FC2ブログ

ノスタルジック

2006年01月09日 11:42

昨日は小学校の同窓会でした。

毎年恒例になっているために、だいぶ見知ったメンバーです。
固定化されつつあるような。

…と、いつも行く前はあまり乗り気ではありません。
でも、皆勤賞(私とI田氏とT野氏のみ)。
そして、行ったら相変わらず楽しく飲んでしまいました。

毎年ひさびさな人や、転機を迎えた人とかがいるしですかな。


ちょっとその前に。

集合時間よりも30分ぐらいはやくついてしまいました。

なので、大手筋商店街へ。

大手筋は、京都で二番目の商店街であると自負しています。
三条四条のあの中心を除いて、どこが勝てるだろう(いや、勝てない)。
田舎の県庁所在地よりも栄えているのではないかとさえ思います。

この商店街は変化するところと変化しないところがあります。
変化しないところがあるから、みなノスタルジーに浸れるのでしょう。

というわけで、その30分間、ノスタルジーに浸ろうとしました。


変わってる。

ときどき彼女と会うなどの理由で、ここにはきますが、
だいたいいつもカフェだのミスドなどにしかいかないもので、あまりみていませんでした。

いろいろつぶれているのですね。
SEIYUが潰れたのは結構前ですが。長崎屋も潰れました(これも前)。
ピンク映画館があったところは、smileというスーパーに。
どちらも熟れたものを売っているというところでは共通しているのでしょうか。


そういう多くが変化している中で、変わらないものがいくつかありました。
王将。
お好み焼き屋。
生協。
など、食品関連ですな。固定客がいるところは強い。

そして、かめた(おもちゃ屋)。

我々が小学生だった頃の、消費の中心です。
今もそうであってほしいものですが、そうもいかないようです。

どんなものがあるのかと気になり、入ってみました。

全体的に、所狭しと置いてある感じ。陳列とかはあまり大事ではないのでしょうか。

あるわあるわ、懐かしいものがたくさんあるわ。
ミニ四駆(実際は二輪駆動)。
ゾイド。
レゴ。
ガンダムプラモデル。
さるも木からおちる。
など。

やはり、おもちゃにも当然ながら変化があるようです。

やはり多かったのがフィギア。
最近の人たちはプラモデルとかよりも、もう完成しているものがええのですかな。

そして、大人のためのおもちゃ。
卑猥なものではありません。
例えば、10000円以上するジオングのプラモデル。
特大サイズ、北斗神拳4兄弟のフィギア。
極道の妻たちのフィギアまで。

我々が小さかったとき人気のあったものを、
今少し高級にすると売れるということですかな。
懐かしさにまかせて大人買いするということでしょうか。

ということは、今のムシキングとかは、
将来は3Dで実際に目の前にでてくるとかですかね(遊○王みたいに)。
それは、私もやってみたいです。


ただまぁ私のときと違うのは、
私が買い手でなく売り手になりうるということでしょうか。

やはり、自分の原点はそういうハイテクな製品に対する憧れなどにもあるかもしれません。
ただ、最近はインターネットや塾、ゲームなどが幅を利かせております。


願わくは、おもちゃがこれからも子供達の憧れでありますように。

ありゃ、同窓会のこと書くの忘れた。

ステアートウポジティブ

2006年01月07日 02:48

いかん、このままやと、明日の朝これを見てくれた人が、
いきなりテンション下がってしまう。

何かポジティブなこと、ポジティブなこと…。


…ないわ(ネガティブ)。


しかたがないので、だじゃれでも考えますか。
一時期、英語と日本語で何かできないかと考えていた時期があります。

そのときできた名作。

「このたまご、えっぐ~」
関西弁ですが。
でも、自己言及しているだけなのに、文になっています。
すばらしい。不朽の名作です。普及して欲しいものです。

返し方としては、

「確かに、気味が悪いですね」
とかですかね。

「つまらん」
でも十分です。

うむ、つまらん。
やはり、だじゃれという殻に閉じこもってはいかんのです。

だじゃれではないのですが、

「帽子だけに、かぶってるな」
というフレーズが好きです。使いたいです。
似たような帽子をかぶっている若者が多い今、使用価値はあるかと。

かぶっていることを指摘したときに、

「いやー、それを言われてはっとさせられましたよ」
とでも言われようものなら、だきしめてしまいそうです。

でも、こういうだじゃれとかは陽の目をみんのでしょうな。
帽子だけに、陽をさえぎってしまうのですかな。

愚痴をこぼしてみる

2006年01月07日 02:16

いつも、こぼしています。
というわけで、改めて言うほどのことでもありませんが。
変な液体の次は、愚痴を垂れ流しましょうか。

蒸着中にレポートを少しかじっているのですが、気分転換に、
なんとなく、最近ずっともんもんとしていた原因を自分なりに整理してみようと。

もんもんとしています。

原因は、おそらくO物。
学会という響きに、昔はものすごいものを想像していました。
でも、結構みなさんあっさり行かれるのですね。
我々の間では義務ですらあります。

しかし、私は去年の秋も、今年の春もだせません。
まぁ、やっていることの半分がX線という、
ある程度確立されてしまっている分野であるということもあるのですが。
でも、もう半分は有機材料ですし。

なんでうまくいかんかったのかな。


でも、もんもんとしていることはそれとは違うような。

結果がでない事やうまくいかない事はあたりまえで、
それに対する愚痴は一過性のものではあるのですよ。
次はがんばるぞ、程度のものです。


なんか、最近はあまり研究していても、道が見えません。
木を見て森を見ず、というのですかね。
理想の森像が全く見えてこない感じ。

こんなときに相談できる相手がいるとええのですが。
有機の方は、ある程度相談できます。
すばらしい先輩後輩同級生に囲まれています。

私はあまり先生方に相談にいけるタイプではないようです。
何がわからんかわからんけど、とりあえず先生のところに行こう、
というような発想とは縁がありませんな。
これがそもそもいけないような気がします。


うむ、何が言いたいのですかね。それているような。

とりあえず、悲しいのは、あまり興味をもたれていないような気がすることです。
ゼミとかでも、そんな感じがします。
それこそ被害妄想なのかもしれませんが。

研究という領域において、いまだにアイデンティティが確立されません。
自分の研究がこれだと言えるものがなく、
そのせいであまり興味を持ってもらうこともないようです。


いや、違いますな。これも違う。

とりあえず、主張したものだけが前に進めるのでしょうが、
私は主張するのがとても苦手なようです。
ずうずうしさが美徳とされるこの社会でやっていけるのでしょうか。


ネガティブですな。まぁ、根がネガティブなので。

忘年会で研究室の後輩に、
「Nざきさんて、明るいように見えて暗いですよね」
とも言われましたし。うわ、わかられてる。うひょう。


『われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う』に、怒りのところでしたが、
ちょっとおもしろいことが書いてありました。

よく怒る人の話。

「怒りっぽい人は自分を不当に重要視していることが多い」

なるほど。
重要視されるはずの自分が重要視されないことで腹が立つのだそうです。

最近少し思うのですが、私のプライドは異常に高いのでは、と。

そのプライドが傷つくのが怖いために、
新しい事や、失敗しうることに対して積極的でないのでは。

そのプライドが傷つくのが怖いために、
他人に嫌われないような、悪口を言われないような付き合い方になっているのでは。

そのプライドが傷つくのが怖いために、
肩書きや服装などで自分を着飾ろうとしているのでは。

そのプライドが傷つくのが怖いために、
自分の価値をおびやかす(と私が思う)ものに対して異常な怒りをもつのでは。

など。

自分を不当に重要視、するからこんなことになるのでしょうか。

もっと自分自身に対するイメージをしっかりと持ち、
過小評価も過大評価もしないといけませんな。
自身を知る事で、初めて自信というものが生まれるような気がします。
過大評価による根拠のない自信は、ただの妄想であり、
過小評価からは、自信は持てません。


いかん。
ネガティブなポジティブフィードバックが。
しかも話に全くめりはりがない。

でも、愚痴を吐いて少しすっきりしました。ふー。


蒸着は、今、4分の7ほどです。

異変

2006年01月06日 23:13

今、私の身体にかどうかは定かではありませんが、異変が生じました。

今、蒸着をしながらパソコンに向かい、
ネットワークウォークマンで音楽を聴いていました。

なにやら少しのぼせたような気持ちではいたのですが、
ふと気がつくと、右耳の調子がおかしい。

あれ?これ、音楽ちゃんと聴こえてる?

と思い、イヤホンをはずしてみました。


すると…


イヤホンには液体状のものがべっとり…


で、イヤホンからは何も聴こえなくなっていました。

こんなことってあるのですか?

その後耳やらイヤホンやらをキムワイプで拭くと、
茶色みたいな薄い色の液体が結構吸い取れました。
なに、これ。

で、さらに吸い取ると、イヤホンが復活しました。

これは、耳からイヤホンへ達したのか、それともイヤホンから耳へきたのか。
どちらでしょう。
でも、容積的にこんなにでてくるものなのですか?


これが血がでたとかならなんとなくわかるのですがね。
怖い話にもなりそうですが。

どうにも、今夜はやっかいそうです。

まだ蒸着は6分の1ですよ。

われ蒸着する、∴

2006年01月06日 22:43

有機蒸着をこんな時間からはじめてしまいました。
別にマゾでも実験を愛しているわけでもありません。
そういうヨウ素がないでもないですが。
なんだかんだでね、悔しいのですよ。
やはり、変なところで負けず嫌いなようです。


さて、そういうわけで、とりあえずブログでも更新しましょうか。

一冊読み終えたのですよ。
『われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う』
pic_pkg.jpg

前回の『棚から哲学』と同じ、土屋賢二の作品。

前回がかなりやってきおる感じでしたからね。
今回もあっさりよめました。
『棚から哲学』が大体4,5ページであったのに対して、
こっちは平均10ページぐらいはあったので、
読むリズムとしてはこちらの方が悪い感じが。
まぁ面白かったです。面白さだけを追求するなら『棚から哲学』がお薦め。

ただ、ときどきどきっとさせられることがありました。
笑いをとりにいかず、ちょっとまじめに話している回があるのです。
そんなとき、考えさせられることも多くありました。


例えば、矛盾、ということについて。
パラドックスですよ。
「この文は嘘である」というやつです。今回は少し違います。

我々は元来この宇宙に矛盾したものはない、と考えています。
しかし、それが本当かどうかはここではあまり大事ではなく、
矛盾を抱えた状態でもいられるのが、人間のかなり特殊なところやと。
まぁ、ここでいう矛盾とは、矛盾しているように思えるもの、ということです。
実際に結論があるかないかはまた別の話。

自由意志と、物理法則。
無生物である原子と、その集合だが生物の人間。
禁煙したいという気持ちと、煙草を吸いたいという気持ち。
公人としての参拝と、私人としての参拝。
などなど。

矛盾しているようなしていないような。
まぁ、こういうことをおもしろおかしく書いているわけです。
おもしろく書く、というのは大事ですね。私もがんばろう。

載ってたジョークでもぱくりましょうか。

ニールス・ボーア(知ってますか?)の研究室に馬の蹄鉄が打ちつけてあったそうです。
訪れた人が驚いてたずねました。

「博士のような人でもこんな迷信を信じているのですか」

「いえ、別に信じているわけではありませんよ」

「では、どうして馬の蹄鉄を打ちつけてあるのですか」

「ああしておけば幸運が訪れると信じているわけではないのです。
ただね、ああしておくと、信じている人にも信じていない人にも、
幸運が訪れると聞いたものですから」


…こういうの、好きなのですけど。

血液検査

2006年01月05日 17:29

メモ代わりです。データなくしそうなので。
2005/11/14時点での私の血液の検査結果がでました。

GOT 34(10~40)
GPT 26(5~45)
γ-GTP 43(50以下)
T-CH 167(130~220)
HDL-CH 65(40~75)
TG 40(30~140)
血糖 83(70~110)
赤血球数 458(410~530)
ヘモグロビン 14.3(14~18)
   ※かっこ内は平均値


ということです。
これによると、
私はアルコールなどで肝臓が弱っていて(γ-GTPなど)、
やや貧血気味(赤血球、ヘモグロビン)だそうです。
血糖値や中性脂肪(TG)は非常に低いですね。
この後年末年始のアルコールが入っているので、少し肝臓が心配です。

しばらくはちょっといたわりましょうかね。

完了

2006年01月05日 15:09

さて、今日から始動。

一週間まるまる休んだのに、桂にくるとすぐ学校モードに切り替わりました。
ここでいう学校モードとは、

・進路や研究に対する自信がない
・研究室内での存在意義が見出せない
・やる気が減衰していく

などの状態を表します。

あれだけちゃんと休んだのに一瞬で切り替わる、
この切り替えのはやさは賞賛に値するかと思われます。
自分の長所に気持ちの切り替えがはやいとでも書きましょうか。


今年もこんなかんじで鬱々とやっていくかと思います。
それに応じてブログの更新頻度もあがりそうですな。
どうぞよろしく。


さて、年末年始、少しだけテレビを見ました。
がっつりみたのは筋肉番付ぐらいですが。
あとはロマサガと飲みぐらいです。

番組もぱっとせんのが多かったですからね。
しかたがないので、CMを見ていました。
結構面白いものもあったような。

名前のところからリンクしておきましたので、暇ならぜひどうぞ。

FUJI Xerox
intelligent_field.jpg

これ、かっこええですよね。
自分のパフォーマンスを高めるというところではスポーツも仕事も共通だという発想が、
とてもかっこいい。
自分はいつもパフォーマンスを高めるために向上していますよ、
と言えるようになりたいですな。
最後のシーンも、かっこええですな。

ダイニチブルーヒーター
まぁ、これは面白いというか、おかんに私に似た人が出ていると言われただけです。

この下の方にいる、めがねとひげの人。
というか、めがねとひげぐらいしか共通点ないんちゃうかという感じですが。
CIMG2397.jpg

でも、あったかそうなCMですな。

NISSAY
これも、違う意味であったかいです。
今、いろんな業種のやりがいとか、ええところとかを探しているのですが、
まぁ、確かにこういう言い方もできるのかなと。
やはり漠然としていて、私のやりがいに転化できるのかはわかりませんが。
cm_hashira_pi01.jpg



後は、かなり古いのですが、淡麗グリーンラベルのCMが大好きです。
草原でボーリングみたいなことをするやつ。
あれ、してみたいですなぁ。
というか、飲みたいですなぁ。
pic_pkg.jpg


学校へ来るなり、さっそく逃避ですよ。ははは。

久々

2006年01月04日 19:17

結局、この年末年始で風邪を治すことができませんでした。
ほんま、だめですな。
しかも、その風邪を自分への理由に、今日は学校へいきませんでした。
今年の初バスケはしたのですよ。
新年早々いかんなー。ふーむ。


昨日は久々にKぶり(K西文理学院)のメンバーで飲みました。
予備校です。
結局、幹事がいないと集まらん程度なのかと残念でした。
飲むまでは。

昨日は、S本、I東、W宮、S山、T中、K添、私でした。
まぁ、久々にしては、よく集まった。

でも、ほんまに楽しかったですな。
久々ということで、いつもはせんかったようなKぶりの思い出話とかまでしてしまいました。

幅広くいろんな話をしていたように思います。
やはり、進路が微妙に違うので、話の内容は新鮮でした。
医者は死に対してどういう態度をとるべきかというまじめな話から、
SばっちがBからDになったという話まで、多種多様でした。

話す内容も話す相手も、幅が広い関係というのは貴重ですな。
これからも大事にしていきたいものです。
今回これんかった人も、ぜひ次回は来れたらと思います。

こんな感じ。他の写真はこちら
CIMG2395.jpg

CIMG2424.jpg

CIMG2397.jpg

一次会で結局11時半くらいまで飲んでしまいました。
会計は、一人6000円。
ちょっとした、けが。
でも、それに対して痛いとう感情よりも、楽しかったという感情の方が強かったですな。
ええことです。ええ飲みです。


その後、実家へいっていたK村ちゃんに会いに、烏丸御池まで。

行ってみたものの、すぐに終電の時間になってしまいました。

どうするどうすると散々迷ったあげく、取った行動は、
三条までダッシュ。
ある者は走り(私です)、
ある者は疲れて歩き(私です)、
そしてまたある者はまた走りました(私です)。
隣をチャリを三人乗りですいすい行った者もいました。
まだ若いのではという錯覚におちいれました。


でも、乗り過ごしました。

しかたないので、K添、W宮を無理やり連れて、三人でタクシーで帰宅。
しかし、最近明らかにタクシーなどにかけるお金が増えています。
年ですか?


無事、帰宅。

時間はもう1時を過ぎていたのですが、なんのテンションか、
『ハウルの動く城』を見てしまいました。
おもしろかった。
評判があまりよくなかったので、どうかと思っていたのですが、めちゃおもしろかった。
また、別の機会に書きましょうかね。たくさんのことを考えさせられました。
また見そうな感じですな。


こんなんやし風邪が治らんのですよ。
あいかわらず声がでませんし。
まぁ、明日からがんばりましょうかね。

今年もきっとこんな感じで

2006年01月03日 15:05

今日の朝刊の一面で、結構テンションの下がる記事がありました。
というわけですので、テンションを下げたくない方は、また今度読んでください。

「就学援助 4年で4割増」

つまり、小中学校で、給食費や文具費などのお金を払えない人が増えていると。
東京・大阪では4人に1人、足立区では40%にのぼるそうです。

これは相当やばいのでは?

資本主義というスタイルをとった以上、
平等でないことを許容してしまっている、という部分もあります。
でも、これはなかなかにひどい。
今のシステムでは、ある程度平等にチャンスは与えられるはずですし。

原因はいろいろあるようですが。

①親がぐだっている
払えるのに払わない、というタイプ。
これはもう、罰が必要かと思いますが。子供がかわいそう過ぎる。

②リストラ
確かに、リストラでいろいろなものを解決しているので。
これからも定期的には人員を削減はしないといけないのでしょうし。
リストラされても大丈夫な技術を磨いておかなくてはいけない気が。

③給料が低い
これが、一番やっかいな気がします。小作人みたいなものでは。
自分の生活がようやくできる程度の給料しかもらっていない人はたくさんいます。
やばいですな。ほんまに、やばい。

巷では株価は上昇し、景気は回復したとかにぎわっていますが。
その利益をこんなところで出していて、大丈夫なのですかね。
今の世代はぎりぎりもっても、次の代で、もう終わりでしょ。

親には感謝しなくてはなりませんな。
こんなにあたりまえに大学院までいかせてもらっていますが、
それはそこまであたりまえでなくなってしまっています。

とにかく、こういうスタイルをとっているうちは、
継続的に成長するということは無理やと、普通はそう思いそうなものですが。
なんでなんでしょうね。
私が単純すぎるのですかね。


もう一つ、やっかいなことが書いてありました。

そういう援助を受けている子供は、たとえば卒業文集などで、
自分の夢、というものをかけないそうです。

ほんまかどうかは別として、ほんまならやばくないですかね。

現実しか、しかも否定的な現実しか見えていないと。

何かを潤滑的にまわすには、現実をだけをみていればよいのかもしれません。
でも、何かを変えよう、としたときに、そのきっかけは夢をもつことなのでは。

はじめに夢があり、そこからその実現にむけて徹底的に現実をみて、
それで実現をするのではないかと思っています。
なのに、その夢がない。

停滞は、おそろしいです。
停滞を永遠につづけることは不可能で、停滞しているということは、
ゆっくり衰退していることと同義やと思います。
むしろ何かを変化させたり、何かの変化に対して利益はでるような気がしますが。
大丈夫なのですかね。


しかも、こういうことの原因が一つではなさそうなのがさらにやっかい。

これが原因やし、これをなおせばよい、というのであればどんなに楽か。

でも、我々にできることは何か一つの要素を取り去ったり加えたりするぐらいですし。
一度に全てを解決できる方法、などというものはなかなか。

難しいところですな。

ふーむ。新年から何を書いているのやら。
今年もこういうなんか微妙なことを書いていくのでしょうな。
今年もよろしくお願いします。

声がでない

2006年01月03日 14:07

声がでません。
年越しの瞬間は大丈夫やったのですが、20分後ぐらいからでなくなり、
いまだにちゃんと出ません。
これが厄年か。
今年の目標に、体調管理もいれておかないといけませんな。


昨日はそんな声の中、バスケ部の新年会へ。

当日になるまで何も決まっていないかったのに、
きっとあるやろでみんなが予定をあけているところが面白かったです。

一次会は和民。
おいしくいただきました。
語りが多かったような気もしますな。
バスケ部でも、結婚がありそうですな。
やばい。緊張してきた。

そのあとは、八坂神社へ。
私はクリスチャンなので、お参りとかには興味はないのですが、
なかなか雰囲気はええものですな。

行く途中、団体行動が出来てない人もいました。
CIMG2321.jpg

CIMG2320.jpg

まぁこんなんも正月っぽい…のか?

移動中もテンションは高かったです。
CIMG2326.jpg

CIMG2324.jpg


ようやくお参り。
日本人にはたくさん神様達がいらっしゃるようなので、
一つぐらいうまくええことしてくれるとよいですね。
CIMG2332.jpg


それからが本番。
おでんを食べました。
CIMG2340.jpg

あっ。
CIMG2339.jpg

おでんは熱いということですね。気をつけましょう。

そして、ちゃんと帰宅。
何かを知ったT野君。
CIMG2348.jpg

私は寝ていました。
CIMG2369.jpg


新年はこんなものですかね。
のんびりとできているのでよいです。

毎年恒例の行事というものは、なかなかよいと最近つくづく思わされます。

目標を設定

2006年01月01日 19:38

年賀状、少ないですなぁ。
確かにこちらも出す量が減った気はしますが。
一年に一回ぐらい、その人の字を見てみたいのですが。
メールはみんな、同じ字ですからね。やはり。


さてさて、一応今年の目標を掲げておきましょうかね。
実現するかどうかはわかりませんが、目標を持つことは大事なはず。


学校関連
・学会で発表
まぁ、この研究室では義務なので、どこかではあると思いますが。
春には無理そうですし。
でも、人前に出せるようなデータははやめに欲しいですな。
そこから核成長していけると思うので、まずは成長核を。

・英語
これは就職関連になるのかもしれませんが。
とりあえず、うけなくてはならないでしょうし。
なんとか人に言える程度の点数にはしたいですな。
Podcastとかでヒアリング用のも配信してるみたいやし、
そういうのをやっていきましょうかね。


就職関連
・内定
まずは、これを手に入れないことには。

・就活をちゃんと
適当にやろうと思えばできそうな雰囲気はあります。
なので逆に、ちゃんと意識を高くもってやっていかんと後悔しそうです。
自分のしたいこと、したくないこと、むいてること、むいてないこと、
そういうものをしっかりいろんな方向から見ていけるとよいですな。


人間関係関連
・人と会う
昔やったら暇やし飲みにいこう、でよかったのですが、
年々忙しくなり、そうもいかなくなっています。
でも、時間をつくってでもちゃんと人に会っていこうと。
それはきっと自分のためでもありますからねぇ。

・彼女
まぁ、ここに書くことではないのかもしれませんが。
向こうは就職で、こっちが就活なので、結構状況的にはよろしくないかと。
自分の忙しさだけをみてわがままにならんようにせんとなと思います。


趣味関連
・筋トレ
もっともっとバスケがうまくなりたい、のです。
でも、練習時間は減っています。練習時間をつくるのも、やらんといけませんな。
でも、どこでもできるので、毎日少しでも筋トレをしていこうと。
ボディバランスをもうちょっとつけようと思います。

・読書
まぁこれは言わんでも読むでしょう。
できれば少し知識の幅を広げたいとは思います。
読まず嫌いを少し減らしていこうと。



結局、時間をうまくつくる、と言うことにまとめられそうです。
そのためには選択と集中ですね。
なんか企業の経営理念みたいですね。

だらだらせんようにしようと思います。
ちなみに昨日はだらだらしていました。だめだ!

でも、筋肉番付みてテンション上がり、筋トレはしました。
青木、やっぱ凄い気がしましたな。bjリーグの人もいましたな。

私の筋肉は、すっかりおとろえていました。

年越し

2006年01月01日 19:16

あ、はっぴいぬういやー。
…言ってみたかっただけです。
記憶によると、私は12年前もこれ言ってたみたいです。
成長が全くない。不憫です。

さて、あけました。

その前に、年越しの話を。

なんだかんだで、家族で過ごす時間は嫌いではなく、
今までずっと家に客がきているという状況はあっても、
家の外で年を越すことはありませんでした。

が、今回の年越しは外。

初めての体験です。


きっかけは、Iっちゃんが年始から旅行に行くということで、
これる人で今のうちに飲もうか、という感じでした。

でも、集まれたのは、私とI東氏の3人。

まぁ、別に問題ないかということで、こないだ言った「かぐや姫」の姉妹店、
「忍庵 はなれ」
という店に行きました。

よかったです。
個室なのですが、本当に個室。
人の家にきているような感じです。
これは、個室過ぎてカップルでいくのは多少やっかいかもしれませんな。
ほんまに、寝ていけるぐらい居心地がよいのです。
ここもご飯がおいしかった。

で、やはり話題は結婚だの就職だのの話になったのですが、
時間はあっという間に過ぎていきました。
貴重な時間です。こういう友人は大切にしなくては。

大切にするために、親戚になろうという話になりました。
子供同士を結婚させようと。
結構先やな、という話ですが。
でも、実現しうるのではないかとちょっと思ったりします。

例えば、子供時代にめちゃ親しくさせておいて、ちょっと離れさせ、
大学とか社会人になってから再会させるとか。
絶対どきどきしますよ。
私と小2までいっしょやったYちゃんと大学でたまたま再会したのですが、
めちゃ美人になっていましたしね。びっくりでしたよ。

というわけで、もしかするとI東氏やIっちゃんと親戚になるかもしれません。
30年ぐらい先ですが。


で、ぎりぎりまでくつろいで、新風館へ。

なんか、カウントダウンをしていました。CIMG2310.jpg

そのイベント自体は何をしているのか全くわからなかったのですが、
みなさんのテンションが高く、なんとなくテンションがあがりました。

そして、年を越しました。
私はその瞬間は彼女と話していましたが、まわりはなかなかええ雰囲気でしたね。

テンションのあがったわれわれは、こんな感じ。
CIMG2308.jpg

CIMG2314.jpg

CIMG2315.jpg

とくにIっちゃんのテンションは高く、移動の際、トリプルアクセルを試みていました。
実際は1回転で、減点にはなったのですが。

その後、近所のY島家へ挨拶にいき、少しだけ飲んで帰りました。

たまにはこんな年越しもええかもしれません。


ただ、特に声を張り上げたことはなかったのですが、
のどが痛く、声がでません。風邪ですかね。

すぐ、声ガ裏がエったりするノデスよ。


今年もよろしくお願いします。