スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一通のメールから

2011年02月05日 11:42

一つのメールが波紋をよぶことがあります。
最近の相撲しかり、昨日の私しかり。


こないだ、Aべくん+後輩2人との飲み会で
メールをどうやって送るかという話をして以来、
メールの内容についてすごく弱気になっています。

昨日も、覚えていないのですが、
妻に対していろいろメールを相談していたとのこと。


昨日、祝った後輩からお礼的なメールがきていたのですが、
そのメールの中に、私がイケメンやとありました。

文脈がなかったので、どうとっていいかわからず、
それに対してどういう返事をするかでものすご悩んでいたそうです。

その一案として、
「イケメンはええ店選んでくるやろ」というのがあったそうですが、
それはちょっとあかんやろ、と妻が止めてくれたのだそうな。


思うに、人間には二種類の人間がいて、
一方は、自分の話をしたがる人で、
もう一方は会話の流れを読んでそれを我慢する人、なのだと思います。

話をしていても、流れをずばっときって、
自分の話をしだす人がいます。

  「〇〇が××やってんけど~」

という流れに対して、後者は

  「そうなんや、××は△△やったん?」

などと展開するのに対して、前者は、

  「そうなんや、実はわたしもこないだ▼▼やって…」

となります。××の話はここで切れると。

(会話の流れ)<(自分の話したいこと)に、
無意識になっているわけですな。


話を昨日のメールに戻すと、
昨日は焼き鳥が食べたいという向こうのニーズと、
社会人として気の利いたところにつれていきたい、というこちらの願望を、
うまくあわせるため、悩んだ結果、
トラットリヤ(鳥屋)という店(イタリアンで焼き鳥もやってる)を選んだのですが、
それを伝えたいという気持ちが強かったのでしょうな。

それが、「ええ店選んでくるやろ」という、
よくわからないつながりとして表にでてきたのだと思います。

伝えたい事が本当に伝える必要があるかどうか、
客観的に会話を見て、判断していかんとあきませんなー。


ちなみに、結局送ったメールは、
  「イケメンではないですよ~」
やったようです。
微妙。



スポンサーサイト

ハイペース

2011年01月29日 00:11

この1年2年、急にいろいろと体調をくずす人が増えています。
学生時代の友人。

最近も、原因不明の脳の病気とか、癌とか、
結核とか、脳の病気の後遺症とか。
亡くなってしまった友人もいます。

歳をとった、と簡単に流してしまうことも大事かと思うのですが、
やはりいろいろ考えさせられてしまいます。


やっぱり健康は大事です。
大前提。


で、思ったのですが、持続可能性て、めっちゃ大事やなと。

私、わりと性格的に持続可能性を求めているようです。

低いレベルではありますが、
小遣いが減ればその範疇で済ませるし、
食べ続けても太らない程度の食事でがまんできます。

生活全体として、仮にそれが続いても破綻が生じないところで、
いろいろなことをやるようにしています。

よくも悪くも、無理をしすぎないということですかね。
がんばりはしてると思いますが、徹夜とかはしないです。

これがええことなのかどうか。


ただ、持続可能でないものを続けてしまうと、
途中はよくても、どこかで破綻してしまうわけですし。
終わりよければ全てよし、の逆になるわけですな。

人生はマラソンに喩えられたりしますが、
全員がペースメーカーみたいなペースで走っているのでは。
一見すごいスピードに目を見張りますが、
それは最後まで続かない前提なわけで。

世の中全員がペースメーカーになって、
すごいペースになっているような気がします。
これって、このまま続くんですかね。


ペースメーカーのペースで
最後まで走りきられると大変こまるというのはありますが、
私はこのペースは異常なのではと思っています。

ペースを上げる努力はしながら、
ペースメーカーのペースには乱されすぎないよう、
適度に利用できればいいなと思います。


とりあえず、健康はほんまに大事やし、
それを維持できるよう最大限努力すべきやなと。
痛感させられています。

第二に

2011年01月10日 23:18

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書)
(2008/01/18)
河合 太介、高橋 克徳 他

商品詳細を見る


うちの会社が仕組みとしていろいろあるのに、
雰囲気が悪いと言いましたが。

自発的ではないということに加えて、
もうひとつの理由。


それは、効果が見えてこないというところかと。

結局、さっきも書きましたが、
人が多い組織なので、
そうそう変わるのは難しいはずで。

この本の中では、効果感と言っていますが、
効果感がないと、やはりやる気をなくすというか、
いずれ心が折れるわけですな。

本で紹介されている会社は、
いずれも変わることによって周囲が変わったという結果を
明確に見ることが出来ています。

そこまで耐えたらええだけ、というのもありますが、
やはり効果がでやすい下地とかはありそうな。
うちの会社は古いですし、変わりにくいてのはありそうです。


効果感を感じられない、フィードバックがかからない状況は、
非常によくないと思います。

昨日、たてやん+サークルの後輩の女の子たちと飲むことになり、
合コン後のメールでどんなんを送ればええのかという話に。

で、皆でいろいろ案をだしていたのですが、
私の案はわりと却下されました。
しかも、今回はそんなんじゃないかもですね、
という感じの優しいフォローまでしてもらい。

さらには、家でメールの内容について妻にも
意見を求めてみたところ、やはり私の案は微妙らしく。
非常に情けない気持ちになりました。


改めて考えると、
実際にそういうトライをしたことがほとんどないので、
結果というフィードバックがかかる機会が少なかったような。

なので、自分のメール力的なものを見つめる機会がなかったんやなと。

ミクシーとか、文章を書くのは好きなので、
どちらかというとメールも出来る方かと思っていただけに、
非常にショックでした。


やはり、自分が変わったときに、
それに対する効果が比較的短時間でフィードバックされることが
とても大事なんやなと改めて実感しました。


さて、ミクシーの場合のフィードバックは、コメントです。

最近ちらほらコメントはいただけていますが、
相変わらず非常に少ないコメント。
これは、何か変えるべきやでというフィードバックなのでしょうか。


増幅

2010年12月31日 11:27

さっきのミクシーの中で、いつものように少し愚痴がでました。
で、考えたこと。

最近職場のすごく雰囲気が悪いのですが、
相手の立場を理解せずに言いたいことを言うと、
いつものことながら、上が悪いんやろうなぁと。

トップはやはりダメで、外にええ顔をしたいばかりに
超短期的な成果ばかりを求めるせいで、
ビジョンもなく、
基本的にやることがつけ焼刃的になっています。
そのスピード感でやらんと意味がないのかもしれませんが、
蓄積はなにもなく、
いわゆる埋蔵金を使っていっているだけと。


と愚痴ってて思ったのですが、
結局世間もそんなもんなんかなと。

今、政治が完全にむちゃくちゃになっていて、
ほんまにあかんなとは思うのですが、
結局トップがあかんのかなと。

かといって、首相がトップというわけではなく、
一応トップとされている、国民があかんのかなと。

結局、国民が超短期的な成果ばかりを求めて、
ビジョンもなく、
結果として付け焼刃な政策になっているような。

一概に同じとはいえませんし、
我々にええ顔をしようとしてできていない政策とか、
ビジョンを示すのは政治家やというならそれもそうかとも思いますが、
なんか、求める側も求められる側もむちゃくちゃやなと。
暗澹たる気持ち、とはこういうものですか。


まぁ、仕事にせよ政治にせよ、
批判するのは簡単なので。
ここまで批判しといてなんなんやという話ですが。

なんとか前にすすめるように、
自分でできることはちゃんとやろうと思います。

今期はもう立ち下げだけですが、
来年も腐らずやっていきたいものです。

2010年11月01日 23:37

大学時代に、さかさまの世界やったかあべこべの世界やったか、
そんな本を読みました。
文化の歴史的に、現実にあるものの逆をすることで、
それが笑いにつながるというもの。
例えば王が奴隷に命令され、騎士が馬に乗られ、夫が妻を尻にしく、など。

そういうわけで、さかさまに意味があることはあると思うのですが、
今回は苦い気持ちになりました。

先日展示会に行ったブリューゲルについて。
ブリューゲル、ベルセルク、で検索したら出てきたツイッターのつぶやき。


『ブリューゲルってすごいよな。まるでベルセルクみたい。』


機会じかけ

2010年10月13日 22:14

古Tさんへの喰いつきが思ったより悪い…。
そんなものなのでしょうか。

まぁ有名人と話す機会も少ないので、
とてもいい機会でした。


さて、上期も一応締めに入るということで、
今期はどうでしたか、という話をしているのですが、
まぁそんなもんちゃう、という評価でした。

まぁそれでええのかなと。
自分でもそんなもんかな、という感じでした。

装置の故障がなければ
もうちょっとはチャレンジングなことできたと思いますが、
やらなあかんことだけはなんとかやりきって、
それで時間切れという感じ。


ほったらかしてもちゃんと仕事を進めていくことをほめられた反面、
個人プレイというか、一人の方がええと思ってると思われてるで、
ということを言われました。

今にはじまったことではないし、最近は慣れてきてますが、
いつも放置されていることに苦しんでいるつもりやったので、やや意外。
やはり、言葉なり資料なりにして伝えないと、
全然伝わらんということですねー。大事なことと思います。


あとは、目標に向かってダイレクトにやってますよ感を出すことが
必須ということもよくわかってきました。
最短経路を歩んでます、ということを
嘘でもええからアピールしなあかんのですね。

同じことをしていても評価される場合と非難される場合があるようなので、
そのへんで変に損をしないようにはせなあかんなと思いました。


評価されたい欲はだいぶへってきているのですが、
損せんでええところで損するのは嫌ですしね。
機会損失を気にするというか。

ホットペッパー使えるのに使わずに会計してしまうのは嫌やということです。

なんの話をしているのだか。


振り

2010年10月06日 23:38

昨日の朝の急な振りにもなんとか対応し、
本日報告してきたわけですが、見事に避雷針的役割をしてしまいました。
まぁ、以前の完全な無関心よりは全然ええかなとは思います。
ごもっともなことも多々ありましたので、
そこは素直に修正しようと思います。

そういうわけですが、会議全体としてはあいかわらずな感じ。
同一の会議の中で、矛盾した指示がまたでました。
またか、という感じ。あとは、武勇伝。

「ビジョンがないからそういうことになるんだ」と言われる方がいました。
なので、その場その場の雰囲気でそれっぽいことを言うことしかできないと。
(まぁさらには見当違いなことまで言ったりするわけですが。)

…と、一通り愚痴ったところで、ふと。

それは自分も同じではないのか、と。
ビジョンというか信念というか、そういうものを見失いつつあるのかなと。
その場その場を一生懸命やっているという自負はありますが、
同じところをぐるぐるしているだけかもしれません。

まだそれでも評価される(むしろ器用貧乏的に重宝される)ところはありますが、
そろそろそういうことも言ってられなくなるように思います。

が、ガツガツできない性格はなかなか修正されず、
結局、研究者には向いていないような気もしてますし。


何か愚痴をいうときは、その裏に自分の中のコンプレックスとか
何かしら形を変えた不安などがあるのかもしれません。

そういうことを考えると、愚痴ることもまたええのかなと。
あくまでたまには、ですが。


落とし穴の予感

2010年09月05日 22:28

最近、ちょっと極端になっています。
心配。

【+】
  ・二次会でまた高額景品があたった(DVDプレイヤー)
  ・前の二次会であたった松阪牛が、なぜか二回目が送られてきた

【-】
  ・会社の装置が壊れた
  ・車に轢かれかけた


とりあえず、結婚式二次会での高額景品のあたりっぷりが心配なほどです。
これで5回目ぐらい?

私が+で、公が-になる傾向があるようです。
明日が装置の再開なのですが、大丈夫なのでしょうか…。


バランスがうまくとれない~♪





ま、そんな歌詞はないのですが。

続・名古屋にて

2010年07月11日 21:58

さっきはベテランベテランと言っていましたが、
心のどこかでは、まだ完全にはうけいれきれてないようです。

何人かが小さい男の子を連れてきてたのですが、
ご飯食べてたときに、その子供の一人に、

「おっちゃん、これ食べれるん?」


と言われました。

おっちゃん…



ツラス


人生相談欄から

2010年07月04日 17:58

私の妻が韓流にどんどんはまっていっています。
結婚当初はそういう要素は全然なかったのですが、
会社の同僚に薦められたことをきっかけに韓流へ。
初めは私のいないところであまりおおっぴらに見ることもなかったのですが、
最近では私の前でもDVDやCDを見ることもしばしばです。
友人からのメールにも、韓流スターの写真が添付されてきたりするようで、
近々コンサートにも参加することも決まったそうです。
妻の仲のよい友人は韓国まで行ったりもしていますし、
いずれはそういうことも起こってしまうのではないかと心配です。
こういうことに対して反応する私は不寛容すぎるのでしょうか。
積極的にキムチを食べたりした方がいいのでしょうか。韓国のりは好きです。

                                    (京都市在住 S.N. 28歳)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。