FC2ブログ

2007年09月18日 23:05

一日二件てのも久々ですが、愚痴は一日で終わらせたいので。
というわけで、愚痴です。
なので、たいした内容ではありません。いつもか。


今日は時間ができたので、読書を。
土曜の耳鼻科と今日で、結構読んでしまいました。


qb_11743_8dr2fia4_t.jpg

qb_11742_5aa3fdva_t.jpg

『宿敵(上)』
『宿敵(下)』
 遠藤周作


最近流行の、遠藤周作の歴史物。
今回も、だめ切支丹の私としては、大変興味深かったです。

でも、感想はまた明日に書こうかと。
ほめるつもりなので、愚痴と共存させたくないのです。


愚痴を言いたいのは、解説。
泉秀樹という人なのですが。有名な人なのですかね。

遠藤周作の作品を読めばわかると思うのですが、
ほとんどの作品にクリスチャンとしての苦悩があります。
特に、勇気を持てない自分に対する嫌悪や、
それに対して救いがあるのかなど、悶々としたものがあります。

今回やと高山右近や加藤清正に代表されるような
自分(小西行長)とは対極にあるような人物に対しては、
その潔さに対する憧れの気持ちこそあれ、
自分の方が絶対的に正しいというような気持ちはないはずです。


なのにこの解説では、そういう潔い、いわゆる正義というものを
いかがわしいものやとこの本では言っている、と解説しています。
よくわかりません。

しかも、この本をサラリーマン小説として読めばより味わい深いとか、
愉しく読めるエンターテイメント小説とか、
ほんま、何を言っているのか、理解に苦しみます。


確かに、遠藤周作の作品にはユーモア系も多いですし、
単に苦悩しているだけではないと思いますが、
でも、この本はそういうユーモア系ではないと思うのですよ。


そして、何よりも腹がたったのは、
上巻で下巻のネタばらしをしたことです。
もう、とりあえず、がっかりですよ。
下巻の中で大きく取り扱われるところを、
この作品での一番のオリジナルといえる展開を、
いいやがったんですよねぇ。


まさに、「上等な料理にハチミツをぶちまけるがごとき!」行為です。
うがー

2007年06月26日 23:49

販売実習二日目。

エアコンのとりつけはまだでしたが、掃除に伺ってきました。
こんなにも丁寧にものを磨いたのは初めてかもしれません。
磨きました。
今日は一日中磨いてた気がしますねー。

あまりにてんぱった電話応対もしましたし、
なかなか順調といえば順調なのでしょうか。


で、その後は街へ。

結局木曜休みのつれはほぼいないようです。
ならば、私があわせればいいということで。
平日にどんどん飲んでいきましょう。
京都で飲みたいものですね。

今日はmomoさんと少し飲んできました。
むこうもひと段落したということで、最近の様子を伺いに。
結構話してる時間もあっという間でしたが、
それだけ楽しんでたということでしょう。


やはり、仏光寺通りは注目ストリートでした。
ずっとほめてたのは烏丸界隈でしたが、
木屋町仏光寺にもええ店がありました。

logo.jpg

cafe diner mixという店です。
http://www.socket-design.net/mix.html

彼女でない人と行くにしては多少雰囲気がよすぎた気もしますが、
居心地は普通によかったです。
高瀬川に面しているので、今日は濁流が流れていましたが、
夏場、かなり涼しげでええのではないでしょうか。

みなさま是非ご利用くださいませ。
ちなみに、ベネフィット駅が使える数少ないお店の一つで、
提示すると2割引きになります。

そして、私のグーグルマップにもまた加えられました。


やっぱ京都がええですよ。
みなさんぜひお越しくださいませ。

変人ズフォーザベター

2006年06月25日 15:46

教会での昼休み、いすに座りぼけーっとしていました。
両足をそろえて、まっすぐ伸ばしているような感じで。

すると、子供が足にしがみついてきました。

「このすべりだいで遊ぼっ」

すべりだい?私の足はすべりだいやそうです。
そして、すべりだいでした。
普通にのぼってきて、すべっていました。

思ったよりも私はでかいようです。


さて今、科学史とそれに伴う自然観の変化について書かれた本を読んでいます。

美術史、科学史、思想史、宗教史などなど、歴史は面白いです。
コンテクストがあってはじめて何かは意味をもつように思いますし。

そういう意味で、友人の日記を読むことは面白いのかもしれません。
それがその人を形成する文脈となっていることに、興味をもちます。
結論だけでは面白くないので、そこにいたるプロセスを知りたいものです。

ただ、それはおそらく私が思っているだけで、
文脈をつくろうと思うとこのブログみたいにやたら長くなってしまうのです。


アリストテレスやユークリッドなどからニュートンへ、
ニュートンからアインシュタインやシュレディンガーへ。

科学は何度かパラダイムシフトを起こしています。

ただ、実際はある日突然発見して変わると言うものではありません。
きっかけはあるでしょうが、実際は地道なデータの積み重ねがあって、
はじめてシフトするに値する結論となるのです。

そのデータを集めているときのモチベーションは何なのでしょう。

一つには、
現状の理論では説明できないことがあるので、それを説明したい、
というのがあるようです。

それは、現状の自然の理解をいきなり転換するのではなくて、
はじめは漸進的な試みからはじまるのですよ。
それで、どうしても大きく変えないといけなくなって、
はじめて理論に大きな転換があるのです。


自分の意見というものを持つ時もそれは大事かと思います。
いきなり思いついた考えも、それは従来のものと比べてどう違うか、
何が従来のものであかんのか、大きく転換する根拠は何か、など、
そういう比較と漸進が必要なのかななどと思います。

漸進と言う行為には、対話が必要なのやと思います。
自分の考えの他との違いを知ったり、自分では思いつかないものを思いついたり、
議論ていうのは、そういう意味で非常に重要に思います。


偉大な科学者たちは、一人では存在していたわけではありません。
デカルトとニュートンとか、アインシュタインとボーアとか、
どの世代にもライバルなり論客はいるのですよ。

ただ、それらの人々のモチベーションは、よりよい自然の理解、
何かわからないものに対する説明、という点で共通しています。

天才は変人と紙一重かと思いますが、それらの人々がよりよいものを求める時、
また面白いことがでてくるのでしょうかね。


私も多少変わっています。えらくぶ厚い紙ですが。
いろいろな人と話をして、漸進していけるとよいなと、心から思います。

エスニックグループ

2006年06月15日 13:23

本日はめーちさんの誕生日です。お祝いください。
あとは、TょむとHまぐちさんも。

そのめーちさんには嫌な話題なのかもしれませんが。

3医師に有罪判決、慈恵医大青戸病院事件 東京地裁
産婦人科はわりにあわんと言って激減しているとか、
どうにも最近モラルの低下が激しい気がします。
マスコミに踊らされているのかもしれませんが。

でも、この事件はひどいかと思います。
そういう中で結構裁判官がばっさり言ってるのはありでしょう。

検察側の、状況報告です。

午前9時41分ごろ 手術開始。手技マニュアルを読みながら、手術室に立ち会わせた医療器具会社員に器具の使い方を「こうだよね」と確認しつつ進める

正午ごろ 斑目被告が器具で静脈を傷つけ出血

午後4時すぎ 長谷川被告が止血しようとしたが静脈を針で傷つけ、針が組織内に入ったまま出てこなくなる

午後7時50分ごろ 前田被告が「はーい、生まれました。男の子でーす」といいながら前立腺を取り出す

午後8時50分ごろ 巡回してきた麻酔科医が「こんなオペして。ヘボ医者。できない手術をいつまでもやるんじゃない。さっさと術式変えて終わらせなさい」と怒鳴る

午後9時すぎごろ 開腹手術に切り替える

午後10時35分ごろ 手術終了

午後11時17分ごろ 心停止に近い状態に。低酸素脳症で脳死状態になり、意識が回復しないまま1カ月後に死亡


これがほんまならひどいですし、ただの殺人でしょ。

社会的制裁ということで、実名でもだしておきましょうか。

主治医・長谷川太郎被告(37)
執刀医・斑目旬被告(40)
助手・前田重孝被告(35)




さて、また変わった本を読んでいます。
宗教世界地図 最新版 宗教世界地図 最新版
立山 良司 (2004/04)
新潮社

この商品の詳細を見る

どこそこの宗教はこれや、とかそれはこんなすばらしさがあるとか、
そんなのではありません。

政治という視点から見て、宗教がひどく影響している地域の話。
何かの雑誌に連載されていた形式なので、短く簡潔です。

これ、かなり面白いですよ。
司馬っちや立花隆みたいに人間のあるべきかたちみたいなことを述べているのではないです。
簡潔に、主観をできるだけ少なくしようとしています。
でも、なぜか、同じように人間について考えさせられます。

また全部読み終えたら感想を書こうと思いますが、
今日はアルメニア人について書いてあったところから思った事を少し。
既に少しでもないですが。

アルメニア人てのは、コーカサスのユダヤ人と呼ばれるような存在なのだそうです。
アルメニアはイスラエルと似ていて、
ロシアやソ連、アラブ諸国の間で何度も奪い奪われた土地です。
ちなみにノアが洪水後降り立ったというアララト山はこの辺にあります。
まぁそういうわけで、アルメニア民族は世界に離散してしまっているそうです。

これを民族として支えているのが、アルメニアのキリスト教。
どうやら正統派とは多少違うようですが、ここは世界初のキリスト教国だそうです。

民族、という概念は日本ではなかなか身につきません。

【民族】
「われわれ…人」という帰属意識を共有する集団。従来、共通の出自・言語・宗教・生活様式・居住地などをもつ集団とされることが多かった。民族は政治的・歴史的に形成され、状況によりその範囲や捉え方などが変化する。国民の範囲と一致しないことが多く、複数の民族が共存する国家が多い。


ということです。
特に、宗教と共有してきた歴史が大きいのですかね。
住んでいる土地ではなかなか民族意識は生まれなさそうです。

この説明によると、「私は○○人や」と思う事が全てなようです。
アイデンティティをもつことが、○○民族であることの全てです。

これ、なかなか理解しにくいですよ。
自分は関西人やで、とか島根だけん、みたいなのの強烈版でしょうか。
でも、それで殺しあったりはしないでしょう。


ただ、民族では、共通のほにゃららというものが大事なようです。
価値観とかは結構共有しているように思いますね。
宗教とかがあると簡単かと思いますが、
モラル的なものは一般に民族単位で得ているように思います。

日本人は、変わっています。
宗教的なものは非常に希薄です。
ありますがね。どこにでも神様はいる感じ。
でも、むこうの神様と違い、
絶対的でなく、むこうの言葉やと精霊とか妖精とかに近いかも。

そういう民族がどのようにしてモラルを得るかというと、なかなか難しいですね。
でも、それなのに、強烈にモラルがあったわけです。
清貧なんて言葉、日本人のためにあるぐらい清らかで貧しかったわけです。

最近ちょっと壊れてきましたか?

冒頭のいい加減な殺人とか、理由なく小学生を殺したりとか、
むしろ怨恨での殺人やとほっとしてまうような世の中は少しおかしく思います。

このままでは、日本人は民族的な意味をもたず、
ただ単に日本に住んでいる人でしかなくなりそうに思います。
なんともなさけない話に感じますが、どうでしょうか。

赤に縁

2005年11月14日 16:27

私は結構原付に乗っているときに、ウォークマンを聞いています。
危険ですかね。やはり。
まぁ、実際はあんまり聞こえず、防寒としての役目もあるのですが。


さて、今朝。
原付で桂に来ました。

久世橋通りは結構車の量も多く、スピードもでています。
なのでかは知りませんが、よくパトカーが。

今日も一台いました。

そして、私が隣を通った瞬間、けたたましいサイレンの音。

そして走り去るパトカー。

…やってしまったかと思いました。
サイレンがなった瞬間、心臓が止まりました。
この赤は嫌です。


そして、学校。

今日は健康診断でした。

有機の溶剤を使っている人の健康診断で、血液検査でした。
小さな試験管のようなものに3本、血をとられました。
まぁ普通なら、問題ない量です。普通なら。

「血が止まるまで5分ぐらい休んで行って下さいね」

ということで、休んでいました。ぼーっと音楽を聴いていました。

すると、斜め前に座っていた男性が、椅子からずり落ちていきました。
まぁ、寝てて、そういうこともありますかね。疲れているのかな。

「ぅきょぇぇぇ~~!?」

う、ぅきょぇぇぇ~~?

よくみると、痙攣していました。倒れた後もびくびくしていました。

医者や血をとっている人たちはとくに狼狽する様子もなかったので、
結構よくあることなのかもしれません。

ただ、私は一人で健康診断に行っていたので、
顔を見合わせることもできず、なんやろかともいえず、
無表情を貫き通しました。まぁ、凝視していましたが。


その倒れた人を帰りに見ると、安らかな顔で寝ていました。
「これで少しは休める」
そんな顔でした。


今日は朝から赤に縁がありました。
次はなんでしょうかね。

そういや昨日もらった選抜Tシャツセットも、黒と赤やったな。
スタンダールは赤と黒やったかな。
サルーインの紋章は赤地に黒い心臓やったかな。

今年は赤に挑戦するというのは必然なのですかね。

まぁ、なにより私がだめなのです。
あかん、というわけです。

決意めいたこと

2005年11月07日 21:56

見てる人はいないと思いますが、カテゴリーを始めて追加しました。
「長続きしない」決意。
ブログで公開するという、準オフィシャルな行為により、自分を縛しようと思いまして。

最近、いくつか決意していることがあります。

オンリーワンという言葉に惑わされない
別に某Sマップに影響されているわけでもないですが。
「あなたはあなただからよい」という言葉は、完全な肯定で、
アイデンティティを失っている私にとっては非常に心地よいです。
が、オンリーワンは、あたりまえですからね。
同じものが二つないのは当然。
やし、どうせなら磨こうかなと。
向上心のないオンリーワンは、あまり魅力を感じません。
神様は私達を平等に扱ってくれそうですが、
有限である我々は、時間の関係上、選択を余儀なくされるわけで。
そのときに選択されるような人になりたいなと。
クリスチャン失格ですかね。

赤色に挑戦する
私は色使いには結構がんばっているつもりなのですが。
赤は苦手です。情熱とか、あんまりないですし。
もっぱら茶や紺色ばかり。あとは黒とかです。
今年はがんばって赤を多用しようかなと。
赤色のウォークマンも買いましたし、APCの赤いマフラーも買いました。
がんばってみようかと思います。

前を向いて歩く
私は猫背です。
そして、首がいつも下を向いている。
腰痛対策と、気分を前向きにするために、できるだけ前をむいて歩こうかと。
前をむいて歩くのはあたりまえなのですがね。
最近下ばかりむいている。
今日来るときに、少し意識してみたのですが、
四条通がまっすぐであることすら気づいてなかったですし。
あとはやはり、TMP→RPと真空引きするときに、配管がいがんでいると引きがわるいのと同じで、
首が曲がっているから声が小さいのかもしれません。


とりあえず、ちょっと今よりもワンランクあがるために努力していこうかなと。
現状に満足しているつもりはなかったのですが、
よく考えると向上心が減衰していました。
バスケもがんばらねば。筋トレもしなくては。
実験もしなくては。就活もしなくては。

やるぞやるぞやるぞ。

ふぅ。疲れた。帰ろう。

ミクシィ

2005年09月21日 20:07

FOOD FORCEというゲームがあるそうです。
なんやら、国連がつくったとかなんとかで、
難民を発見し、食料を届けるゲームだそうです。
武装勢力はでてくるが、暴力シーンとかはないそうです。


ちょっとやってみましたが、地味です。
まぁトゥームレイダー的な女性など、微妙にパクリ要素が見え隠れしますが。

出場キャラクターが白人、黒人、黄色人、というのは偶然なのでしょうか。
まぁ、試みとしては面白いですが、たぶんそこまではやらないでしょう。
国連もいろいろやっているのですね。


さて、もうこっそり見ることもできなくなったので。
最近mixiに登録されました。

どうブログと違うのでしょうかね。
少しHP感がでてきてるとかでしょうか。メールとか。
ブログが全世界に常に公開されているのとは違い、
実世界と遮断された、ほんまにバーチャルな世界という感じはします。
ただ、はやりすぎると意味がなくなるのではないですかね。

で、いろいろうろうろしてみたのですが、何人か見つけました。
なんか、コメントされてる率が非常に高いですね。
ブログとかよりも密なネットワークなのでしょうか。
うらやましいです。

マイミクシィに登録されると、その人の更新状況などがわかるようです。
それはちょっと便利かもしれませんね。


で、どうでもええことなのかもしれませんが、
「mixi」の意味について考えたことを。

きっと、語源はmixですよね。
共通の趣味などを持っている人を混ぜ合わせるとかでしょうか。
ひとりひとりがばらばらやけど、ここでは混ざり合うということでしょうか。

で、それがなんやら活用されて、mixiになったと。
mixyの方が自然な気もしますが、そうではない理由を考えてみると、
「i×i」なのではないかと。

私と私をつなぐというようなイメージなのですかね。
昔々の新党友愛(you & I)や、
最近のジュース903(クエン酸)とかと同様に。
言葉に二つの意味をもたせるとか、韻をふむとか、大好きです。


そんなことを思いました。


そういうわけで、みなさま、マイミクシィに登録してください。
気が向けば紹介文も書いてください。

選挙カー

2005年09月02日 23:16

最近人間の体に関する常識がどんどん変わっています。
脳細胞は死んでいくだけ、というのはもはや古い話ですし。

がらくたDNAと呼ばれていたものの大部分が意味があったそうです。

そらそうなんちゃうの、というのが率直な感想ですね。
何を持ってがらくたと決めつけていたのか…。
あっさり決めつけてしまうというのは理系にあるまじきことですよねぇ。


さて、昨日の夜、1時ぐらいです。
採点せなあかんわとだらだらしていました。
横では党首討論が。

まぁ見ておいて損はないやろうと思ったのですが。
損しました。
まぁ実際はそんなことはないと思いますが。

いろいろ言いたいことはありますが、きわめて表面的なことを。
批判する方がおもしろいので、批判とかしてみます。

・J民党K氏 
 あれだけ国民にYes/Noを迫っておいて、自分は決して断言しない。すごいですね。

・M主党O氏 
 真面目でええのかもしれませんが、批判とか直球すぎで芸がないような。

・K明党K氏
 巧妙党とでも言い換えますか。一番上手くやっているような気がします。

・K産党S氏 
 顔がもう少しよければ。発言は理想論。そら実現すればすばらしい世界でしょう。

・S民党H氏 
 たどたどしい。あまり深みがないのでしょうか。

・K新党W氏 
 古くさい。郵政事情が争点でなくなるとアイデンティティすらなくなるのでは。

・S日本T氏
 どうも、嘘くさい。いや、嘘じゃないんでしょうけど。ニッポーン!とか。


与党と野党の違いなのかもしれませんが、
「○×でおこたえ下さい」との質問に、
一人だけだらだらしゃべって、一人だけ挙げなかったのは、
非常に醜かったです。某自M党のK泉氏です。

あそこは総裁と幹事長の発言にやたら食い違いがありますね。
どちらが真実なのでしょう。
あ、政治に真実を求めることはナンセンスでしたか。

政治家は、
どれだけ悪いことをしないか、ではなく、
どれだけいいことをするか、で選ぶべきですね、きっと。
どうせ悪いことはするのですから、+-を見ていかなくては。


選挙、行きましょうね。

郵政事情

2005年08月08日 16:46

郵政民営化法案が否決されたそうです。
http://www.asahi.com/politics/update/0808/004.html
まぁ今回のが可決されたりしてたらそれこそ意味のわからんことになりかねなかったと思うので、ええのではないでしょうか。最近は全く内容に触れず、「解散したくないか小泉さんが嫌いか」というような図式になっていましたし。これで可決されてたら、解散をちらつかせたらどんな法案でも通りかねなくなってましたしね。しかも国鉄がJRになって、そのつけを払うためにあんな事故を起こした直後に郵便も民営化というのはタイミングが悪すぎます。

民営化自体はどうなんでしょう。今回はほとんど議論されてない気がしました。はじめに民営化ありき、といった感じで。小泉さんも「民間にできることは民間に」としか言ってなかったし。国民はもう少し賢いでしょ。民営化したら田舎が困るというのは確かにありそうな感じですね。で、民営化しなかったら困るのは…なんでしょう。郵貯のところなんかな。やはりあれだけの金を預かっておいて、それがずさんな使いかたしてるのは大問題なんですかね。でも、そのずさんさはほとんどピックアップされてないし。この辺を明らかにしなくて、どうやって納得しろというのかという感じです。

まぁ最後らへんのぐだった状況は政治とよべるようなものではないでしょう。説得も人情に訴えるとか、ほとんど政治的なかけひきなかったですしね。反対派も首相の暴走を止める砦、という印象は全くなかったですし。自分の利益に固執してるようにしか思えない。

しかし、やっかいな時期に解散ですね。6か国協議でようやく2か国協議までもっていきはじめた矢先に。常任理事国入りでもめてるこのときに(こっちはどこの国もどうしようもなく醜いですが)。なんか、あほらしくなってきますねぇ。


やはり小泉さんの失敗はこの人を参謀にしたことなのでは
closeup_50a.jpg

この人は結構無能でしたねぇ。頭はいいのかもしれんけど、徳がないというか。その部分をカリスマ(だった)小泉さんと補いあってやっていけたらよかったのかもしれませんが。小泉さんが頑固すぎて、変すぎるんですよね。で、参謀は説明能力が皆無やったし。どうしようもないのですか。むしろ今までよくもったと。

自民党内で自分の意思で選択できるようになったぐらいですか、よかったことは。

あほやなと思ったついでに。
http://www.asahi.com/politics/update/0806/004.html
缶ビールとチーズを片手に首相を説得だそうですよ。うらやましい。ええ仕事ですね。そもそもあれだけあほやというのがばれてる森さんがいまだにこんなに偉いポジションにいて、さらにそんな党が第一党だそうです。
ニホンテオモシロイクニデスネ。


でも、選挙はいきましょう。といっても、誰もいかへんのやろなぁ。

同時テロ

2005年07月08日 09:09

ふーむ。またテロですか。
何も安心してできることがなくなってしまった、
ていう点ではテロて大成功ですね。

しかし、善と悪を完全にわけて考えられる人たちの脳みそてどうなってるんやろ。わかりませんね。そして絶対に自分は善の側にいると思えているわけやし。そう考えるとわかりやすいしかいな。シンプルでモチベーションをもっていきやすいし、こんな短絡的な行動に出るんですかね。善である自分がすることはすべて正義の行動で、それに反抗する人の行動はすべて悪である、てことですか。うひょう、わかりやすい。そら猪突猛進にもなりますね。
よく日本人型の思考法はだめだとか言ってますが、それはあくまでビジネスとかの話で、人間の生活としてはええ考え方やと思いますけどね。どうなんでしょうか。そもそも絶対的な正義とかいう概念が入ってきたのが明治になってかららしいし、正義のために行動するていうのは本質的に苦手なんちゃいますかね、日本人は。
善と悪を完全にわけるのがニュートンの古典力学で、分けずに考えるのが量子力学て喩えると少しわかりやすいような。結果として現れた行為に善悪の判断はできるかもしれんが、それが起こるまでそれの状態は判断できないと思うのですが。


06.jpg