド陣にはほんまにつけへんし、
逆に自分はその距離でやらされて消極的オフェンスをしてしまいます。

最近、他のところの練習ではカットインばっかですからね。
ミドルはもっとうたんとなぁ。
選抜でカットインしてみるというのもありかもですが。


・犬
Mッシュ練のときにですが、U生の飼っている犬が死んだという報を聞きました。
U生はこころやさしいですからね。ほんまに悲しそうでした。

でも、ここまで愛する関係があることは、ええことです。
死をみとるところまでちゃんとできるということは、すばらしい。

なんか、生命を軽く扱う人が多すぎるように感じるのですよ。
なんでペットを捨てられるのか、という話です。

飼うという行為は、ある生命を完全に束縛するということですし。
そんなことをする以上、途中で放棄するてことはありえないはずです。
ペットを飼う人は、そこまでをちゃんと覚悟できているのでしょうか。
安易に飼う人が多すぎるように思います。

ほんで、意外とそういうペットは生命力があって、
たったひとつがいだけでも生態系を乱しうるのです。
ま、ペットを捨てても大丈夫な人は、
生態系が乱れたりすることにも至って無関心なのでしょうが。


・締切が近いものが3つ
こんなことをしている場合ではないということです。

どの程度ですか

2006年06月03日 10:30

客につばかけられて殴打 東急が渋谷駅の駅員解雇
これって、どうなんでしょう。
こまかい事情は知りませんが。
言うたら、万引きして怒ったらこっちは客やぞと逆ギレしてつばかけたわけでしょう。
客ではないですやん。

まぁ、暴力があかんのでしょうがね。
つばをかけた人も、十分暴力やと思います。

とか私が言うと、心配されるのでしょうか。またか、的な。


昨日家に帰ってみると、部屋にブラックジャックが落ちていました。
Black Jack (15) Black Jack (15)
手塚 治虫 (2000/01)
秋田書店

この商品の詳細を見る

ブラックジャック、昔既に読んでいたのですが。
こんなに考えさせられるものでしたっけ。

すごい小説とか作品とかてのは、そうそうかわらんようです。
遠藤周作は日本人とキリスト教てのをいつも考えています。
司馬っちは、日本人というものを歴史という視点で見ている感じ。
立花隆は科学をもっと我々の考え方とかに浸透させないといけないとか。

やはり、自分の最も情熱をそそぐところというものはなかなか変わらないようです。
手塚治虫はH大医学部の出身ですが。
それもあるのでしょう、死に対するものが非常に多いです。
とくにたまたま今回読んだやつが、そうやったのかも。

我々は全て死ぬわけで。
締切はせまってくるのみなのですよ。

なら、我々はそれまでどうするべきなのか。
というか、なんで生きるんですか?みたいな感じでした。
結局、そういうことを考えると、いろいろ考えてしまうのですかね。

哲学者の表現方法手のは必ずしも一通りではないと思いますが、
まんがをその表現法として用いた稀有な例のように思います。


我々の行動原理みたいなものがあるわけで。
結局、自分のしたいことをする、ということなのですよ。

自分のしたくないことでもできる人は、したくないことをするという行為がしたいのです。
この人らみたいに表現したい人もいるでしょうし。
仕事をいやいやしている人は、やめたときのデメリットに遭遇したくないのです。

ほなら、「あいつは自分のしたいことしかせん」という批判は全く意味がないわけです。
みんな批判するわけで。

批判するべきは、「その人のしたいことがその程度でしかない」ことなのでしょう。
批判、ではないですね。卑下、になるような。


日々だらだら過ごしてて大丈夫な人は、その程度です。
群れてその中だけで偉そうにできたらええ人は、その程度です。
苦労しない範囲で得られることのみで満足できる人は、その程度です。

ただ、これらを批判することは間違っているように思います。
あくまでも、自分との違いしかないわけですから。上下はないです。
それが間違っているわけではなく、ある意味うらやましい。


やし、冒頭のつばをかけられて殴った人は、
殴るということで満足できる程度やったととるべきなのですかね。
それでいろいろなものを失うかもしれませんが(実際失ってるし)、
それ以上に殴るという行為をしたかったという程度なのです。


ただ、そういう風にとってしまえないですよね。
おそらく私は同じ状況になったときに我慢できないような。
みなさんご存知ですが。

手塚治虫の中には、世界や自然が好きやとか、人間が好きやとか、
そういういわゆるべたな表現も多くあります。
何々をしたいということと、それと矛盾することを選ぶということは、
必ずしも特異なことではないのですよねぇ。


つまり、発散して、意味がわからない文章になったということですよ。

FT

2006年06月02日 13:15

FT(ふと)思った事をいろいろと。
FTとは、フーリエ変換ではありません。
まぁ、さっきFT-IRの議論とかで1時間以上かかりましたが。


FT(フリースロー)はめちゃ大事ですわ。
3勝1敗で迎えたマイアミが昨日負けたのですが、
その大きな理由はFTなのではないですかね。

シャックがFT下手なのは有名ですが、シャックのFTは少なかったです。
ガード陣がはずしてました。
あれの差かな。

今日はノヴィツキーが50点とって、FTは15/16でした。さすが。


FT(ふとどき)者がいますね。
某C国のチケット問題です。
ごく一部分の抽出で判断したらあかんのはわかりますが、
でも、なんとなく、またかと思ってしまいます。
立場が逆やったら、
「J国はC国の正当な権利を一方的な態度で無視した。
これは帝国主義の復活を表し、絶対に許す事はできない。」
とか言われるのでしょうな。偏見ですか。

こういうこと言うのは嫌いですが、言ってしまいました。
個人レベルではええ人多いのですがねぇ。


FT(ふとん)はだめですね。
昨日はHッジの同期で内定祝いあい会をしてたのですが、
少し下の階でFTの上に横になったら5時間が過ぎました。

でも、焼きそば、焼き鳥、しょうが焼きをホットプレートでするという企画は完全に成功でした。
でも、少しFT(ふとり)そうです。
そしてFT(負担)が増えてきました。締め切りが多々あります。


FT(ふたたび)という感じです。
M上ファンドが操作されているそうですが。
LDの姿をみて、ちゃんと対策しておけよと思います。
まぁまだわからんのですが。


そして、今日はFT(古くからの友達)Jゅんさんの誕生日です。
どなたでも結構ですので、こちらへ行っておめでとうと一言。

ぜひぜひお願いします。
今も、ドイツでがんばっていますからね。
きっとその一言が元気につながると思いますので。

FT(ふぁいと)、ということです。

だじゃれの会

2006年06月01日 00:08

今日は、なにをしていたのでしょうかね。
とくに自己嫌悪に陥るわけでもないのですが。

頭を使う作業をしてはいたのですが、いまいちどうもはかどらないです。

Y田先生が私に言ったのではないですが、研究会で、
「何か確立したデータがあるとそれを基準にかんがえられるけど、
ケースバイケースで考えていくと泥沼にはまるよ」
とおっしゃられていました。

まさに、その通りな気がします。
何かしらほぼ確実な部分があればええのですが、
そこがなかなか見つかりません。

そのへんかなー。まぁ、興味はあるのですよね。


さて、mixiですが、コミュニティ検索とかをしてみました。
暇なのですかね。違いますよ。

で、M下の内定者コミュニティを見てみたりしました。
こういうのはいっておいたほうがええのですかね。
このブログをみて仲良くなろうと思ってもらえるのかどうか…。
ま、同期はある程度広くつきあっていきたいと思います。


コミュニティは自分のプロフィールのひとつやと思います。
こんなことに興味がありますよとか、こんな人間ですよとか。

そういうわけで、私を形成するもののひとつ、
だじゃれのコミュニティをさがしてみました。

…なかなかないですわ。

ショックでした。
ふとんがふっとんだとかで喜んでる人が多すぎるし。
いや、勢いとかタイミングとかが大事なので、全然ええのですが。

しかも、だじゃれに対してコメントしてたりします。
それ面白いとか、あそこであったよね~とか。

なめてる。

だじゃれは、駄などではないのですよ。
ボキャブラリーの多さ、それらの検索能力、
韻をふむというリズム感、言うタイミング、
一つの言葉に二つ以上の意味を持たせるなんて、そうそう簡単にできることではないです。

なかなか、そういうのにあったコミュニティはなかったです。

唯一よかった、だじゃれの会というものに入りました。

だじゃれは特にコメントも賞賛も究極的には笑いすらいらず、
ただ単によりうまいことを言うという勝負でさえあればよいと思っていますので、
ここみたいに淡々と言い合うのは嫌いではないです。

ただ、そろそろだじゃれだけでなく、うまいことを言いたいですね。


そろそろ、KKD附属とか、M中とかM小とかのコミュニティにも参加しようかと思います。
なんで入ってないねん的なんもありますしね。


あー、こんな書いている場合ではないのです。
明日は朝から研究室対抗野球大会ですし。はよ寝ナイト。
その後はHッジの内定でたメンバーでの祝いあい会です。
ほんまは野球の打ち上げとかでもええのですが、かぶってしまいました。


ものが野球だけに、バッティングしたということでよろしかったでしょうか。


うーん。やはりだじゃれの方が安心しますね。
慣れ親しんでいる方をとってしまうようです。

やはり、ほしゅ的です。