FC2ブログ

コネがなきゃ

2006年05月03日 09:17

事務連絡。
・T14のコミュニティができたそうです。もしまだならぜひ。
 電電のつながりは、残しておいた方が絶対ええですよ。


さて、昨日は2時前に学校を帰るという暴挙を断固として行い、
はるばる奈良まで行きました。

主目的は、『スコットランド美術館展』です。
27fecf28.gif


19世紀ぐらいのスコットランドに関わりのある人たちの作品。
印象派的なものが半分、その他が半分ぐらいですかね。
凄く量があり、よかったです。

まぁ知識がないので、あくまで感想ですが、もろもろを。

まずは、美術館にいったときの恒例になっている、愚痴を。
なぜ、いつも、いるのでしょう。

わかった風な口ぶりでぺちゃくちゃしゃべる中年女性群。
地声でしゃべる中年男性。

さらに今回は、

音もれしまくってる状態で凄いスピードで見ていく青年。

というものもいました。全てが、うっとうしい。
少し声をだしている子供もいましたが、まだそっちの方がまわりに気をつかってました。


さて、愚痴もいったところで。

個人的には、私は写実主義的な作品の方が好きなようです。
そして、何かしら湿り気を感じるようなものに好感をもつようです。
おそらくそれは、一つには、生命感を感じるというのがあります。
ほんで、もう一つは、湿り気が写実主義では大事になるのかなと。

それまでの、いわゆる理想的な絵画はそれがないのでは。
イメージとしてはARMSの三月兎によって、
描かれているような世界です。
座っても汚れないし、ぬれない。そんな世界。

それに対して世界はほんまは汚れもするし、ぬれるのですよね。
ひどいときは、虫とかを踏み潰してしまう。
そういう感覚がはじめておきるのが写実主義なのかなと。
やし、よいと思ったのかもしれません。
まぁ、素人考えなのですがね。


で、印象派が悪いかというとそうでもなく、
中には新鮮なのもありました。
おそらく、表現の手法が少し違うものに対しては非常に好感をもつよう。
ベルト・モリゾの『庭にいる女と子供』
ロバート・ゲルム・ハッチソンの『苺とクリーム』
とかは、絵葉書をなんとなく買ってみましたし。

まぁ総じて、非常に満足です。


その後、飲み。5時からです。
あまり期待はしてませんでしたが、やはりML程度では人は集らず、
Tまさんと飲んでいました。

結構低空飛行やったのでしょうか。だらだらと飲んでいました。

しかし、それから、じわじわと。
まずは、Nむりんと、その友人(美人)。
そして、Sやまと、その友人(バスケ)。
いやはや、終電がなければもっと話たかったですね。
Nむら、S山は言うにおよばず、その友人達も非常に刺激的でした。

N友は仕事をやめて、それから研究に戻ってきているそうですし、
S友はたんぱく質内にある金属を遺伝子操作でいじり、
その金属の位置を制御することでメモリとして応用しようという研究を。
バスケもしているようですし。

なんや、ええですな。

帰り道に、Nむりんと、コネクションほど大事なものはないと。
そんな結論が出ました。
それは悪い意味ではなく、いい意味で。
自分を知っている人が多ければ多いほど、チャンスは産まれてくると。

就活をしていても、それは痛切に感じましたしね。
コネで何気なくしてもらったことが、あとになってもの凄く大きな意味をもつのですよ。

別に、コネを用いてなにかしらをする必要があるのでもないですし。
理想は、相互作用なのだと思っています。

自分が友人に影響を及ぼし、友人から自分が影響をうけると。
スコットランド美術館展で展示されている作品間にもそれはあるそうですし。
互いに影響を及ぼしあえる関係て、ええですよね。

そういう意味で、今までつくってきた関係を維持したいのです。
離れて消えるものではないでしょうけど、やはりこっちで働きたいですな。


あー、また長くなってしまいました。

日と月

2006年05月01日 22:55

多少長くなりそうです。いつもですが。
まぁ、日記をつけなくなってしまっているので、日記として。


日曜日。

夜に選抜のセレクションがありました。
これで決まるのかー。
とりあえず、リバウンドはまぁまぁとして、
残り7秒で2点リード、マイボール
→パスアウトを私がうけてトラベ
→自分のマークマンに3点を決められる
というのは非常によろしくなかったです。
学生の間は選抜でいたいですなぁ。なんとかならんか。

で、その後はロウニンさんとYじま君と飲みました。
ロウニンさんはまぁ、mixiでみてもらったらわかるのですが、
ひどいことになっております。仕事が。
肉体的にも精神的にもきつそうですな。

非常に高い目標をもっているので、刺激をうけました。
私にはそういうのがないですな。理想が漠然としています。
そうでなく、ある程度具体性のある夢をもっていることがすごいと。

まぁ、しかし、その人が私に会いにわざわざ京都に来てくれたので、
がんばって脳みそをつかってみました。
キリスト教を二人ともバックグラウンドに持っているので、
どうも共通点があるようなのですよ。

でもやはり、自分のことでないから、どうしても大胆なことを言っているような。
何かしら役にたてているのであればうれしいのですがね。

どうも、私のまわりにはこういう自分の目標にむかって走れる人が多い気がします。
類は友を呼ぶ、という諺が真実であればよいのですが。


月曜日。

めちゃひさびさに買い物に。
とりあえず、兎害によってズボンがことごとくやぶれているのでそれと、
もう一つは春からクーラー下ではおれるような何がしかを探しに。

なかなか、いろいろ体験しましたよ。

まずは結論から言うと、Uニクロのジーパンです(またUか…)。
もう一つは、UAのベージュの無地綿カーディガンです。

ジーパンは、まぁよいです。やはり、3000円は安すぎる。
コストパフォーマンスがねぇ。しかたないですよ。お金ないし。

カーディガンに関しては、まぁ満足しております。
久々に定価で買ったことや、ベージュという選択ができたことが満足。
紺とか黒とかでもいけた中、ベージュてのが。ありかと。

UAでめちゃうれししそうに買い物してたら、
店員さんからペットボトルに入ったミネラルウォーターを頂きました。
よくみると、クロムハーツのやつでした。

クロムハーツのミネラルウォーターて、めちゃレアやと思うのですが。

あとは、はじめて街中で写真をとられました。
関西系の雑誌です。
レイアウトの都合上、載らんかもと言われたので、載らないかもです。
APCのポロシャツはともかく、
あとはまたユNクロのズボンに、ぷよぷよのサンダルとかでしたし。
ぐだぐだですわ。あれで載ったら申し訳ないです。

が、まぁ、うれしいですよね。
自分の服が主流とそこまではなれていないということにはなるのかと。
次はちゃんと載れるようなかっこうをしてみたいです。


しかし、日記だけでここまで書くというのは、ある意味すごいのでしょうか。
でも、もう少し短くした方がよいのでしょうかね。やはり。