スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月10日 08:11

さて、続けて、本を読みました。


明智左馬助の恋〈上〉 (文春文庫)明智左馬助の恋〈上〉 (文春文庫)
(2010/05/07)
加藤 廣

商品詳細を見る
明智左馬助の恋〈下〉 (文春文庫)明智左馬助の恋〈下〉 (文春文庫)
(2010/05/07)
加藤 廣

商品詳細を見る


信長の棺、秀吉の伽、に続く、本能寺の変三部作、その最後。
信長側、秀吉側、ときて、最後は明智側。

明智光秀の娘婿、明智左馬助が主人公。

明智左馬助と言えば鬼武者のイメージが強く、
なんかゲームの中の人物のイメージで見てしまうのですが、
実在の人物で、本能寺の変後、
滋賀の坂本城を守っていた人物です。

その左馬助の幼なじみと結婚して明智姓になって、
息子として光秀に仕えて、
その本能寺の変に至る過程を見ていく、という話。


いろんな視点で見ることで、物事が立体的に見える、
という感覚、とても心地よいものです。

一時期、司馬っちの幕末物をむさぼるように読み、
非常に多くの視点で明治維新を見て、
とても気持ち良かったことを思い出します。

当然、司馬っちの戦国物も結構読みましたし、
遠藤周作の戦国物も。
山本謙一のやつも読みました。
あるいは漫画のへうげもの、とかも
結構史実をいれてきたりしています。

そういう中で、また一つ新しい視点が入り、
より立体的に戦国を見れて、とてもよかったなと。


あとは、タイトルの、左馬助の恋、について、
ネタバレになるので詳細は言えませんが、
恋じゃなくて愛やろ、と思っていましたが、
やっぱり恋なんやな、としみじみ思えるラストでした。
切ないな~。

うーむ、本文の内容をあんまり言えないせいか、
あまりに伝わらないですね。
ブログをする人にとってはミステリーは向いてないのかもですな!


スポンサーサイト

2011年03月31日 23:14

さて、本を読みました。

これから何が起こるのかこれから何が起こるのか
(2006/11/23)
田坂 広志

商品詳細を見る


よしだあさんが紹介していた本。
面白そうやったので、買ってみました。

web2.0と呼ばれるものによって、
私達、資本主義、世界はどう変わるのか?という話。

web2.0がもたらす最たるものに、
「情報コストの低下」があります。
SNSやツイッター、wikipediaや食べログなど、
「草の根メディア」の出現により、
情報の発信コストも収集コストも低下する、と。

そこから起こるであろう変化を、
75の変化として、演繹的に述べています。

演繹的(正しいことから順々に論理を進める)ということで、
論旨は説得力があり、なるほど、と思うことが多かったです。

よしだあさんと同じく、

  * 第40の変化:「良い商品を創れば、売れる」という技術屋のロマンが、敗れ去る

がやはり印象的。
認めたくないけれど、認めなくてはならないのでしょうな~。
まぁむしろ、売れない商品は良い商品ではない、のでしょうね。


ただ、この本で言われているこれからの変化、
あくまでも、ありうる一つの話なんやろと。

台風の予想進路のようなものです。

直近の進路は到達範囲が正確に予想できる一方で、
ちょい先の進路予想はどんどん広がってしまいます。
大雨かと思って身構えてたら晴天ということもしばしば。

というわけで、本の内容の後半は、
すこしスケールがでかすぎて、
前半とは違う読み物なのかというほど飛躍したような。


とはいえ、私のこれからの進路が晴天とは、
ちょっと考えにくい。
この本の予想通りになる可能性も高いかと。

そういう中で、今できることは、
情報を集めては、都度予想進路を修正していくことと、
修正に対応できるだけの基礎能力を向上していくことですかね。

がんばらんとな~。

2010年09月06日 23:11

こんなゲームがでるのだそうな。
http://www.level5.co.jp/products/ninokuni/

ファイファンの究極の目標は、
映画をゲーム的に操作できるようにする、と聞いたことがありますが、
(そして、既に達成されているような気もしますが)
アニメをゲーム的に操作できるようになると、こうなるのかなと。

ジブリ×レベルファイブ(ドラクエ8つくった会社)×久石譲、だそうです。
画像めちゃくちゃきれいそう!
FF13してみてわかりましたが、
圧倒的な画質の前には、多少のあらは隠れてしまいますからねー。
たのしみですね!



私は携帯ゲームはアンチなので、PS3を待つことになりそうです。


他にもおもしろそうなゲームがあれば教えてください。
wiiボンバーマンのネット対戦もしたい!


2009年12月12日 13:34

さて、本を読みました。

怪談 (集英社文庫)怪談 (集英社文庫)
(1992/05)
ラフカディオ ハーン

商品詳細を見る


弟から借りた外人シリーズの最後は、
外国人でありながら日本をこよなく愛した、
小泉八雲のものにしてみました。

話自体は我々が小さいころよく聞いた、おばけとかの話。

でも、全部が全部そういう話でもなくて、
何か不思議な話の集まりでした。
木の精と結婚してたと思ったら、実は気のせいやったとか、
そういう話、ではありません。

ゾッとする怖さを求めるなら、稲川さんとかの方がはるかにこわいです。
ああいうのは私は無理です。


小泉八雲が書きたかったのは、そういうこわいとかこわくないとかではなくて、
そういう不思議なものに対する憧れと、それを育んでいるこの雰囲気ということです。

確かに、この話を呼んでいる間に感じたなんとも言えない静けさというか、
しっとりしているようなさらっとしているような微妙な空気感とか、
そういうものは、やはり日本独自なのではないかと思います。

日本、よいですな。


さて、先日はリクルーター。
去年に引き続き、今年も雑用多いようです。

今年は一人ということや、2回目ということもあって、
まぁやりたいようにやってきました。
あれだけ結婚式あったんで、スピーチ慣れもしたんですかね。

そういうわけで、学生たちに、自分の感じているプラスの感情を、
何百倍にも膨らませて伝えてきました。
ええ、嘘は言ってませんよ。


そのときじゃ、ふと学生たちをみてみると、
どこかみたことのある子がおる。

みどりのジャンパー、
だらりとあいた口、
とちゅうでみせる奇怪なうごき…

3年前、わしらの就職活動のときも、
そういうことをしておる奴がおった。

隣の研究室のPCのコンセントを全部ぬいたり、
各階のエレベーターの扉を夜な夜な蹴ってまわったり、
たしかS研ではなかったか。
たしかわしたちの先輩が一年留年したのではなかったか。


そこで、わしはおそるおそるその学生にきいてみた。


「S研ですよね?」




「はい」




きゃー!



私の仕事紹介

2009年03月20日 12:50

合コンの場合と、紹介の場合で、
最終的に結婚するカップルの数ばかりを考えていたのですが、
別れる率とかを考えださんとあかんなと思ってきました。

合コンでカップルは結構うまれやすいけど、
結局別れる率も高いのではないか、
紹介でも合コンでも、別れる率を同じにするようがんばるか、
そもそも別れるような原因を減らす方がええのではないかと。

特に、最近やっているのは、お見合いパーティのようなものですが、
それやとさらに別れる率があがってしまっているような。
それを証明したいのですが、
なかなか、
本人たちのせいなのか、
つきあうきっかけのせいなのか、
そういうところの切り分けになかなか苦しんでいます。

最近では、普通に考えられる別れてしまう原因の他に、
別の別れてしまう要素があるのではないかと。
そんなことも考え始めています。

今後は、別れる要素を取り除くためのアプローチを行う一方で、
結婚までいく確率を高めるアプローチもしていかなければなりません。


でも、今はつきあったら結婚か別れるか、しか考えていませんが、
実際には別の形もあるやろうし、
そういう今は無視しているところが最終的には無視できなるかもしれません。


そういう仕事を、しています。


連休メモ

2008年10月13日 23:45

三連休のことを忘れないために。
単なる日記なんで、とくに面白くはないかと。


土曜

教会→バスケ→野菜会@野菜なし

T野さんを迎えてバスケへ。
新しいサポーターかいました。
よいです。これから寒くもなるので、重宝です。

夜はHJさん、midさんと。
またもやおにかいに断られ、
今回はninoの姉妹店、IL LAMPOへ。
立ち飲みもある、アラカルトで頼む系イタリアンです。
アラカルト形式よかったです。
値段もかわいげのある感じです。

あんまり酒量もなく、気も特に使わなくてよい友人らと飲むなら、
割り切って飲まない+車、てのもありかなと思いました。
深夜ドライブは楽しいです。
いい会でした。


日曜

朝集合BBQ→UJTさん二次会

朝集合して、T野さん送別BBQへ。
志賀駅おりてすぐのBBQ場はかなり使い勝手よかったです。
いかに気のきいた食材を用意できるか対決と、
いかに気のきいた単語を用意できるか対決がありました。
前者には、私はペコロスというちっちゃいたまねぎで参加しましたが、
フランスパンが優勝したのではないでしょうか。
後者には、はまの五段活用と、「大胆」で参加しました。

京都へ帰ると、T野さんと同じ服の人がいて、
落としたのではないかと錯覚しました。
昼からやっかいな酔っ払いでした。

UJTさんの二次会はよかったです。
なんか、新郎含め、勢いがありました。
とりあえず、のりがよかったのが非常によかったです。
仲間に恵まれ、という言葉がしっくりくる会でした。

2.5次会でTarowに行きました。
円テーブルに8人で行きました。
濃密にワインを飲みました。
自分の好きな店が好評なのが嬉しかったです。

3次会は、同い年ということを前面にだして、
女子との会話を楽しんできました。
隣の中学校の人がいて、大手筋どころか、
最近は墨染まであついという話でテンション上がりました。
多分共通の知り合いとかいそうです。狭いです。
大手筋は京都2番目の商店街です。


月曜

二次会準備

ついに、ビデオできました。
一月こればっかやってました。
達成感です。

ようやく準備全体についても着地点見えつつあって、
かなりほっとしてます。
これから詳細やっていかんといけませんな。

UJTさんの二次会に負けないよう、
ええものにしていきたいと思った次第です。



おわり



2008年06月11日 23:27

ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)ローマ人の物語〈19〉悪名高き皇帝たち(3) (新潮文庫)
(2005/08)
塩野 七生

商品詳細を見る

ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)ローマ人の物語〈20〉悪名高き皇帝たち(4) (新潮文庫)
(2005/08)
塩野 七生

商品詳細を見る


というわけで、前置きもなく。
カエサルに文章力があるという理由の一つが、その簡潔さだそうです。
こういう前置きがある人は、自信がないのだそうな。


悪名高き皇帝たちが、実際はどうやったのかという話の後半。
と言っても、知っていたのはネロだけでした。

前半はティベリウス、カリグラ、後半はクラウディウス、ネロ。

実際は彼らはどうやったのか、という主旨なのですが、
ティベリウス、クラウディウスは普通にたいした人です。
まぁ人間的に愛嬌というか、慕われにくいところがあるのですが。
でも、すごい。

では、カリグラとネロは。
私でさえ知っているところから見ると、ネロの方がひどく思います。

でも、実態はどちらかというと、カリグラの方がぐだっていますな。
皇帝としての能力が低かったのは、カリグラやと思います。
しかし、後世に残っているのは、ネロの方。

無能なことは、人に致命的に嫌われることにはつながらないようです。
日本の政治家たちがいい実例です。
殺してやろうとは思いません。

ネロの致命傷なところは、殺人のイメージがあるところなのでは。
母殺し、妻殺し、後継者殺し、部下殺し、キリスト教徒殺し、などなど。

理解できないものに対して、人間は極端な対応をしてしまいます。
そこに嘘でもええから理由づけができればいいですが。
アキバの殺人もそうですな。ワイドショーでがんばって理由づけしてるみたいです。

でも、できなければ、逆に殺してしまうこともありうると。
おそろしいものですな。


まぁ、皇帝になんてなるものではないということですよ。
各々身近にいれば別にそこまでひどい人間ではないのでしょう。
ただ、皇帝という権力と責任とがある状態が、全てを狂わせたと。

なので、私は皇帝にはならんとこうと思います。
いやー、しかたない。

2008年05月12日 23:25

シンイチロウ。
おまえがこの本に興味を持ったのは、
作者がロストオデッセイの脚本の一部を書いていたからだった。
それほどそのゲームにのめりこむこともなかったが、
だからといってこの作者に全く興味がないわけでもなかった。

疾走 上 (角川文庫)疾走 上 (角川文庫)
(2005/05/25)
重松 清

商品詳細を見る

疾走 下 (角川文庫)疾走 下 (角川文庫)
(2005/05/25)
重松 清

商品詳細を見る

シンイチロウ。
おまえは思う。
人間の暗い部分というものはいつもこうであると。

おまえは思う。
キリスト教は人間の暗い部分とは切って話せないものであると。

おまえは思う。
登場人物の暗い部分を、自分も持っているということを。

おまえは思う。
悲惨な話だった、で終わるものではないということを。
おまえたちは紙一重で、いつでもこのような状態になりうるのだと。


おまえの最近読んでいた本は、
歴史物や新書など、文章にあまりテクニカルな要素を含んでいなかった。
そういう意味で、シンイチロウ、おまえは表現方法に興味を持った。

リズム感は、確かにあった。
同じ時間で読める量は、確かに多かった。

ただ、おまえは違和感を感じていたのだ。

なぜあんなにもせいびょうしゃがなまなましいのかあるいはしゅじんこうもひろいんもははおやがなぜいちばんあくえいきょうをおよぼすにんげんとしてえがかれているのかおまえはそういうてんにいわかんをかんじていたひっしゃがじょせいにたいしてなにかふのかんじょうをいだいているのではないかとおまえはおもうただこのようにほんぶんをまねしてしまうとしゅうしゅうがつかなくなってしまってどうしようもなくなってしまったのでそろそろおわろうとおまえはおもうひらがなだけでかくぶんしょうはほんぶんではかなりぶきみなひょうげんほうほうであったのだがどらくえのぱすわーどみたいになってしまったとおまえはおもう


シンイチロウ。
もう終わりにしよう。

シンイチロウ。
おまえは思う。
疾走と失踪がかかっているのだと。

おまえは思う。
生半可に文体を真似するとけがをすると。

2007年12月26日 22:35

意図的な偽装なのかどうかわかりませんが、
アローズもあったみたいですね。
カシミアといいながら、全く入ってなかったとか。
大丈夫なのですかねー。


さて、今朝。
本を忘れました。
せっかく最近高槻にこもっているので、読む時間たくさんあったのに。
読書のできない通勤なんて、意味がないですよ。
このド畜生がっっ

とりみだしました。

悔しかったので、帰宅後に読みました。
欲がたまるという意味では、本を忘れるのもたまにはええのかもしれません。

レパントの海戦 (新潮文庫)レパントの海戦 (新潮文庫)
(1991/06)
塩野 七生

商品詳細を見る

キリスト教対イスラム教三部作の三作目。
感想は大きくわけて三点。

①簡潔、に対する見方
世界史の教科書では、このレパントの海戦は、
オスマントルコの支配が揺らいで、西ヨーロッパ諸国が強くなる、
というような書き方だけでした。
やし、かなり劇的なものであるようなものかと。

確かに、劇的ではあるのですが、
それで全てが一変するわけではないのですよね。
ちょっと考えると当たり前なのですが。

ただ、簡潔に書くと、そういうところが伝わらないことがあるような。
簡潔てのは、多かれ少なかれそぎ落としますからねぇ。
圧縮した音楽てのは、いくらうまくやっても、情報としては減っているわけで。

最近は簡潔さのみを追及していますが、
書く側はよりそぎ落とさないような、
読む側はそぎ落としているということを実感しながら、
対していかんとあかんなーと改めて思いました。


②政治とか戦争とか
基本的に歴史小説てのは、劇的なところに焦点を合わせています。
司馬っちとかでもそうですね。
むしろ、一番大事なところを書いて、その前後を省略するとかも多いです。
それでええし、それがいいのですが。

ただ、こういう風に政治的なものも含めて、全てを書くのもまた面白いです。
海戦自体は終わり、主人公も死に、となると、
話としてはもうエピソード的なものだけでもいいように思うのですが。

その後のことが、また詳しく書かれるてのは、かなり新鮮です。

実際、その前後があってはじめて、その海戦の意味が見えてきますし、
連続的なものであることがわかってくるような気がします。

いつもそうである必要もないと思うのですが、
こういうスタイルは歴史の面白さという点ではかなりよかったですねー。


③脳みそ
長くなってますな。もう終わりましょう。

この三部作を読んでいて思ったのは、
脳みそは使う人はいつの世も使っていると。

今と昔で、どちらがより多くを知っているのか、という話です。
確かに、科学の発展で知識てのは増えているのかもしれませんが。

でも、脳みそのスペック自体はそれほど変わっていないので、
昔の人は、その分何かにまわしているはずなのですよね。


とりあえず、かけひきやその当時の最高峰の技術とか、
そういうものを使えるということが、すごいと思いました。

果たして我々は、ちゃんと脳みそ使えているのでしょうかね。
いろいろ自分のかわりにしてくれているものは増えていますが、
その分できた余裕をちゃんと他で使えているのでしょうか。
ちょっと省みてみないといけませんな。



最近、おちがなくても何も感じなくなりました。
コメントがなくても何も感じなくなりました(嘘)。

よくないですね。来年は少しは改善します。たぶん。
読んでくれた方、ありがとうございました。

2007年12月25日 22:24

最近、高槻にいくことが多いです。
あまり、実りはありません。
ただ、個人的には以前はおどおどしてできんかったことが、
ちらほらと自然にできるようになってきたような。
とりあえず、牛歩でもよいので、前に進むようにしたいものです。
今年も終わりですな。


さて、クリスマスですが。
今年も東方の三博士のコスプレ&ソロをしてきました。
人前で歌うのは、苦手です。
例年とは異なり、クラシックコンサートとかにも行きました。
イルビゾンテの財布とか、Aロペのトートとかを手に入れました。
Aロペではシャツまで手に入れてしまいました。


そんな中、ちょっと時間があったので、本屋で絵本とかを読んでみました。

うさぎのマシュマロ (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)うさぎのマシュマロ (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)
(2002/11)
クレア・ターレー ニューベリー

商品詳細を見る


かわいすぎる、ということです。
一度でもうさぎを飼ったことのある人なら、
ものすごく実感できることばかり書いてあります。

もう、めろめろですよ。
うさぎって、いいですよねー。


そういうわけで、私の家のうさぎさんにもコスプレをさせてみました。
まだクリスマス、少し残っていますよ。
よいクリスマスを。

Image143.jpg

Image145.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。